ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2020/10/27 14:00

776 views

《本格的な冬がくる前に!》秋冬にまっさきに買い揃えたい、赤ちゃんのための3アイテム

秋がやってきたと思ったら、朝晩は肌寒くて毛布が必要な日も。急な気温の変化に、赤ちゃんの肌着や防寒着を急いで用意しないと!と焦っているママさんたちも多いのでは?

今回は、本格的な寒さが来る前に揃えたい、赤ちゃんのための3アイテムを紹介します。

暑いの?寒いの? 睡眠時の防寒はスリーパーが必須

border

授乳しているとわかると思うのですが、赤ちゃんって本当に汗っかき。おっぱいやミルクを飲むと、髪の毛がびっしょり、背中に汗がじんわり…なんてことがしょっちゅうです。でも、朝晩の室温は低く、寝ている手足はちょっと冷たい気がする…。冷えないようにお腹だけおくるみや掛け布団をかけても、いつのまにか動いてはがれてしまいます。

そんなこんなで、私が第一子のお兄ちゃんのときから愛用しているのが、ガーゼ素材のスリーパー!  おくるみ界のパイオニア・エイデンアンドアネイのモスリンコットンでできたスリーパーで、赤ちゃんの肌心地の気持ち良さはもちろんのこと、通気性や吸湿性もばっちり。汗は吸い取ってくれるし、湿気も上手に逃がしてくれるので、快適な環境が保てるよう。睡眠時にはこれにすっぽり入れてしまえば、いちいち布団を掛け直す手間がないので安心です。

エイデンのおくるみと同素材なので、吸湿性や通気性、保温も抜群。使えば使うほどやわらかく馴染みます
エイデンのおくるみと同素材なので、吸湿性や通気性、保温も抜群。使えば使うほどやわらかく馴染みます

ロング丈の前開き袋タイプ!

エイデンのスリーパーは、下から上への前開きファスナー式。かぶりのスリーパーだと夜中のオムツ替えのときに面倒なので、寝かせたまま下半身だけ開けてオムツ替えできるのがいいところ。また、足が出ない袋状のスリーパーなのですが、赤ちゃんはどうしても寝ている最中に足をごそごそやる癖があるので、足が出るタイプのものだと、どんなにロング丈でもいつのまにか捲れ上がっている…ことが。袋状なら、足がでてしまう心配がありません。

下からのファスナータイプなので、オムツ替えの際に上からガバッと開ける必要がありません
下からのファスナータイプなので、オムツ替えの際に上からガバッと開ける必要がありません
開けるとこんな感じ
開けるとこんな感じ
たくさん動いても大丈夫! 上半身はベストタイプ、下半身は寝袋のようにゆったりした作りなので、窮屈になりません
たくさん動いても大丈夫! 上半身はベストタイプ、下半身は寝袋のようにゆったりした作りなので、窮屈になりません

寝ているときにスリーパーを着せるのはもちろんですが、日中はお昼寝布団などにも敷いておいて、ねたらスリーパーの上にポンっとおいてファスナーを閉めてあげています。我が子は現在8ヶ月の9キロなので、Mサイズを購入。春先の暖かくなる日まで、毎日の必需品です♪

赤ちゃんの首元には、ファスナーが触れないようなデザインに。細かなところに気を配っていて◎
赤ちゃんの首元には、ファスナーが触れないようなデザインに。細かなところに気を配っていて◎

ちなみに、歩けるようになってきたらロングベストのスリーパーがおすすめ。夜中に子どもが起きて立ち上がったりするときに足まで包まれているものだと危ないので、1才半くらいからは、長いベストタイプのスリーパーに切り替えていました。

足元の防寒には、定番アティパス!

border

抱っこひもで赤ちゃんを抱っこするとき、脚がM字に開脚していると思うのですが、その際に両足のズボンが捲し上げられて素足がにょっきり…。10部丈のズボンやレギンスを履かせてもどうしても素足が寒々しく、それならばと靴下を履かせたら「あれ?いつのまに片方履いてない…」なんてことが。ベビーカーでも同じく、足元が寒かろうと靴下を履かせても、赤ちゃんは足をよく動かすので、気づいたら素足になっている!

