ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2019/12/23 14:00

631 views

《ドキドキ子連れ帰省》長時間移動のグズり対策5ステップで、ママも子どもも準備万端に!

12月もそろそろ残すところあと少し。年末年始、ご実家に帰省したり旅行に行くご家族も多いのでは? 車であっても電車・新幹線・飛行機であっても、長い時間、小さな子どもと乗り物に乗り続けるのは大変…! 今回は我が家の「車グズり対処法」を5ステップでご紹介します♪

その1:ご機嫌時間を狙うのが大前提! 移動のスケジュール確認

border

子どもとのお出掛けで最も大事なのは、スケジュール確認! 近場へのお出掛けなら、子どものお昼寝の時間に合わせて移動するのがベスト。現在1歳2ヵ月の息子は1日1回、1時間のお昼寝を午前中にするので、そこを狙って移動。到着したら目覚めてスッキリ、ご機嫌で遊べるように計算します。

しかし、長時間の移動となるとそうはいかないもの。数時間以上かかる遠方へのお出掛けの場合は、交通情報を事前に調べてから、ある程度予測を立てておくのが大事。まずは所要時間を計算して、「何時に家を出るのか」「どのSAやPAに寄るのか」「サービスエリアに寄れなかった場合は下道に降りれば休憩場所があるのか」などを頭に入れておきます。

移動のスケジュール確認をしっかりしてさぁ出発! 道中なにがあるのか、ドキドキです
移動のスケジュール確認をしっかりしてさぁ出発! 道中なにがあるのか、ドキドキです

その2:お腹が満ちればまずは安心♡ 大好きなお菓子を用意

border

軽食やお昼ご飯などを考えて、いつどのタイミングで食べさせるのか考えるのも大事ですが、子どものグズリの第一関門を突破するは、まずお菓子。飽きないようにバリエーション豊かなラインナップを準備しておきましょう。甘いものとしょっぱいもの両方用意しておくといいと思います。

息子の場合は、赤ちゃんせんべい・ウエハース・クッキー・かっぱえびせん・ビスコなどのラインナップでご機嫌モードに。あまりお菓子ばかり食べさせるのも心配なので、小分けにして少しずつあげる…のがポイント。車内でボロボロするのも気になりますが、そこは目をつぶって! 公共機関での移動の際のお菓子は「持ちやすく、食べやすいもの」「こぼれないもの」がいいかもしれません。

スティック状のお菓子だと、手で持ちやすくて渡しやすいので◎
スティック状のお菓子だと、手で持ちやすくて渡しやすいので◎

その3:気分転換に、好きな童謡をかけてノリノリに

border

お腹も満たされちゃったし、なんだか座っているのも飽きてきた…。お次は童謡のCDをかけ、車内をいっきにミュージカル劇場にしちゃいます。息子は犬のおまわりさんが好きなので、CDに合わせて一緒に歌を歌うと機嫌が良くなります。このときに重要なのは、全力で歌うこと♪ 大声を出すのではなく、抑揚をつけて、表情豊かに、本物のミュージカル俳優のように大袈裟にやると子どもが満足してくれます。ママのテンションが上がっていれば、子どもも「あれ?なんだか楽しくなってきたな〜」とつられてテンションアップ! 勢い余ってシートベルトは外さないでくださいね。

その4:おもちゃはとっておきの選抜組を持参、ここぞのタイミングで!

border

車内で遊ばせようとおもちゃをたくさん持っていくママもいると思うのですが、どんなにお気に入りおもちゃでも、最初から渡してしまうと子どもはすぐに飽きます! そのため、おもちゃなどのモノで釣るのは、お菓子や歌の効果が薄れてきた頃がベター

こんなとき我が家では、家にあるおもちゃ軍の中の選抜組を使います。音のなるぬいぐるみ、噛んでも大丈夫なプラスチックのケータイ電話、音と光が出るチャンネル。これらを少しずつ小出しにし、駆使して子どもと一緒に遊びます。次から次へと大好きなおもちゃが出てくるので、グズっている暇もなくなる息子。じっと座っているのは大人でもしんどいもの。なるべくいろいろなバリエーションで、大好きなおもちゃを使って楽しませてあげましょう!

相棒のぬいぐるみは必須アイテム。ケータイ電話はミラーやリボンもついていてお気に入り。音の出る絵本もご機嫌モードになります♪
相棒のぬいぐるみは必須アイテム。ケータイ電話はミラーやリボンもついていてお気に入り。音の出る絵本もご機嫌モードになります♪
おもちゃに飽きたら、身近なもので気をそらしても。サングラスをかけられ、一瞬キョトン
おもちゃに飽きたら、身近なもので気をそらしても。サングラスをかけられ、一瞬キョトン

その5:最終兵器はやっぱりタブレット! ママのあやし疲れにも…

border

全力で子どもと遊びきっていると、ママの方が疲れてくるもの…。お菓子や歌、おもちゃでもダメなら、最終兵器はやっぱりタブレット! 最終であり最強。最後の子どもの相手は、思い切ってタブレットに任せてしまいましょう。

渋滞にはまって車が動かなくなると、子どもはどんどんグズグズ、相手をするママもヘトヘト、運転のパパはぐったり…。そんな時は、YouTubeで「赤ちゃん 泣き止む」と検索して! ありとあらゆるお母さん手助け動画を使って、親子ともにゆったり過ごしましょう。

うちの息子はムーニーちゃん、baby busのABCの歌がお気に入り。また、産まれて間もないころから流しているダンス動画をみせると落ち着くようです。「何がダメでも、最後これさえ見せたら機嫌が治る!」という最終兵器は用意しておくと、心の余裕になると思います。

最後はタブレットに相手を任せて、ママも少し休憩。お互いストレスの少ない帰省の移動時間を持てるといいですね♪
最後はタブレットに相手を任せて、ママも少し休憩。お互いストレスの少ない帰省の移動時間を持てるといいですね♪

年末年始のお休みは家族でゆっくり過ごせる時間ですが、「子連れの移動がどうしても憂鬱」なのも確か。いろんなアイテムや秘策を準備をして、それを「どの順番で、どのタイミングで繰り出すか!」が大事かも。子連れ移動時間は、子どもと向き合える貴重な時間と捉えて、ママも相手をして思いっきり遊んでみてくださいね♡

この記事を書いた人

  • 神戸恵里奈
  • 神戸恵里奈
    2018年9月生まれの息子を育てるママ。趣味はダンスとアロマ。大きな猫2匹と一緒に暮らしています♪