ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2020/9/25 11:00

1367 views

《秋冬出産の、買ってよかった/買えばよかった》妊娠中からの用意がおすすめ♡ 10月出産ママが語る、出産準備アイテム!

妊娠中、これから生まれてくる赤ちゃんのための準備は、ついつい楽しみで色々と買いたくなってしまいますよね。しかし、産後も赤ちゃんのためにほしいものが次々出てくるのは目に見えていたので、その衝動は抑えて、産前の準備はなるべく必要最低限に!

インターネットで色々な記事を読んだり、雑誌を読んだりしましたが、それぞれの生活スタイルもあってなかなか細かくは想像がつかないもの。

季節によって必要アイテムも若干違ってくるかと思います。私は、一昨年の10月に出産しましたが、1番身近な母の意見を参考に買い揃えました。その中で「買ってよかった」、「買えばよかった!」というアイテムを紹介したいと思います。

これから出産を控えるママたちの参考になればと思います♪
これから出産を控えるママたちの参考になればと思います♪

買ってよかった! これからの季節にも活躍のアイテムたち

border

赤ちゃんが安心して眠れるように、ベビーベッド&布団

ベビーベッドと布団は、赤ちゃんのスペースをしっかり確保するためにも、赤ちゃんの身体のためにも、絶対に買おうと決めていたもの。赤ちゃんを迎える準備を始めるにあたって、我が家ではまず最初に購入しました。出産準備中、おむつやおしりふきなど、どんどん増えていく赤ちゃん関連の雑貨の一時置き場としても便利でした。

ただ、子どもが成長するにあたってどんどんおもちゃなどが増えていくことを考えると、あまり大きすぎるものでないほうがいいかなと今となっては思います。我が家はかなりしっかりとしたものを購入してしまったので、場所をとらず、しまうのにも簡単なコンパクトなタイプのほうが便利なのかなと思います。また、成長によってベビーベッドからキッズベッドに変えられるものもいいと思います♪

居場所があるって安心♪ 退院後から、赤ちゃんの定位置になりました
居場所があるって安心♪ 退院後から、赤ちゃんの定位置になりました

また、布団類は赤ちゃんのお肌に優しいオーガニックのものを。敷き布団や掛け布団、シーツやマットなど一式がセットになっているものを購入しました。これから秋も深まって、夜はだんだん寒くなっていく季節、赤ちゃんの負担にならずにふんわりと暖かいものはやはり必須です。

おくるみは、まずは種類の違う2枚を用意♪

おくるみは、実際にどれくらい必要なのかわからず、とりあえず厚めの1枚と、pehrの大判のスワドル1枚を用意。

冬に向けて寒くなる頃だし、暖かい服を着せればいいかなと思っていましたが、実際に赤ちゃんと過ごしてみると、おくるみの重要性を実感しました。普段使いとしてはスワドルのように薄いおくるみ、お宮参りやなどちょっと外に出る機会がある場合は、厚めのおくるみがあれば多少の寒さも安心でした。

また、我が家はセレモニードレスに合わせて、退院後やお宮参りにも使える白いものを用意。ベビー布団一式のなかのガーゼケットもおくるみのようにして使っていました。何かにつけて必要になってくるので、まずは2枚、その後必要に応じて買い足していくといいと思います。

10月生まれだとお宮参りが丁度寒くなってくる頃なので、厚手のおくるみは寒くなってきた日のお出かけにも活躍
10月生まれだとお宮参りが丁度寒くなってくる頃なので、厚手のおくるみは寒くなってきた日のお出かけにも活躍
防寒だけでなく寝ぐずりなどにも、くるくると巻いておけば安心♡
防寒だけでなく寝ぐずりなどにも、くるくると巻いておけば安心♡

ベビーバスは、ちゃんと用意して大正解!

