ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2022/6/14 10:00

4204 views

《バガブーからセカンドバギーが誕生!》最新機種・バタフライを試してみました♪ お気に入りポイント&デメリットは?

ただいま第4子妊娠中! 産休スタッフの渋木です。我が家では、メインベビーカーにバガブーbee3(現行モデルはbee6)を使用中。

保育園への送り迎えや、ちょっとした散歩の際にはコンパクトに畳めるB型ベビーカーを使い、長距離やお買い物にはbeeと用途により使い分けています。

beeの安定感、指一本でも押せる走行性はダントツでお気に入りなので、同じバガブーからセカンドバギーが出ると聞いて興味深々♡ 今回は、いち早くお試しさせてもらったバガブーの最新作・バタフライの良さを10個にまとめてご紹介いたします♪

1・持ち運びしやすいコンパクトさ

border

バタフライを試すにあたって一番気になっていたのは、そのコンパクトさ。予想していたよりも小さめで、我が家の狭い玄関にもスッキリ置けました! beeは高さと厚みでボリュームがあり、普段は玄関外に置いていたので、天候を気にせず玄関の中に置けるようになって大満足♡

愛用のbeeと比べるとこんな感じ
愛用のbeeと比べるとこんな感じ

車に収納する際も、コンパクトなので大助かり。トランクに積む以外にも、足元にも置けるので乗せ下ろしがすごく楽です。本体は7キロですが、足置きやストラップを持って移動出来る&コンパクトな折りたたみなので、小柄なママでも乗せ下ろしは苦にならなさそう。階段やバスを利用するママにもちょうどいい大きさと感じました♪

車移動も、車内で場所を取りません
車移動も、車内で場所を取りません

荷物を入れたままの折りたたみや、キャリーの様に移動することはできませんが、折りたたんだ際にシートは全て内側に入るので自立時に地面に触れる部分は本体フレーム関節部とタイヤのみ。

持ち手やシートが汚れないので、折りたたみ時にシートが地面に触れそうで汚れが気になっていた方には、バタフライがぜひオススメです♡

左から、バガブーbee、バタフライ、サイベックスリベル。比べると大きさはこんな感じ♪
左から、バガブーbee、バタフライ、サイベックスリベル。比べると大きさはこんな感じ♪

2・片手で簡単折りたたみ

border

バタフライは、持ち手の白いレバー部分を2箇所とも握り下に力を込めると簡単に三つ折りにたたまるのが一番のポイント! 一番下まで行ったら少し前に倒すとたたみ切れます。

レバーを握って下に力を込めるとたたまります。妊娠9ヶ月のわたしでも片手でできました!
レバーを握って下に力を込めるとたたまります。妊娠9ヶ月のわたしでも片手でできました!

開く際も、レバー2箇所を握って上に持ち上げるとパッと開きます。片手でも操作可能ですが、開閉時は両手で行うとより早く開きました。抱っこしたままでも行えるので、外出時にもとっても便利♪

レバーを握って上に持ち上げると開きます
レバーを握って上に持ち上げると開きます

3・抜群の走行性

border

実際に押してみると、今まで使っていた超軽量3キロほどのセカンドベビーカーよりかなりスムーズに押すことができ、感動しました!

また、22キロと使用体重ギリギリの上の子を乗せても、走行性にあまり変化はなし。砂利道でもタイヤ取られることなく、スイ〜っと片手で走行できました。さすがのバガブー! 公園にももちろんオススメです♡

本体幅も45センチとコンパクトなので、通常改札(平均55センチ)やレジを通るのも楽々♪ レジの通路はお店によって違いますし、抜けた先が凄く狭い、混雑している、などということも多いのでスリムなのは凄く嬉しいです♡

外はもちろん、スーパーなどでもスリムな車体はうれしいところ
外はもちろん、スーパーなどでもスリムな車体はうれしいところ

4・たっぷり入るアンダーバスケット

border

アンダーバスケットはB型の中では広めで、深さ高さも十分。前後どちらからでも入れられるので、保育園バックやシーツセットなどを入れても余裕でした!

幅が狭くなったり間にパーツがくることもないので、YOYOやサイベックスのリベルよりしっかりと荷物が入ると感じました。しかも最大8キロまでOKなので買い出しにも強い味方になってくれます♡

容量の大きさはもちろん、深さもあるので荷物がしっかりと入る感じ。前後どちらも出し入れ可能なのも嬉しい!
容量の大きさはもちろん、深さもあるので荷物がしっかりと入る感じ。前後どちらも出し入れ可能なのも嬉しい!

