ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2023/4/5 13:00

207 views

《GWどこ行く?》都心から1時間 親子でたっぷり楽しめる♡ 1泊2日の“ヒルトン小田原”子連れ旅行レポート!

今年の5月の連休は、どこへお出かけするか決まりましたか?

今回は昨年4月、4人のママ+5人の子どもで「ヒルトン小田原リゾート&スパ」へ行った子連れ旅行をレポートします。今年の春のお出かけの参考になりますように!

アクセス良好×ホテルで遊べる=?

border

子連れ旅行の最大の難関は、なんといっても移動。目的地やホテルに着くまでに疲れてしまっては元も子もないので、移動時間と移動手段を吟味することが大事です。

今回は、みんなの家からちょうどアクセスがよく、子どもたちも「大好きな新幹線に乗れる!」ということで、なんとなく「神奈川の観光地にしようか〜」ということに。

まず、旅先で何をするか考えたのですが、「ママたちはホテルでのんびりしたいよね」、「でも子どもたちが遊べるホテルならいいよね」ということで、プール付きの「ヒルトン小田原リゾート&スパ」に決定!

ちなみに小田原は、東京駅から新幹線で36分と、好アクセス。連休などは小田原駅からホテルへの無料シャトルバスが出ているし、タクシーに乗っても約20分。1、2歳児には、ちょうど良い移動時間です♪

そして、「ヒルトン小田原」は、屋内外10種のプールがあり、なんと1歳の子どもから入れます(水遊び用パンツの着用は必須)。ここなら子どももママも楽しめそう。

ママたちは願わくば、「プールでたくさん遊んで疲れて、夜はコテっと寝てほしい…」、「そして夜はお部屋でゆっくり話しながら飲みた〜い」という思いを秘めて……、いざ出発です♪

事前に確認したい、それぞれの移動手段

ちなみに、今回は1歳児2人、2歳児2人、4歳児1人の子ども5人。事前に、ベビーカーで行くか、抱っこひもにするかをみんなで相談しました。流石にベビーカー4台は新幹線の座席も大変そうなので、2台にすることに。ちなみに2台ともリベルだったので、超省スペース♪ ベビーカーを持ってきてくれるママがいると、ちょっと荷物を預けられたりするので、あって正解でした!

今回は東京駅から東海道新幹線に乗ったのですが、平日でそこまで混雑していなかったので、自由席で。新幹線の座席は、荷物が足元に置きやすいであろう一列目をゲット。休日なら、指定席で予約すると安心です。

子どもたちは基本ママの膝の上ですが、乗車時間が36分なのでママもなんとか頑張れました。短い時間ですが、音の出ないおもちゃ、小分けにしたおやつなどは必須です!

おむつも浮き輪もOK ジャグジー付きプールもあり

border

この日は朝から雨だったのですが、新幹線を降りて小田原の駅で買い出しをしてすぐにタクシーに乗り込んだので問題なし!

電車30分、新幹線36分、タクシー20分。家を出てから2時間以内にホテル着です!
電車30分、新幹線36分、タクシー20分。家を出てから2時間以内にホテル着です!

ドアトゥードアで、ホテルに到着。今回は、小さな子が多いので和洋室がいいね、ということで、ベッドと畳、どちらもあるお部屋を選択しました。畳付きだと、靴を脱いでお着替えしたり遊んだりできるので、小さな子連れ旅行では和洋室、もしくは和室がおすすめです♪

大きなベッドと、広い畳が両方ある和洋室。部屋に着いただけで大騒ぎの子どもたち
大きなベッドと、広い畳が両方ある和洋室。部屋に着いただけで大騒ぎの子どもたち

さて、お部屋で着替えたら、すぐにプールへ。実はホテルのプールだと赤ちゃんが入れないところも多く、おむつNGや浮き輪NGというところも多いなか、ヒルトン小田原はどちらもOK♡