ベビーカーに乗せていても、素足がにょきっと出てしまうのが気になる季節
ベビーカーに乗せていても、素足がにょきっと出てしまうのが気になる季節
足を触るとひんやり冷たくなっていることも
足を触るとひんやり冷たくなっていることも

そんなときに、お兄ちゃんを出産したときにお祝いでいただいたアティパスを履かせてみたら、びったり密着していい感じ♪ 靴下一体型シューズなのですが、しっかりと履けるので赤ちゃんがブンブン足を振り回して動いても脱げることがありませんでした。

靴の練習にもなるし、我が家のおでかけはアティパスが必需品に。レギンスの上からかぶせるように履かせられるので、風が強く寒い日でもしっかりと防寒できます。この冬1歳になる三男用に、新しいアティパスを買ってあげようとおもっています♪

お下がりのアティパスがいい感じ。フィット感もいいし、靴の練習にもなりそうです
お下がりのアティパスがいい感じ。フィット感もいいし、靴の練習にもなりそうです

抱っこひもやベビーカーには防寒ケープを♡

border

もっと本格的に気温が低くなり、アウターが必要になる気温になったら、抱っこひもやベビーカーにかぶせる防寒ケープを用意して。今回は、ベビービョルンのMOVEを愛用中なので、それに合わせてビョルン専用のキャリアカバーを購入。ビョルンの抱っこひもならすべてのシリーズに使える専用カバーなので、ぴったりとはまり赤ちゃんを冷気から守ってくれます。

ビョルン専用のキャリアカバーは、肌触りの良いマイクロフリース素材。もうちょっと寒くなってきたら毎日活躍しそうです
ビョルン専用のキャリアカバーは、肌触りの良いマイクロフリース素材。もうちょっと寒くなってきたら毎日活躍しそうです

バッグルにひっかけて装着し、ボタンで調節。赤ちゃんの大きさによって足元の長さが変えられるようにマイナーチェンジしたので、ぴったりと暖かく包み込むことができます。

赤いステッチがあるループに、バッグルを引っかけるだけ
赤いステッチがあるループに、バッグルを引っかけるだけ
さすがビョルン! スナップボタンは、しっかりと留まりながらも極薄でストレス少ないデザインに
さすがビョルン! スナップボタンは、しっかりと留まりながらも極薄でストレス少ないデザインに
前面には反射テープ付き。ネットに入れて丸洗いも可能です
前面には反射テープ付き。ネットに入れて丸洗いも可能です

上の子2人は、ベビーホッパーのケープを愛用していたのですが、こちらは抱っこひもにもベビーカーにも兼用できる優れもの。今でも寒い日は、自転車の後ろに乗った次男が愛用しています。

今年の冬は、ぬくぬく元気に乗り越えよう!

border

我が家の三兄弟は三人とも薄毛の赤ちゃんだったので、寒い季節になると、どんなにお洋服で防寒させても、頭が寒々しい…。抱っこひもからぴょこんと頭を出していることが多いのですが、どうしても耳やほっぺがキーンと冷たくなっていまいます。そこで、赤ちゃん帽子も寒い季節の必需品でした。いまの時期用には、綿素材の薄めのボンネット。もう少し寒くなってきたら、耳まであるあったか帽子をかぶせています。

この冬の三男の帽子セット。薄いものからフリース・ボア素材のものまで。頭や耳が冷えがちなので帽子はかぶせたいところ
この冬の三男の帽子セット。薄いものからフリース・ボア素材のものまで。頭や耳が冷えがちなので帽子はかぶせたいところ

また、フリース素材のカバーオールも毎年新調。1月生まれの三男は、新生児期のものはもうきられないので、足つきのフリースカバーオールを買おうと思っています。

手足をすっぽり覆う、フリース素材のカバーオールは少し大き目をチョイスすれば、普通の洋服の上からすっぽり着せられます
手足をすっぽり覆う、フリース素材のカバーオールは少し大き目をチョイスすれば、普通の洋服の上からすっぽり着せられます

今年の冬は、風邪をひかせたくない! 手洗いうがいの予防をしっかりして、ぬくぬく暖かく、元気に過ごしたいもの。みなさんも早めに防寒アイテムを揃えておいてくださいね♪

この記事を書いた人

  • 遠藤るりこ
  • 遠藤るりこ
    代官山スタイル編集長。8歳・5歳・0歳のわんぱく3兄弟のママ。子どもと過ごす、楽しい毎日をたくさんお伝えできればと思います!

紹介商品 Products