フレームは軽量化のため金属ではないので、重さをかけるとしなります。メーカーも推奨していないのでフックの取り付けはNG。でも下のバスケットにたっぷり荷物が入るので、わたしは十分だと思いました。

セカンドバギーは、バックか抱っこひもが入ればOK、という条件の方も多いので、荷物の容量は問題なしだと思います!

5・サンダルでも簡単ロック

border

ブレーキロックは、後輪フレームの真ん中に1箇所。小さめですが上から踏みつけてロックも解除もできるので、サンダルでも簡単。アンダーバスケットに深さがあるので、ロック時にバスケットに入れた荷物の踏みつけを気にしなくてOKです!

小さなロックですが、しっかりと掛かります
小さなロックですが、しっかりと掛かります

6・伸縮式でひざまでばっちりサンキャノピー

border

紫外線カット機能はありませんが、チャックの開け閉めでリクライニング関係なく、最大ひざまで覆うことが可能。大きなメッシュ窓で通気性抜群&お子様の様子が丸わかりです。

大きなキャノピー、コンパクトベビーカーでは珍しいのでは? メッシュ窓も◎
大きなキャノピー、コンパクトベビーカーでは珍しいのでは? メッシュ窓も◎

シートは外向きのみになりますが、メッシュ窓がキャノピー幅と同じなので歩きながら子どもの顔を見ることができ、息子もいちいち振り返ってはニヤニヤしていました♡ YOYOやリベルはキャノピーが浅いので、この点を比較するならバタフライが圧勝です!

7・ゆったりフットレスト&汚れが目立ちにくい

border

シート側に完全に折りたたむこともできるフットレストは、どの角度でも本体の折りたたみが可能。しっかり立てた場合は大きな子どもでもゆったり足を伸ばせますし、綿は入っていないのでさっと拭きとりOK! 靴でも気負いなく乗せられます。フレームと生地には隙間もあるので靴底が気になっていちいち脱がす手間が要らないのも便利でした♡

フットレストつき!
フットレストつき!
座面がもともと深いので、2才でもフットレストを出さなくても座りやすそう
座面がもともと深いので、2才でもフットレストを出さなくても座りやすそう

8・シンプルなシートは丸ごと剥がせて簡単清潔

border

適度な厚みのシートは、背面と座面の一体型。穴からハーネスを通し、上部分を本体とマジックテープで留めるだけとかなり簡単な着脱式。ジャージのような柔らかい素材なので、お子様が直接座っても汗ばみにくそうなのも高ポイント。もちろん、取り外したらネットに入れて洗濯が可能です。

シートは簡単に着脱でき、ネットに入れて洗濯も可能です
シートは簡単に着脱でき、ネットに入れて洗濯も可能です

9・beeと同じ♡ ハーネスの調節や安全機能

border

ハーネスはbeeと同様、勝手に立ち上がるタイプ。5点留めですが面倒くさくなく、スムーズに留められます。

肩の高さは肩パッドを持ってグッと引っ張るだけで簡単に上下が移動。それぞれのハーネスの長さもスッと引っ張るだけ。かなり簡単なので体格の違う兄弟で使うのに、本当に本当に便利です♡

引くだけで調節できるので、身体の大きさが違うきょうだいでもすぐにサイズを合わせられます
引くだけで調節できるので、身体の大きさが違うきょうだいでもすぐにサイズを合わせられます

また、安全面でついているリストストラップが持ち手のど真ん中よりずれて付いているので、片手での走行時に邪魔にならず、ここはbeeよりも優れていると感じた点。また、持ち手がレザー調なので傷みにくそうなのも嬉しいポイント♪

安全対策のリストストラップは、中央よりズレてついています
安全対策のリストストラップは、中央よりズレてついています

10・足元まで覆えるレインカバーは標準装備!

border

なんと、レインカバーが元々付いていてすぐに使えるのが嬉しいポイント!

