ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2023/4/10 10:00

284 views

《赤ちゃんとの密着度抜群♡》ストッケの新作抱っこひも リマス ベビーキャリアを詳しくレポート!

ストッケ リマス ベビーキャリアは、ラップ型の抱っこひも。第四子こそだて真っ只中の私が出会ってきた抱っこひもの中で、断然使いやすい♪

今回は「リマス ベビーキャリア」のすごさを5つのポイントにまとめちゃいました。

①肩が全く疲れない 優れた幅広ショルダー

border

肩ひも部分はとても幅が広く設定されており、しかも背中でクロスされるので赤ちゃんの重さが分散されて肩に全く食い込みません。背中からみるとこんな感じ。普通の抱っこひもの肩ひも幅の3倍くらいはあるんじゃないでしょうか。

大きく背中を覆ってくれる、幅広デザインの肩ひも
大きく背中を覆ってくれる、幅広デザインの肩ひも

また、ショルダーの中にはこのようなパッドが入っています。ふわふわでかなりクッション性が高いです。

ふんわりクッションも入っており、食い込みも気になりません
ふんわりクッションも入っており、食い込みも気になりません

そのため、とにかく肩への負担が少ないです。抱っこひもを使っていて、肩が痛くなるのはもうしょうがないことだと思っていましたが、まさかこんなに肩への負担が少ない抱っこひもがあるとは驚きました。

②赤ちゃんを包みこむ 大きなヒップサポート

border

抱っこひもの上に赤ちゃんを置いてみると、赤ちゃんの身体が全て包み込めるほど、シートが大きく作られています。まさにラップ型抱っこ紐という感じ。

赤ちゃんごと包み込む、大きなシート
赤ちゃんごと包み込む、大きなシート

今まで使っていた抱っこひもはここまでお腹まわりが大きくなく、赤ちゃんの身体を腰と肩で支える感覚が大きくて、赤ちゃんの身体とママの身体に隙間が空きやすかった気がして、腰と肩に疲労が蓄積していました。

ですがこのストッケラップ型抱っこひもは、言うなれば腰や肩などの部分部分ではなく、「抱っこひも全体で赤ちゃんを包み込んで支える」という感覚です。だから特定のどこかが疲れるということがありません。

見てください。赤ちゃんの体をまるごと包み込んでくれるほど大きなお腹周り!
見てください。赤ちゃんの体をまるごと包み込んでくれるほど大きなお腹周り!

また、赤ちゃんの足がおしりより上に来ているので、ちょうど心地よいM字開脚に自然となるようになっています。

③首すわり前の新生児期からでも使える

border

私がもともと持っている抱っこひもは、赤ちゃんの首がすわっていない場合はそれ専用のクッションを中に敷いて使わないといけないタイプのもの。これがなかなか面倒でした。

ストッケのリマスは、赤ちゃんのちょうど首部分に、調節用のひもとコードストッパーがついています。

きゅーっとひもを引っ張るだけで、首周りが自然に安定します
きゅーっとひもを引っ張るだけで、首周りが自然に安定します

そのひもを、巾着を締めるときのように、左右にぎゅーと引っ張るとその部分が固定されて、赤ちゃんの頭を安定させてくれます。首すわり前でも、専用のクッションや面倒な調節が必要ありません。コツも要らず、とっても簡単にちょうど良い締まり具合で安定させることができます。

④ヘッドサポートのつけやすさ抜群

border

赤ちゃんが寝た時に使用するヘッドサポートはどの抱っこひもにもたいていついているものですが、リマスはこのヘッドサポートの着脱が紐ということにとても驚きました!

普通はスナップボタンで着脱するものが多いと思いますし、ボタンの方が楽なような気がしていましたが、実は紐の方がとってもつけやすかった!

着脱がスナップボタンの場合、凸側と凹側を見えない状態で合わせてとめるのに毎回苦労していました。うまくとめられず、結局パパに頼んだりすることも度々。それがなんと、紐だととっても簡単に取り付けできました。

自分から見える位置にループがあるのもつけやすさの特徴かもしれません。

ヘッドサポートの先についている紐を肩のループにクルクルっと通すだけで、あっという間にヘッドサポート取り付け完了です。

ループに紐を通します
ループに紐を通します
クルクルっと巻きつけるように通すだけ!
クルクルっと巻きつけるように通すだけ!

ヘッドサポートを両側結んでしまうと赤ちゃんの様子が見えないため、片側は開けておくことをメーカーは推奨しているそうです。

⑤なんといっても 赤ちゃんとママの体とのフィット感が最高♡

border

抱っこをしているというより、赤ちゃんがまるで自分の身体の一部になったかのような一体感

これなら赤ちゃんもまるでお腹の中にいるような感覚でいられるんじゃないかなぁ、私もこんな抱っこひもで抱っこされたら安心して寝れるだろうなぁと、ついつい赤ちゃんの気持ちに共感しちゃいました。

居心地良さそうなお顔♡
居心地良さそうなお顔♡

抱っこした瞬間からほやほやして眠そうにし始めました。ぴったりとママに密着してるので安心感があるんでしょうね。

赤ちゃんと地球に優しい オーガニックコットン使用

border

今やほとんどの抱っこひもは、ウエストや肩にバックルがついているタイプ。私が以前使っていたものも同じで、素材もスポーティなリュックのようにガサガサっとしたメッシュ素材だったので、赤ちゃんのほっぺにあたる部分には当て布をはめて使用していました。

ストッケのリマス ベビーキャリアには、触り心地の良いオーガニックコットンが使用されており、赤ちゃんの肌にも刺激が少なく、安心して使えます。

そして何より柔らかいコットン素材は、日々変化する赤ちゃんの成長に合わせて素材が馴染むので、常に快適でママと赤ちゃんが密着した状態を保てるのです。通気性もよく、一年を通して自然に快適さを保てそうです。

リマス ベビーキャリアは15キロまで使用可能。首がしっかりすわったらおんぶもできます♪
リマス ベビーキャリアは15キロまで使用可能。首がしっかりすわったらおんぶもできます♪

まさに赤ちゃんを纏うという言葉がぴったりのストッケ リマス ベビーキャリア。みなさんもぜひ、ママと赤ちゃんの心地よい密着度をストッケのベビーキャリアで体験してみてください♪

この記事を書いた人

  • 仲山亜希菜
  • 仲山亜希菜
    世田谷区在住、4人きょうだい(長女・長男・次女・三女)ママ。アパレルメーカー勤務。2022年秋に三女を出産したばかりで、現在産休中

紹介商品 Products