ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2022/12/23 12:00

365 views

《2022年、抱っこひもランキング》パパママが求めるのは快適・軽い・通気性! メッシュorナイロンの人気抱っこひも5選

こんにちは、おぐらです〜! 年末ですね〜、あっという間に大つごもりですよ、樋口一葉ですね〜。それはさておき。

ベビーの街・代官山をはじめ全国に店舗をかまえるセレクトショップ「blossom39」では、毎年末「今年もっとも売れたベビー グッズ」を総まとめしてご紹介しています。こちらの記事ではblossom39オンラインショップにて《2022年、もっとも売れた抱っこひも》をランキング形式でご紹介します◎

昨年2021年はベビービョルンが上位を独占した年でしたが、今年はそんなベビービョルン無双に切り込むニューカマーや根強い人気で上位に再浮上したあのアイテムなど、バリエーション豊かな顔ぶれに。

さっそく見ていきましょう!

第5位 [エルゴベビー] OMNI Breeze / オムニブリーズ

border

エルゴの人気モデル・OMNI360の機能はそのままに、メッシュ生地を採用することで通気性・快適性がよりアップした新モデルOMNI Breeze(オムニブリーズ)がランクイン! こちらのモデルは2021年発売ですが、じわじわと売り上げを伸ばし、ついに第5位にまでやってまいりました。なんだかんだ言って、エルゴはすごい。

そのすごさ、というとまずは抱っこされた赤ちゃんの座り姿勢や体型を研究した、超立体裁断&縫製にあります。これにより、インファントインサートなしで新生児から3歳までというロングスパンで使えちゃうのです。

また、肩腰の負担を和らげるパッド入りの肩ストラップ+サポート付きウエストベルトによって肩腰の荷重をバランスよく分散してくれる設計となっており、赤ちゃんの快適さだけでなく、抱っこする側にとっても高い快適性が実現されています。なかなか寝ない新生児をずっと抱っこするのも、大きくなっても抱っこマンな幼児を抱っこするのも、「嫌だな、重いな」と思わずに(思うこともあるにはあるでしょうけど)お互い気分良く抱っこできるのが嬉しいですね。

対面・前向き・おんぶ・腰抱きの4種類の抱き方が可能です
対面・前向き・おんぶ・腰抱きの4種類の抱き方が可能です

そして、このモデル最大の特徴は、柔らかい肌ざわりと優れた通気性を持つSoftFlex™メッシュを大部分で使用していること。Breeze(ブリーズ)の名の通り、呼吸するように抱っこひもの中の空気を入れ替えられる通気性の高い構造です。夏の暑さが厳しい日本において、通気性の高い素材であることは抱っこひもとして欠かせないポイント。こちらのアイテムは赤ちゃんの背中部分だけでなく、ウエストベルトにもカット加工が施されており、気になるウエスト周りのムレも軽減。抱っこする側の快適さも高まっています。

2022年に加わったNEWカラー4種
2022年に加わったNEWカラー4種

最後に触れておかなくてはならないのが、豊富なカラー展開について。他のブランドと同様にグレーやブラックなどの定番色が揃っているのはもちろん、2022年にはパステル調の優しい色合いのセージグリーンやブルーラベンダーなどオリジナル性のあるカラーも加わり、そしてさらに日本限定のサンドベージュが登場するなど、今までになかったカラー展開が特徴。どの色を選ぶか悩んでしまいますね◎

第4位 [ミニモンキー] ミニスリング メッシュ

border

2020年、2021年そして2022年と3年連続でランキング入りのミニモンキー「ミニスリングメッシュ」。もはや抱っこひも界では定番アイテムと言って良いでしょう。

セカンド抱っこひもとしての人気が高いのはもちろん、両膝と股関節がしっかりとM字開脚の状態を保ちながら縦抱きや腰抱きができるため新生児の頃からメインで使うことも可能です。スリングならではの優しく包み込まれる安心感、密着度の高い抱っこで、赤ちゃんはとてもリラックスできるのだそう。

赤ちゃんの滑り落ちを防ぐ「セーフティーストラップ」や、首元をホールドする役割のクリップがついているので安心して装着できます
赤ちゃんの滑り落ちを防ぐ「セーフティーストラップ」や、首元をホールドする役割のクリップがついているので安心して装着できます

こちらのアイテムのさらなる特徴は全体がメッシュ生地であること。ほとんどがメッシュ生地でできているため、真夏の暑い日の抱っこはもちろん、暖房でムレがちな冬場も、さらにはお風呂・プールなどでも使えちゃいます。言うまでもなく洗濯OK。赤ちゃん用品は清潔でありたいけど、よだれや吐き戻しなどでかなり汚れるもの。でもこのアイテムなら大丈夫。ガンガン使ってガンガン洗っちゃってください!

