ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2019/8/1

《我が家の夏チャレンジ計画②》浴衣を着て夏祭りデビュー! 子どもが着やすい浴衣って??

2歳になったばかりの娘と、今年の夏はたくさんの“はじめて”を経験したい! そこで、我が家は夏チャレンジ計画を3つ立てることに。ひとつめは「屋外プールデビュー」。ふたつめは、「浴衣を着て、夏祭りデビュー」!

6月生まれの娘。実は2年前の夏、産まれて間もない頃にご近所の盆踊りまでお散歩がてら行ったことが。でも、大音量の中抱っこでずっと寝ていただけ…。昨年は風邪をひいて行けなかったため、今年こそ浴衣でリベンジしたい! 今回は、着せやすい子ども用浴衣についてなどを調べてみました♪

2年前、生後すぐにすこし行ったお祭りに今年は本格デビューです♡
2年前、生後すぐにすこし行ったお祭りに今年は本格デビューです♡

小さな子どもでも楽しめそうな、近所の納涼盆踊りへ

毎年、近所の神社で開催している納涼盆踊り。氏神神社なので、お参りもかねて娘の盆踊りデビューはこのお祭りにすることに。初詣もこちらだし、はじめてのお祭りも家族揃ってここに来ることに決めました。パパにも、1ヶ月前くらいからこの日は他の予定を入れないようにと約束。我が家にとってこの神社は家族の思い出の地となりそうです。

大きなお祭りと比べると、小さな神社の盆踊りなので屋台も少ししかでませんが、子連れでお祭りに行くならこれくらいの規模感がちょうどよさそう!

家から距離が近いのですが、車や自転車での来場はご遠慮くださいとのことなので、近くの駐輪場に自転車をとめて、歩いていく予定。混雑したお祭りでは、どうしても歩かせるか、抱っこになるもの。ベビーカーや抱っこひもがなくても、どうにか歩いてくれるようになる2歳前後が、本格的なお祭りデビューの年齢なのかもと思います。

普段の荷物を少し少なめに…何持っていく?

持ち物は普段と特に変わらず、オムツ、おしりふき兼ウェットティッシュ、マグ、タオルなどの予定。おもちゃやおかしなどは荷物になるので置いていったほうがベター。あとは、夕方をすぎてもまだまだ暑いので、ミニ扇風機やうちわなどがあるといいかも。

神社などでのお祭りだと、木がたくさん生えていて緑豊かなところが多いので、蚊がすごそう。虫よけと虫刺され用のエッセンシャルオイルは忘れずに持っていく予定です!

去年はいただきものの甚平を着ていた娘。甚平だと、まだまだ幼さが残ります
去年はいただきものの甚平を着ていた娘。甚平だと、まだまだ幼さが残ります

はじめての浴衣は、どんなもの?

これまで、甚平は着たことがあった娘。女の子でも年齢や月齢が低いうちは、浴衣ではなく甚平を着ている子が多いかも。でも、そろそろお姉さんの年齢なので、可愛い浴衣も着せてあげたい♡

そこで、いろいろ調べてセパレートタイプの浴衣と兵児帯をフリマアプリで購入。最近洋服は100のものを購入することが多いのですが、浴衣のサイズは90をチョイス。浴衣は大きすぎるとダボっと見えてしまったり首元が緩くだらしない感じになりそうなので、なるべくピッタリサイズを選ぶのがよいかも。

洋服のようになっている、セパレートの浴衣。着せやすいのでママにもラクチン
洋服のようになっている、セパレートの浴衣。着せやすいのでママにもラクチン

動きやすい甚平もいいのですが、セパレートタイプなら浴衣でも動きにくいということはなさそう。娘に見せるとすぐに気に入ってくれて、ノリノリで試着に応じてくれました♡

帯をつけると普通の浴衣そのもの。白っぽい色と悩みましたが、濃いめの柄をチョイス
帯をつけると普通の浴衣そのもの。白っぽい色と悩みましたが、濃いめの柄をチョイス

今年の夏は、お祭りも何度か連れていってあげたいです♪ 屋台のものも一緒に食べられるようになってきたので、食いしん坊な娘は喜んでくれそう! 家族揃っての夜のお祭りに、わたしもワクワクしています!

この記事を書いた人

  • 溝上あい里
    2017年6月に出産したママ。日々の生活のなかで使えるメディカルアロマで、家族の健康を管理していきたいなと思います♡

Related Posts 関連記事