ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2020/11/22 12:00

337 views

《8年間ずーっと愛用中♡》3人兄弟ママが語る、お兄ちゃんの時から使っているロングユースのベビービョルン3アイテム!

我が家の長男は8歳、次男は6歳。

今年のはじめに三男を出産したときには「長男や次男のときにはなかった便利アイテムがたくさん出ている〜」、「あれもこれも新しいものが欲しい〜」と大興奮していたのですが、ふと気がつくと「これもこれも、長男のときからずっと愛用しているなぁ」、「しかもほとんどベビービョルンだわ…」ということに。

今回は、長男、次男、三男の三人連続で愛用中の、ベビービョルンの3アイテムをご紹介します。

今月で10ヶ月になる三男。お兄ちゃんのときから愛用しているビョルンアイテムに囲まれて育っています♪
今月で10ヶ月になる三男。お兄ちゃんのときから愛用しているビョルンアイテムに囲まれて育っています♪

新生児抱っこは、ビョルンでデビュー♡

border

長男出産時は、育児用品についてなにも知らなかったわたし。周りに詳しい友人や知人もおらず、小さな赤ちゃんも抱っこしたことがなかったので「新生児に使える安心な抱っこひもを…」とショップ店員さんに紹介してもらって初めて使ってみたのが、ベビービョルンmini。当時はオリジナルというネーミングで、新生児期〜10キロ位までを安心・安全に使えるモデルでした。

このオリジナルのおかげで、ほやほやふにゃふにゃの新生児を扱うのに不安な気持ちもなく抱っこひもデビュー。なにより、そのときはじめて抱っこひもをというものを使ったわたしと旦那にとって、一瞬でわかる明快なデザインだったということ。ぴたっと密着しながらもストレスない自然な体勢の抱っこが、親子ともにとっても楽で、それからわたしは一気にビョルンの大ファンに♡

むちむちだった長男。前向き抱っこでいろいろなところへお散歩しました
むちむちだった長男。前向き抱っこでいろいろなところへお散歩しました
パパの抱っこで寝てしまうことも(新米パパママだったので、前抱っこの仕方が間違っています!)
パパの抱っこで寝てしまうことも(新米パパママだったので、前抱っこの仕方が間違っています!)

ただ、おんぶができないモデルだったのと、体重が増えてきて肩ベルトだけの抱っこがしんどくなってきたので、1歳前後でボバAirに切り替え。この頃にはもう抱っこひも半分、ベビーカー半分くらいの比重だったので「持ち運びが軽く」「でもしっかり安定抱っこ」「シンプルな機能性」でボバAirも大のお気に入りに

次男も長男同様、ビョルンのminiで抱っこひもデビューをして、1歳前後にはボバAirに乗り換え。ボバは多機能化して変形や立体裁断などの抱っこひもが増えるなか、シンプルなデザインでパパママともにお気に入りでした。

2020年生まれの三男は、進化した新シリーズmoveで♪

今年、三男が生まれてまたminiを買おうかなぁと思っていたところにリリースされたのがmove(ムーブ)というシリーズ。抱っこに特化したモデルで、肩だけだったminiではなく、腰へのサポートが抜群! 使い勝手はminiと同じということで、三男はまずはムーブからデビューしました。

miniと使い勝手が似ていて、より腰と肩へのサポートがくわわったmove
miniと使い勝手が似ていて、より腰と肩へのサポートがくわわったmove
肩・腰のサポーターで、負担の少なさに感動!
肩・腰のサポーターで、負担の少なさに感動!

そして最近ゲットしたのが、ワンカイエアー! そろそろおんぶもしたいというのと、大好きなビョルンだから、この際全シリーズ使わないと気が済まなくなってきたので、三男にしてほぼすべてのビョルンの抱っこひもを購入したことに。

またビョルンだ♡という表情(?)の三男
またビョルンだ♡という表情(?)の三男

慣れているムーブとは装着の仕方がかなり異なるのですが、抱き心地はさすがのビョルン。誰にでもすぐに使いこなせるデザインに、独自のバックルはスッとスライドするだけでしっかりハマって気持ちがいい! 強いて言えば、背中全体で荷重を分散するデザインのムーブに対して、ワンカイエアーは腰支えが強い印象でした。

ワンカイエアー装着の後ろ姿はこんな感じ
ワンカイエアー装着の後ろ姿はこんな感じ

ちなみに、ここ数年のビョルンはカラーバリエーションもとてもセンスが良くて、ワンカイエアーはアンスラサイトという北欧テイストの濃いめのグレーをチョイス。光沢のある炭のようなカラーで、これがあらゆるファッションに映える絶妙さ。ただのブラックやグレーじゃないところが、めちゃくちゃお気に入りです♡

普段は使い慣れているムーブ、おんぶが必要な時はワンカイエアーと、実に贅沢なビョルンの使い分け中です
普段は使い慣れているムーブ、おんぶが必要な時はワンカイエアーと、実に贅沢なビョルンの使い分け中です