さらに、フロントバーなどのアクセサリーの買い足しも可能。メッシュタイプのシートライナーやフットマフ、持ち手に取り付け可能なオーガナイザー、カップホルダーなどなども、既存のものが使用できます。

ちなみに、現行のコンフォートホイールボードや専用収納バック、モスキートネットなど、取り付け出来ないものも。

そして! マキシコシのアダプターもバタフライ専用のものがあるので、取り付ければハイシートで対面、新生児からOKのA型ベビーカーに変更も♡ これがあれば、新生児からバタフライ一台持ちでもいいですね♪

実際に使って感じたデメリットは?

border

良いところづくしのバタフライですが、使ってみて少し気になった点も。

まず、後輪が狭めなので、段差や隙間を越える際に踏み込むときはロックが掛からないように少し気をつける必要あり! ただし、持ち手との距離は十分あるのでパパでも走行時にタイヤの蹴り上げもなく大股で歩いても快適との事でした。足の長いパパだと、ベビーカーの後輪を蹴りながら歩く様子も見かけるのですが、バタフライはその心配はなし。片手でのカーブも小回りが効くので、段差の踏み込み時だけ気にすれば問題なしです。

走行性は抜群なのですが、タイヤがどうしても小さいので、線路の隙間などには気をつけて!
走行性は抜群なのですが、タイヤがどうしても小さいので、線路の隙間などには気をつけて!

また、国内メーカーよりは高めに設定されているものの、待ち手が固定なので、高身長なパパは必ず試走した方が良さそう! 我が家の170センチのパパは十分と言っていましたが、「できればもう少し高くてもいいかな?」ぐらいだそうです。160センチのわたしは丁度よく感じます。身長差のあるパパママは、持ち手の調節機能のあるベビーカーを好まれることがおおいので、この点は相談が必要かも。

我が家のパパもお気に入りです!
我が家のパパもお気に入りです!

ちなみに、寝そべった時のリクライニングは他ベビーカーと比べると145°とフルフラットに近くなり、寝心地が良さそう♡ ……ですが、立てた時は111°と、もたれ掛かる座り心地。腰座りすぐの友人ベビちゃん(6ヶ月)で試したところ、しっかり座りたい時期らしく、背もたれを使わずに座っていました。ベルトを締めると背面に寄りかかることになるので、座ってお外を見たがる時期には寄りかからない子もいるかもしれません。

使用可能月齢は6ヶ月から。腰がすわると使えます!
使用可能月齢は6ヶ月から。腰がすわると使えます!

我が家の2歳息子は文句なく寄りかかって座っていましたが、お尻がどんどん前にズレていくような角度ではないのでぐずりにくかったです! 背面の白いレバーを引くと細かなリクライニングが調節可能な点と、最大に立ち上げた時はキャノピーとスナップで固定出来るので勝手に倒れてくる心配がない点はとてもいいと思います! 座面高さも45センチで程よいので、2歳息子1人でも楽々乗り降りが可能でした♪

座面の高さがちょうどいいので、我が家の2歳次男はひとりで乗り降りできます
座面の高さがちょうどいいので、我が家の2歳次男はひとりで乗り降りできます

さらに、飛行機内への持ち込みは各会社に要確認だそう。バタフライはコンパクトな折り畳み(高さ54×幅45×奥行き23)ですが、航空会社の機内持ち込み荷物サイズの規定も日々変化するので、折りたたみ時のサイズを事前に伝えて確認しておくことが必要です。

……と、いくつか気になる点はあれど、走行性、片手折り畳み、大容量荷物入れと、セカンドバギーに欲しい機能がぎゅっと詰まったバタフライは我が家では大ヒット!

とにかくコンパクトがいい、腰座りまでは抱っこひもでいく、という方にも是非お勧めしたいベビーカーです♡

beeに付けているホイールボードがつけば満点でしたが、バタフライ専用のボードが登場予定とのこと! 2人目育児セカンドバギーの新しい選択肢に、バタフライをいれてみては。

22キロぎりぎりの上の子でもキャノピーやシート縁に頭が当たらず、無理なく寄りかかれるバタフライは最高! コロナ禍で公園遊びが増えた今の時代にもぴったりです! ぜひぜひ、お店で試してみてくださいね♪

これから第四子の出産も控えているので、またたくさんベビーグッズをレポートしたいと思います!
これから第四子の出産も控えているので、またたくさんベビーグッズをレポートしたいと思います!

blossom39の一部店舗(代官山、日本橋三越、松坂屋名古屋)では6月に先行お渡し販売を予定しており、一般発売の時期は6月下旬を予定しております。

この記事を書いた人

  • 渋木真裕
  • 渋木真裕
    産休中のblossom39ショップスタッフ。3兄妹との生活を楽しんでいます♪