ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2021/6/11 12:00

128 views

《おやつはたのしくおいしく》エネルギー補給やカラダ作りに、気になる0歳からのおやつ事情♪

こんにちは、おぐらです。あっというまに春が過ぎ、夏の風を感じる今日この頃ですが、みなさまにおかれましては健やかにお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。さて、今日は”こどものおやつ事情”について書かせていただきたいと思います。

あまり早いうちからスナック菓子や砂糖たっぷりのお菓子をあげるのってためらわれますよね…。少なくとも、自分から「これが食べたい」と言うようになるまでは、健康的なおやつでカラダづくりをサポートしてあげたいところ。今回は、ガチガチの健康オタクでもない割に、こどもにあげるものはちょっと気になっちゃう我が家のゆるい健康志向のもとに食べさせているおやつたちをご紹介します。

0歳のころからのお気に入りは”さつまいも”

border

こどもが定番で好き、かつ、たぶん、健康的なおやつといえばやはり”さつまいも”かと思います。1パック買ってきて、1cm角程度の拍子切りにしてレンジでチン(我が家のレンジだと3分くらい)、ラップなどで小分けにし冷凍庫へドーン! で、大量にストックができます。1歳後半くらいからは割と大きなまま食べられるので、洗ったさつまいもを炊飯器で一気にふかして、1本ずつラップ、冷凍庫で保存、という感じ。

さつまいもはとにかく食いつきが最高です。各ご家庭でお子様それぞれの好みがあるとは思うのですが、少なくとも我が子は最高に食べます。ご飯の時間にあんまり食べてくれなくても、おやつにイモ食わせときゃ、まあ、いいだろ、という気持ちにさせてくれるめちゃめちゃ心強い食材でもあります。ついでに夫や私も食べちゃう。さつまいも、最高。今度、畑でさつまいも育てようと思います。

成長によって提供する形状を変えて。スティック状に切っておけば0歳の手掴み食べ練習にぴったりです
成長によって提供する形状を変えて。スティック状に切っておけば0歳の手掴み食べ練習にぴったりです

おやつとはいえ食事の一部、ということで”パン”などの主食系も

border

娘は保育所に通っているのですが、保育所の献立表を見ると結構おやつに”おにぎり”、とか”パン”が登場するんですよね。おやつとはいえ小さい子どもにとっては食事の延長上であるわけだから、嗜好品としての役割より、やはりエネルギー補給やカラダづくりの面が大きい、とういことらしいです。ということで、我が家もおやつの時間にパンなどの主食系をあげることも多いです。

特におやつの時間に車移動が重なった時は、他のお菓子だとボロボロこぼれがちなので、しっとり系のパンを渡しておきます。食べるのに時間もかかるので、運転中大人しくしていてくれてとても良いです(本当は食べている様子を見守らないと危ないですが)。近所の向山製作所で買う白パンが娘は大のお気に入り。他にも美味しいパンがたくさん売っていますし、そもそもは洋菓子屋さんです、お近くにお越しの際はぜひ!(地元の宣伝)

移動中のおやつはパンが便利♪ カラダ作りのことを考えて、おにぎりやパンもおやつに含めます
移動中のおやつはパンが便利♪ カラダ作りのことを考えて、おにぎりやパンもおやつに含めます

猫と一緒に仲良く(?)食べるよ”おやつ小魚”

border

最近よく食べているのは”おやつ小魚”。塩や保存料などの加えられていない、「原材料:かたくちいわし」以上! みたいなのを買っています。いちおう。オーガニックとか無添加とか気にしているわけではないのですが、そのままのものでもおいしそうに食べているので、それにこしたことはないかな、と思っています。