そして、世界最軽量の175gというそのコンパクトさにもご注目いただきたい。たたむと手のひらに収まるほど、超コンパクト(高さ14cm、幅8cm、奥行き8cm)なんです。カバンに入れておいて外でぐずったらサッと抱っこ、ができちゃう。どうしてもかさばる抱っこひもを考えると革命的ですね! さらには、お値段もコンパクト。この高機能+洗練されたデザインがこのお値段でゲットできちゃうのは値上げばかりの世の中においてありがたい限りです。

スリング本体に付いているポケットに小さく丸めて収納できるので、バッグの中で収納袋が迷子になるイライラや紛失の心配もありません。
スリング本体に付いているポケットに小さく丸めて収納できるので、バッグの中で収納袋が迷子になるイライラや紛失の心配もありません。

第3位 [ボバ] Boba Wrap Air / ボバエアー

border

第4位と同じくセカンド抱っこひもとしての人気が高いボバ「Boba Wrap Air」。2021年こそTOP5入りを逃しましたが、blossom39では長年売れ続けている定番アイテム。その機能性や快適性の高さによって根強い人気を得続け、満を持して第3位に返り咲きとなりました。

こちらのアイテムの特徴はウィンドブレーカーのような質感のハイテクナイロン生地を使用したことにより、390gという超軽量の抱っこひもを実現したこと。第4位のミニモンキーのスリングのように、スリングでは比較的軽量なアイテムが多い中、「抱っこひも」の形状でこの軽さというのはちょっと珍しいですよね。

軽量化を求めると心配なのが機能性・快適性ですが、正しいM字姿勢をキープできる人間工学に基づいた立体的なシート、より快適な座り心地を実現する膝裏クッション、日差しや雨から赤ちゃんを守ってくれるフード付き、とバッチリな設計になっています。

肩ベルトやウエストベルトの調整ができるので、パパとママで共用も◎
肩ベルトやウエストベルトの調整ができるので、パパとママで共用も◎
ただたんに軽くて薄いだけじゃない、随所にこだわりの設計
ただたんに軽くて薄いだけじゃない、随所にこだわりの設計

折りたたみ時で13×17cm程度の大きさにたためるコンパクトさも魅力のひとつ。ベビーカーとの併用、念のために持っていく用、としても大活躍間違いなしのアイテムです。

第2位 [ベビービョルン] ベビーキャリアMINI Air / ミニエア

border

「生まれたての新生児期」に特化したモデル「MINI Air」が昨年の第3位からひとつ順位をあげて第2位にランクイン。インサートなしで生後0ヶ月(3.5kg)から使用が可能ということもあり、特にはじめての出産、育児をするパパママに人気のモデルです。

新生児、小さな赤ちゃんを抱っこするのに安心のビョルンMINI
新生児、小さな赤ちゃんを抱っこするのに安心のビョルンMINI

こちらのモデルで特徴的なのはなんといっても「セパレート構造」。ベルトと本体が別々になっているので、抱っこひもの中で眠った赤ちゃんをそのままベッドに降ろすことができます。背中スイッチが発動しがちな赤ちゃんを寝かしつける強い味方ですね。赤ちゃんがベッドで寝てくれるかどうかは、新生児期の子育てにおいては死活問題! お互いが快適な「ねんね」を獲得できるとなれば、人気が出るのも頷けます。

本体ごと赤ちゃんを降ろせるから、シーツと抱っこひもの温度差でびっくりしにくい
本体ごと赤ちゃんを降ろせるから、シーツと抱っこひもの温度差でびっくりしにくい

そもそも、ベビービョルンの「MINI」はコットン素材の”スタンダード”、ジャージー素材の”3Dジャージー”、そしてこちらの3Dメッシュを使用した”Air”の3種類展開。どのモデルも人気なのですが、高温多湿の日本においては特にこの「Air」が大人気です。

メッシュ自体をソフトにすることで、通気性をアップさせた3Dメッシュ生地を使用しており、風や空気を内側にしっかり届けてくれます。体温を完全にコントロールすることができない赤ちゃんにも、また抱っこをするパパやママも快適に抱っこできちゃうのが魅力的です!

