ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2018/11/2

《ステキなパパ、見つけた!》ベビービョルンのパパコンテスト、最終選考会&授賞式をレポート♪

ママだけでなく、パパからの支持も高い「ベビービョルン」。父親の育児参加が当たり前の北欧スウェーデンのベビーブランドで、抱っこひもをはじめ、バウンサーやカトラリー、スタイ、トイレステップなど、日本でも浸透している人気アイテムがたくさんあります。

そんなベビービョルンが主催する「スタイリッシュパパコンテスト2018」の最終選考会・授賞式に、今年もお呼ばれしてきました♪

こちらが2018年度の受賞者、13名!
こちらが2018年度の受賞者、13名!

ステキなパパが、ずらり勢ぞろい!

今年で9回目となるスタイリッシュパパコンテスト。毎年応募者が増加していて、今年はなんと約1300人ほどの応募があったのだとか! そのなかからこの日は3組のファミリーが最終選考まで選ばれ、登壇していました。

まず、たくさんの応募すべてに日本の代表である深井さんが目を通し、100〜200名程度に選考。そのなかから本国やアジア・日本を含めたベビービョルンの社員たちで、ファイナリストを13名まで絞ります。さらに厳正な審査のうえ、3名に! そしてこの日の最終選考会・授賞式にて、グランプリが決定します。

ちなみに、この日決定するグランプリ(1名)には賞金10万円とベビービョルン製品、準グランプリ(2名)には賞金5万円とベビービョルン製品が贈呈されます。3名までには入らなかったファイナリストの10名のパパにも、ベビービョルン賞として賞金1万円とベビュービョルン製品が贈られます。

ファイナリスト3名はこちら。三者三様の育児が伝わるステキな写真です
ファイナリスト3名はこちら。三者三様の育児が伝わるステキな写真です

今年度、選ばれた3名はこちら。

左から、キレイなお花畑でかわいい娘さんとそっくりのポーズを決めた、内山パパ。メキシコ人で情熱的、明るい笑顔が印象的なイケメン清水パパ。北海道で農園を営む、農作業中のワイルドな姿の伊勢パパ。

選ばれた3人のパパたちは、ママからの最終スピーチで援護を受けます。ママは、普段からパパに感じている感謝の気持ちや、ベビービョルンを使ったパパとの育児についてを熱く語ってくれました。

1000人を超える応募から選ばれたのは…

清水パパは、ママが切迫早産で入院中、いろいろなベビー用品を選んできてくれたそう。おしゃれが好きでモノ選びが慎重なパパが決めたのが、ベビービョルンの抱っこひも。デザインも使い心地も抜群で、パパにビョルンを選んでもらったことを感謝していました。大変だった妊娠期間も、愛情溢れるパパの笑顔で、楽しく乗り切ることができたようです。

伊勢パパは、北海道の江丹別で牧場を営んでおり、世界一のブルーチーズ作りを夢に日々頑張っているそう。毎日のように「冒険に行くよ!」と、自然のなかをビョルン抱っこで散歩するのがパパの日課なのだとか。

内山パパは、ピンクが好きなママが、妊娠中にビョルンのデザインとカラーに一目惚れして購入。「この色だとパパは恥ずかしいかな?」と思ったそうですが、なんの抵抗なく気に入って抱っこしてくれているそう。娘さんのキュートなファッションと、パパの柔らかな雰囲気がとってもお似合いでした。

マールマールのスタイに、ピンクのビョルンでラブリーなスタイリング♡
マールマールのスタイに、ピンクのビョルンでラブリーなスタイリング♡

心あたたまるステキなプレゼンを聞いて、審査員たちが会場で投票します。その結果…、今年のグランプリは、伊勢パパに!

自らを「ブルーチーズドリーマー」と呼び、世界一のブルーチーズ作りに励んでいるパパ。パパの作ったブルーチーズは、ANAやJALの国際線ファーストクレスの機内食として提供されたこともあるんだとか! お子さんを背負って、でっかい夢を見るパパの姿をこれからも応援したくなりました♪

パパの着ているパーカーは、ブルーチーズの「青カビパーカー」だそうで、会場を沸かせていました
パパの着ているパーカーは、ブルーチーズの「青カビパーカー」だそうで、会場を沸かせていました

スタイリッシュパパコンテストは、次回で記念すべき10回目。2019年度の募集は11月スタート予定です! 公式サイトをチェックして、ビョルンでステキな抱っこひもライフを送ってくださいね♡

惜しくも準グランプリだった内山パパからは、「第二子ではグランプリを目指します!」と頼もしいスピーチも♪
惜しくも準グランプリだった内山パパからは、「第二子ではグランプリを目指します!」と頼もしいスピーチも♪
この記事を書いた人

  • 遠藤るりこ
    代官山スタイル編集長。6歳・4歳のわんぱく兄弟のママ。子どもと過ごす、楽しい毎日をたくさんお伝えできればと思います!

Products 紹介商品

Related Posts 関連記事