ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2018/11/8

《絵本を読もう!》1歳〜2歳児向け、言葉や音楽を学べる知育絵本のおすすめは?

気持ちのいい秋風が吹くころになってきました。ベビーが知らない世界を広げるためにも、読書の秋に絵本を一緒に読んであげませんか?

我が家にある30冊程の絵本は、子どもが取れるように表紙の見える絵本棚にすべて入れています。そんな絵本の中から月齢別1〜2歳におすすめの絵本を、絵本を読んだ時の息子の反応とともにご紹介します。

手が届くサイズの絵本棚は好きな時に好きな本を取り出し、読み終わった後はお片付けも自分でできます
手が届くサイズの絵本棚は好きな時に好きな本を取り出し、読み終わった後はお片付けも自分でできます

10ヶ月~1歳、好きな本を本棚からとれるように

歩き始めるようになると、本を読んでほしいアピールをするようになります。絵本用の本棚を置いてあげると絵本が身近になるし、お片付けの練習にもなります。

この時期に、絵本の表紙が見える本棚をリビングに設置しました。そうすると好きな本を自分で取ってバスケットに入れたり、自分で絵本をめくって単語を言いながら絵を指差したりするようになりました。

本棚から絵本をバスケットに入れて移動させて、部屋のどこでも読み始めます
本棚から絵本をバスケットに入れて移動させて、部屋のどこでも読み始めます

この時期は、自分で絵本を楽しめるようになるので仕掛け絵本を中心に買い足しました。いろいろな形の穴のあいたページをめくると、隠れていた動物が次々と現れる「どうぶついろいろかくれんぼ」。鳴き声など音でも表現されていて子どもが楽しく読め、言葉も覚えやすくなっています。茶色一色のページをめくるとゴリラが現れるのが、息子には大ヒット! めくる瞬間に『ゴリラが出てきた!』と言っていたら、ゴリラという単語を覚えました。

動物のおしりやしっぽから動物のあてっこ遊びができる「どうぶつだあれかな」は、ライオンの子どもがいろいろな動物と出会う絵がとてもやさしく、ママも癒される絵本です。

1歳~1歳半は、楽器や写真付きの絵本を

指先が器用になり、言葉もはっきり話すようになるこの頃。楽器に親しんでほしいこともあり、1歳を過ぎてからはピアノの鍵盤が付いている絵本を買い足しました。ピアノとしての音も出るし、10曲ほどの自動演奏もついています。どの鍵盤を押しても音楽になる簡単モードでは、料理を作っている横で一人で遊んでくれます。

また、動物が好きなのでどうぶつ図鑑も与えました。動物の写真横のボタンを押すと英語と日本語で動物名と鳴き声が出ます。エサも載っていて、息子はバナナやユーカリの葉など全く教えていないのに、ボタンを押しているうちに英語発音で言えるようになりました(笑)

動物ボタンを押すと名前と鳴き声が聞けます
動物ボタンを押すと名前と鳴き声が聞けます

1歳半~2歳は、知育雑誌でも遊べるように

2~3語を続けて表現できるようになって、理解度も深まるこの時期。書店でシールを貼ったり、数をかぞえたりと遊びながら学べるようになっている1~3歳対象の知育雑誌を発見したので、買ってみることに。

知育雑誌はページ毎に内容が違うので待ち時間も飽きずにいられます
知育雑誌はページ毎に内容が違うので待ち時間も飽きずにいられます

この頃になるとパン屋さんごっこや電車ごっこをしたり、同じ車でもバスや救急車などの違いがわかるようになるので、1冊でいろいろ遊べる雑誌は外出先でも大活躍です。

雑誌の付録でパン屋さんごっこ
雑誌の付録でパン屋さんごっこ

さらに、トイレトレーニングを始める時期なので、まずは絵本で予習。日本語では「みんなのうんち」で人気のある絵本の英語版「Everybody Poos」が役立ちますよ!

トイレトレーニングのイメトレ中
トイレトレーニングのイメトレ中

歌をうたうようになる頃なので、マイク付の絵本があるとカラオケごっこをして遊ぶようになります。自分の声がマイクを通して聞こえるのが楽しいようで、曲に合わせて自慢げに歌っています。アンパンマンの歌以外にも8曲入っていて、今はお誕生日で何度も聞いた『ハッピー・バースデイ・トゥ・ユー』をよく歌っています。

童話なども読んであげていると、お椀に乗ったいっすんぼうしを見て『パパ、プップー』など指をさして説明してくれるようになります。

『ママ、バイバイ』と指さしながら言っているところ
『ママ、バイバイ』と指さしながら言っているところ

小さいころに絵本を読んであげて、読書好きに!

0歳だった時の絵本も2歳のいま抑揚まで真似をして読んでいるように話していたりと、大人が思っている以上に子どもはよく覚えています。絵本に出てきた動物の名前もいつのまにか覚えていて、ある日急に『ぞうさん』『きりんさん』と指さしてしゃべり出しました。

こちらに背中を向けて読書に集中
こちらに背中を向けて読書に集中

小さいころから本に親しんでいると読書好きになると言います。お気に入りの絵本を見つけて読書の秋を堪能しましょう!

息子が気に入っている絵本の一部はこんなもの

・布絵本:スキップホップの布絵本

・音が出る絵本:スマホえほん、ピアノ絵本、マイク付うたえほん

・言葉の絵本:いないいないばあ、のりものいろいろかくれんぼ、いろのえほん

・童話の絵本:そんごくう、ももたろう、いっすんぼうし、

・お仕事の絵本:バルバルさん、くまくまパン

・英語の絵本:えいごどうよううたのえほん、どうぶつ図鑑、I am a Bunny、Nursery Rhymes、Brown Bear, Brown Bear、Everybody Poos

この記事を書いた人

  • 杵淵あぐり
    目黒区在住、2016年10月生まれの男の子ママ。ヨーロッパ製の子育てグッズが大好きです♪

Related Posts 関連記事