お子様の成長に合わせてシートの長さを調整。内側には便利な身長目盛り付き
お子様の成長に合わせてシートの長さを調整。内側には便利な身長目盛り付き

第1位 [ベビービョルン] ベビーキャリアHARMONY / ハーモニー

border

そして映えある第1位は、2021年に引き続きベビービョルン「HARMONY」が獲得しました!

ベビービョルンのベビーキャリアは大きく分けてこちらのHARMONY、第2位にAirがランクインしたMINI、シンプルで使いやすいMOVE、日本人の体格に合ったONE KAIの4種類。どれもベビービョルンの高い技術と熱い信念がつぎ込まれたアイテムなのですが、中でもHARMONYは最新モデルであり、最高級モデルとして2021年のblossom39先行発売当時からの大人気アイテムです。

オフィシャルインスタグラムアカウントでも「Baby Carrier Harmony is designed with care in every detail(抱っこひもハーモニーは、あらゆる細部に配慮したデザイン)」とあるように、あらゆる部分に気が配られたデザインはまさに「赤ちゃんのいるご家庭の生活を快適にしたい」というベビービョルンの理念の結晶といえるでしょう。

国際股関節異形成学会(IHDI)から、正常な股関節の位置を保つ抱っこ紐として認証を取得した、安全で快適な抱っこを実現しているほか、厚いパッド入りのショルダーストラップおよびウエストベルト、腰を楽にするランバーサポートなど、抱っこする側の快適性もアップデート。フィット感のある3Dメッシュ生地が使用され、抱っこ紐ランキングで重要なポイントである通気性の高さももちろんクリアです。

パパママ、おじいちゃんおばあちゃん、おじちゃんおばちゃん、誰にとっても安全で快適に使える、だから人気なんです
パパママ、おじいちゃんおばあちゃん、おじちゃんおばちゃん、誰にとっても安全で快適に使える、だから人気なんです

最高級モデルという少しお値段がはるアイテムでありながら強い支持を得続けるのは、新生児から36ヶ月まで長く使えるからこそ。意外と長い抱っこ期間を、快適に安全に過ごしたいパパママにはうってつけです。また、対面(ハイポジション)、対面(ローポジション)、前向き、おんぶ、と4種類の抱っこの仕方が可能。成長に合わせて使い方を選べるのも、長く使えるポイントですね。

抱っこからおんぶまで使えるオールインワンタイプ
抱っこからおんぶまで使えるオールインワンタイプ

そんな大人気アイテムですが、実は2022年秋に待望の新色が登場。おしゃれな「クリーム」とどんなシーンにも似合う「ブラック」カラーが仲間入りです。この新色発売によってさらに売り上げにブーストがかかり、堂々1位という結果に。

ベビービョルンはスウェーデンのブランド。北欧の風を感じる優しさとスタイリッシュさを兼ね備えたデザイン・カラーリングも本アイテムの魅力のひとつですね。

優しい色合いが素敵な「クリーム」は2022年秋発売の新色です
優しい色合いが素敵な「クリーム」は2022年秋発売の新色です

抱っこしておんぶしてまた来年!

border

昨年の2021年ランキングとはまたガラリと雰囲気が変わった2022年ランキング、いかがでしたか?

こどもが大きくなってくると赤ちゃんの頃って本当にたくさん抱っこしたな、と思い返されます。どんどん大きくなって、抱っこしたくてもできなくなる日が来ると思うと、今は大変でもたくさん抱っこしてあげたいもの。とはいえ大変なものは大変です!

そんな毎日を少しでも楽しく快適にしてくれる相棒として、それぞれのご家庭にぴったりの抱っこひもが見つかることを祈りつつランキングを作成しました。

また、blossom39オンラインショップでは今年も期間限定の福袋を発売中。第1位を獲得した[ベビービョルン] ベビーキャリアHARMONYと可愛い雑貨や小物がセットになった、年に一度のお得なスペシャルパックも! 毎年大人気の福袋、売切必至なので、検討されている方はお早めに!

blossom39の直営店では直接抱っこひも選びのお手伝いもしています。年末年始、ぜひご来店くださいませ◎ それでは良いお年を〜!

この記事を書いた人

  • 小倉麻衣
  • 小倉麻衣
    1歳女児の母。妊娠出産を機に、家族三人で東京から福島へ地方移住。本好きの趣味の延長で、オンライン古本屋をオープンしました♪

紹介商品 Products