病院では、「わざわざ特別に買わなくても衣装ケースなどで代用できますよ」などと言われましたが、用意して正解! 我が家のベビーバスは膨らますタイプのもので、柔らかいビニールならぶつかっても危なくないし、使わなくなったら畳んでしまえるので邪魔になりません。

退院後、ただでさえドキドキする沐浴の際、しっかりとベビーバスがあってよかったと思いました。たったの数ヶ月…と購入しないママもいるようですが、秋冬ベビーの沐浴は手際の良さが勝負! 赤ちゃんが湯冷めしないように沐浴させてあげたいですね♪

はじめはドキドキだった沐浴も、少しずつ慣れてきました
はじめはドキドキだった沐浴も、少しずつ慣れてきました

負担軽減に欠かせなかった、授乳クッション

産前に抱き枕を探しているとき、たまたま見つけてネット通販で購入。出産前はなかなかピンときていないアイテムだったのですが、慣れない授乳と、赤ちゃんを抱きっぱなして疲れた腕には、厚くてへたれにくいクッションはかなり重宝! 授乳ライフには欠かせないアイテムだと思います。

授乳が終わった今でも、おむつのときはここにごろんして、というのが習慣に。まだまだ大活躍しています♪

ママの負担軽減に欠かせない、授乳クッションは昼間の定位置にも
ママの負担軽減に欠かせない、授乳クッションは昼間の定位置にも

あとから急いで買い足し! 事前に買っておけばよかったと思うもの

border

寒い季節のオムツ替えには、おしりふきウォーマー

オムツ替えでおしりを拭くたびに、冷たさで「ビクッ」となる赤ちゃん。びっくりして泣いてしまうこともあって、可哀想だなぁと思っていました。これからどんどん寒くなってくるので、秋冬ベビーには早めに買っておいてもいいものだと思います。我が家は出産後に購入してあげたのですが、おかげで寒い日のオムツ替えも焦らずできるようになりました。オムツ卒業まで長く使えそうなので、早めの購入がおすすめです。

寒い季節こそ用意したい、授乳服&授乳ブラ

私の病院では、パジャマからスリッパまで、ママの入院する際に必要なものはすべて貸し出してくれたので、自分では特に用意する必要はありませんでした。

ただ、退院してからの授乳のことを考えていなかったため、授乳しやすい服を退院のあと何枚か急いで買い足し! かぶりのものだと、服を捲りあげての授乳はこれからの季節だんだん寒くなってくるので、授乳しやすい服は必須です。

授乳ブラは、カップ付きのタンクトップなどでも代用できたよ〜との先輩ママからの意見も。しかし実際、私には授乳しづらかったので、きちんとした授乳服&ブラが楽でした。寒い日、少しでも慣れない授乳のストレスも軽減されるかなと思います。ママが風邪をひいてしまったら大変なので、自分のものだからと後回しにせずに、出産前に購入しておくといいと思います。

赤ちゃんの防寒はもちろん、ママも秋冬の授乳服&ブラで身体が冷えないように
赤ちゃんの防寒はもちろん、ママも秋冬の授乳服&ブラで身体が冷えないように

秋冬ベビーは保湿が必須! ベビークリーム、ローション

赤ちゃんのケア用品は、実際に生まれてみてからでないとわからないもの。しかし、秋冬ベビーは、保湿は必須! お風呂上がりなど、こまめに保湿してあげたいので、早目の用意がおすすめです。我が家はママ&ベビー兼用のクリームなどを試したりしながら、赤ちゃんの肌質に合って、ママの使い勝手が良いアイテムを見つけました。出産してからだとなかなかじっくりと選ぶ時間がないので、妊娠中にいくつか選んでおくといいかも。

生まれてから買えばいいかな〜と思っても、出産後すぐに必要になるものもたくさんありました
生まれてから買えばいいかな〜と思っても、出産後すぐに必要になるものもたくさんありました

いかがでしたか? 朝晩寒くて眠たいなか、夜中の授乳にオムツ替え。便利であったかいアイテムがあれば助かりますよね♪ これから秋冬に出産するママさんたちの、参考になりますように!

この記事を書いた人

  • 柴田侑香
  • 柴田侑香
    2018年10月に娘を出産し、現在育休中の新米ママ。目標はいつまでもきれいなママ!

紹介商品 Products