ちなみに、ほんのちょっとだけ抱っこのときや、荷物を減らしたい日も…。そんな願いを叶えてくれるのはやっぱりボバAirしかない、とのことで、進化したボバAirもゲット! というわけで、我が家は三兄弟とも、ビョルンとボバAirを愛用することに。2つのアイテムの使い分けは、わたしのなかで鉄板になりました♪

いいものは長く使える、愛される!

border

というわけで、ビョルン教を自負しているわたしなのですが、他にもビョルンで譲れないのが、「バウンサー」と「お食事スタイ」

バウンサーにおいては、「バウンサーに足を向けて眠れません!」ってくらい、こんなに育児を楽にしてくれるアイテムはないと思っています。家事の合間にキッチンで、離乳食開始のおすわりがおぼつかない月齢のとき、後追いがひどかった時期のママのトイレ中、ワンオペお風呂の脱衣所で、寝ぐずりが止まない夕方、踏ん張りがしんどかった便秘のとき……。いつもそこにはバウンサーがあった、といっても過言ではないほど!

ほんと〜〜〜〜にバウンサーには何度も助けられました。なんなら「バウンサーがない子育てって、どうするの?」という感じ。今月で10ヶ月になる三男ももちろん愛用中。朝起きてから夜寝るまで、幾度となくバウンサーにオンされてびょんびょん元気に、ときにはすやすや安心して、順調にバウンサーライフを送っています。

笑顔の日も…
笑顔の日も…
グズグズの日も、泣き疲れてバウンサーでお昼寝
グズグズの日も、泣き疲れてバウンサーでお昼寝

また、離乳食を開始してからいくつか試したお食事スタイも、結局最初に使ったビョルンがヘビーユースに。ライフジャケットのように赤ちゃんの体にぴたりと密着してくれ、食事中のいきなり振り返ったり反り返ったりの予測不能な動きにも対応。大きなポケットでたべこぼしもムラなく拾ってくれて、ビョルンのお食事スタイのおかげて、ストレスのない食事時間が送れています。お食事スタイへも愛が深すぎて、出産した友人には必ず全力でプレゼンして、もれなくお祝いとして贈りつけています。

赤ちゃんの体型を研究し尽くした、ライフジャケットのようなお食事スタイ
赤ちゃんの体型を研究し尽くした、ライフジャケットのようなお食事スタイ
この絶妙なカーブと…
この絶妙なカーブと…
首元はパールのようなデザイン。ほぼ無段階にサイズ調節できてしっかりフィット
首元はパールのようなデザイン。ほぼ無段階にサイズ調節できてしっかりフィット
大きなポケットがキャッチしてくれるので、食べこぼしも怖くない!
大きなポケットがキャッチしてくれるので、食べこぼしも怖くない!

今回三男ではじめて購入したトレイとカトラリーも、ビョルンならではの綿密な研究に基づいてたすばらしすぎるデザインで、毎日使いながら「ああ、ビョルン様! エクセレント!」と感動しているところ。

離乳食開始直前、自分を鼓舞するためにセットでカトラリーを購入!
離乳食開始直前、自分を鼓舞するためにセットでカトラリーを購入!

トレイはなんでも持ち上げて放り投げたいお年頃の子にぴったりのフォルム。また、まだ我が子は自分でフォークやスプーンを使えないのですが、子どもが使っても、ママが使っても、手向きや使い勝手がいいように設計された、フチの角度! どんなご飯でも残さずきれいにすくえるので気持ちがいい♡

なんでも掴んで放り投げたくなるお年頃の息子。子どもの手で持ち上げづらいデザインに
なんでも掴んで放り投げたくなるお年頃の息子。子どもの手で持ち上げづらいデザインに
このフチの角度がポイント。スプーンフォークもコロンと握りやすくってかわいい!
このフチの角度がポイント。スプーンフォークもコロンと握りやすくってかわいい!

離乳食の食器ってなんでもいいといったらそれまでなのですが、やっぱりシリーズで揃えて、使いやすい方が断然、食事を作る&あげるテンションもあがります。これは長男・次男のときにはなかったアイテムなのですがぜひぜひ離乳食用に、お食事スタイと合わせて揃えてほしいです♪

長男のお食事シーンでも、毎日ビョルンのスタイが活躍していました!
長男のお食事シーンでも、毎日ビョルンのスタイが活躍していました!

わたしの子育ては、愛するビョルンとともに…♡

border

長男、次男、三男と、わたしの育児はずっとベビービョルンとともにあったなぁとしみじみ。いつか三男もバウンサーやスタイ、抱っこひもを卒業してしまう日がくるのかと思うとさみしく切なくなります。

ビョルンを好きになって、よかった! 信頼するブランドがひとつあると、それだけで子育てするのにこころ強いサポーターを得た気がして、頑張れるもの。みなさんもそんな、大好きなブランドと巡り会えますように♡ ベビービョルン、とにかくおすすめです!

この記事を書いた人

  • 遠藤るりこ
  • 遠藤るりこ
    代官山スタイル編集長。8歳・5歳・0歳のわんぱく3兄弟のママ。子どもと過ごす、楽しい毎日をたくさんお伝えできればと思います!

紹介商品 Products