楽天で大量買いしたにぼし。夫は味噌汁のだしにも使っているようです
楽天で大量買いしたにぼし。夫は味噌汁のだしにも使っているようです

我が家では2歳前後から食べるようになりましたが、もう少し小さくても食べられるんじゃないかな、と思います。小魚も小さくて食べやすいものから、大きくて食べ応えがあるもの(噛む練習になるよ!)まで様々なので、お子様の月齢や好みによって選んであげたら良いのではないかと思います。ちなみに、この小魚は娘だけでなく猫にも大人気。いつも文字通り”奪い合うように”食べています(笑)。そしてたいがいそのへんにぶちまけられる、掃除が大変。掃除しそびれた分は猫が処理してくれます。

小魚は猫と分け合って食べます
小魚は猫と分け合って食べます

もちろん市販のものも甘いものも

border

「オーガニックとか無添加とか気にしているわけではないのですが〜」とかごちゃごちゃ言っている割には、なんだか口うるさくおやつの指導をしているように見えますね。もちろん市販のものや甘いものもおやつとして食べています。かなりの頻度で登場するのは

・和光堂の「はじめてのシリアル」「こざかなせんべい」

・キューピーの「おやさいりんぐ」「おやさいぼーる」

あたり。そのほか和光堂の「赤ちゃんのやさしいホットケーキミックス」などでホットケーキを作ってあげたりします。ホットケーキミックスやレンジでつくるカップケーキミックスには細かくした野菜を練り込めるので、最近野菜食べてくれてないな、ってときの奥の手として活躍しています。

はじめてのシリアルはそのままボリボリ食べたり、牛乳・豆乳をかけて食べたりします。ここでもパームグラスプスプーンが大活躍中
はじめてのシリアルはそのままボリボリ食べたり、牛乳・豆乳をかけて食べたりします。ここでもパームグラスプスプーンが大活躍中
こちらはプレーンですが、小松菜やブロッコリーなどをめちゃめちゃ細かく刻んで混ぜ込んで焼くこともあります(そのままだと食べない野菜たちを食べさせる!)
こちらはプレーンですが、小松菜やブロッコリーなどをめちゃめちゃ細かく刻んで混ぜ込んで焼くこともあります(そのままだと食べない野菜たちを食べさせる!)

あと、これは最近のヒットおやつなのですが、カルディで買えるベジクラッカーがおすすめです(といっても、最近なかなか売っていなくて、店員さんに聞いたところ、季節商品だったらしいです。おすすめしたところで入手が難しいかもしれません、すみません……)。

買った当時の写真が撮れていなくて、パッケージの残骸だけがありました。原産国はリトアニア
買った当時の写真が撮れていなくて、パッケージの残骸だけがありました。原産国はリトアニア

薄いスティック上になっているのでこどもの手に持ちやすく、ザクザクとした食感に噛むほど野菜の甘みがほんのり感じられておいしいんです。ライ麦ふすま・アマニなどが練り込まれていて、いかにも健康に良さそうな感じもよき。ビーツ・ケール・キャロットの三種展開らしいですが、我が家はキャロットしか買ったことがないです。キャロットうまい。売り場に復活したあかつきにはぜひ食べてみてください〜!

買ったそばから食べずにはいられないほどのお気に入り
買ったそばから食べずにはいられないほどのお気に入り

おやつはたのしくおいしく

border

改めて、おやつ、っていい響きですよね。私、こどものころ時計を描く時は必ず3時で描いていて、それはおやつの時間が好きだったからなんですが、大人になったいまでもおやつっていう言葉には甘美な香りを感じてしまいます。こどもにとっても、おやつ、にいい思い出をもってもらえたら良いな、と思っているので、健康的だから、甘くないから、という基準だけでなく、たのしくておいしい”おやつ”を一緒に食べられたらいいな、と思っています。一緒に食べてたら太るので、私は自重しなくちゃならないですがね! みなさんはどんなおやつが好きですか?

たまにお庭で食べたりします
たまにお庭で食べたりします
この記事を書いた人

  • 小倉麻衣
  • 小倉麻衣
    1歳女児の母。妊娠出産を機に、家族三人で東京から福島へ地方移住。本好きの趣味の延長で、オンライン古本屋をオープンしました♪

紹介商品 Products