プールはたくさんの種類があり、子どもがぴちゃぴちゃ遊べるゾーン、ママと抱っこで歩いたり泳いだりするゾーン、そして何より、ママたちに嬉しいジャグジーバスも。休憩の椅子もたくさん置かれていて、とってもファミリーフレンドリーなプールでした。

小一時間遊んだら、ホテルの散策へ。そして夕飯は、「本当はホテルの美味しいディナーが食べたかった」という気持ちをグッと堪えて、お部屋で。

小田原駅で子ども用に買ってきたお惣菜やおにぎりのほか、ママたちはルームサービスを注文して、みんなでワイワイ楽しい夕飯になりました。

小田原といったらカマボコ! 駅で調達してきた小田原名物を囲んでお部屋で夕飯です
小田原といったらカマボコ! 駅で調達してきた小田原名物を囲んでお部屋で夕飯です
コテっという感じにはいかなかったですが、子どもたちが寝たのでママもひと安心
コテっという感じにはいかなかったですが、子どもたちが寝たのでママもひと安心

朝食は、ホテルバイキングで♪

でも、「やっぱりホテルに泊まったんだから美味しいご飯も食べたい!」ということで、朝はホテルのバイキングに。子どもの椅子やカトラリーも全てしっかり用意をしてくれて、万全の体制!

ママたちは交替でご飯を取りに行ったり、子どもを見ていたりして、総勢9人の楽しい朝食になりました。

ホテル散策と小田原観光して、サクッと帰宅

border

二日目は、チェックアウト後にまたホテルの散策を。ヒルトン小田原はお庭がとっても素晴らしく、小さな子なら「ここで半日くらいは楽しめるのでは」という感じ。広〜い芝生に、動物オブジェなどが置いてあったり、小さな池もあったりして、ポカポカ陽気の中で探検を楽しみました。また、ちょうどこの日は4月の末だったので、タイミングよく鯉のぼりの掲揚も見られて大満足♪ きっと、5月の連休には大きな鯉たちがこのお庭を泳いでいるのを見られるんですね。

二日目は快晴。新緑の季節、ホテルの庭が素晴らしかった!
二日目は快晴。新緑の季節、ホテルの庭が素晴らしかった!

ホテルを出て、小田原城へ向かうことに。何はなくともみんなで遊べば楽しい年齢の子どもたちなので、大きなアクティビティを用意せずともよかった! たまたま遭遇したレトロな乗り物ゾーン(1回なんと30円)に大はしゃぎの子ども達でした。

特に予定を決めずとも、小田原散歩を楽しめました
特に予定を決めずとも、小田原散歩を楽しめました

帰りも余裕を持って、子どもたちが疲れ切る前に新幹線へ滑り込み成功。大人だけだと1泊2日のプチ旅行レベルの旅程ですが、小さな子連れではこれでも大冒険でした。

小田原城周辺の売店でおやつを買って食べたりも楽しい♪
小田原城周辺の売店でおやつを買って食べたりも楽しい♪

「アクセスが良く」「ホテルで遊べて」「ご飯が美味しい」この3点を重視した子連れ旅行、大成功♡

ちなみにヒルトン小田原はキッズルームもあり、子ども用のアメニティやスリッパ、浴衣などの用意もバッチリです。子ども用の貸し出しアイテムもたくさんあって、バスチェアや補助便座、踏み台など、なんでもあります。

また、スパ施設も充実しているので、大型連休の家族旅行なら、子どもはパパにお願いして、ママはスパでのんびりもできそうですよね。卓球、ボウリング、カラオケなどもあるので、子どもが大きくなってからも楽しめること間違いなし。「ここなら毎年来てもいいかもね〜」なんて言いながら、帰路につきました。

みなさんも、大人は無理なく子どもは楽しく、素敵な休日が送れますように!

この記事を書いた人

  • 遠藤るりこ
  • 遠藤るりこ
    代官山スタイル編集長。世田谷区在住、3兄弟のママ。子どもと過ごす、楽しい毎日をたくさんお伝えできればと思います!