ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2018/9/12

《ママたちの本音トーク①》 新作抱っこひも4アイテム、徹底抱き比べ! 〜エルゴアダプト クールエアー編

毎年のように新作がリリースされる、抱っこひもやベビーカー。機能やデザインも、年々グレードアップしていきます。

今回は、抱っこひもブランドの代名詞でもあるエルゴと、ママたちから絶大な支持を得るベビービョルン、日本上陸で話題となったスリング・ミニモンキーの新作で、ベビーを抱き比べ! 生後5ヶ月のガクくん(ママ:石橋ナンシーさん)と、1歳のケーくん(ママ:根岸江里さん)にご協力してもらいました!

代官山スタイルのライターでもあるおふたりのママが本音トーク♪
代官山スタイルのライターでもあるおふたりのママが本音トーク♪

エルゴの2新作、違いはどうなの?

エルゴの現在の最新ラインナップは、大きく分けて2つ。新生児からインファントインサートなしで使用できる「ADAPT(アダプト)」と、同じくインファントインサートなしで新生児から使える最上級モデル「OMNI360(オムニ360)」です。今回は、いずれもメッシュ加工の「クールエア」を用意しました。

ーーーぱっと見、ふたつを見比べてみてどうですか?

石橋さん:我が家のお兄ちゃん(現在4歳)を出産したときに購入したのは、エルゴのベーシックモデル・オリジナル。インサートをつけないと新生児期は使えなかったので、「インサートなしで使える」という点では、どちらのモデルも大革命! エルゴの弱点はインサートだというママも多かったので、これで怖いもの知らずなのかな。

根岸さん:よりオリジナルに見た目が近いのは、アダプトかなという印象。エルゴの「しっかり安定感」は見ただけで分かるよね。

石橋さん:そうそう、やっぱりエルゴの特徴は、肉厚の肩・腰のパット。ここはしっかり厚め。長時間抱っこするなら負担が少なそうだよね。

ーーーでは、まずアダプトを着用してもらえますか?

石橋さん:まず腰ベルトをつけて、片方の肩をかけて子供を抱っこ。エルゴは全モデル通して使い方が一緒なので、迷うことがない! 子どもを抱えて両肩を通したら、首の後ろのバッグルを留める!

子どもを抱えたら、両肩を通します
子どもを抱えたら、両肩を通します
首のうしろをパチン! で、装着完了♪
首のうしろをパチン! で、装着完了♪

根岸さん:エルゴの首後ろのバッグル、髪が長いと髪の毛が挟まっちゃうという声をよく聞くなぁ。あと、子どもが大きくなると腕が後ろまで回りづらくなったり…。

石橋さん:確かにこの首後ろのバッグルは賛否両論ありそう。

後ろ姿はこんな感じ♪
後ろ姿はこんな感じ♪

ーーー赤ちゃんの抱き心地はどうでしょう?

石橋さん:ラク! うちの子はまだ生後半年(現在7キロ)だけど、大きくなってからでも負担が少なさそう

根岸さん:肩パッド、見た目もふんわり厚めだね! オリジナルよりも、しっかり感が増した気が…。大柄のパパと兼用するならこれくらいの安定感はほしいかも。

実際に抱っこして横から見ると、肩ぱっとのふんわり感が際立ちます
実際に抱っこして横から見ると、肩ぱっとのふんわり感が際立ちます

石橋さん:あと、これまでのエルゴの課題のひとつだった、赤ちゃんが寝ちゃったときの「首かっくん」も、新しい厚めのヘッド&ネックサポートで心配無用! ここ、すごくふんわりしていて、気持ち良さそうじゃない?

ヘッドサポートのふんわり感にびっくり! 首すわり前でもしっかりサポートしてくれそう
ヘッドサポートのふんわり感にびっくり! 首すわり前でもしっかりサポートしてくれそう

根岸さん:枕みたい! 赤ちゃんは抱っこで寝ることが多いから、これは絶対心地よいだろうね。安定感は、どう?

石橋さん:赤ちゃんとの密着度が高くて、いい感じ♡

ママとぴったりくっつけるから、赤ちゃんも安心!
ママとぴったりくっつけるから、赤ちゃんも安心!

ーーー成長してからも、長く使えそうでしょうか?

石橋さん:シート(座り位置)は、新生児〜3ヶ月/3ヶ月〜9ヶ月/9ヶ月〜4歳ごろ、までを目安に、マジックテープで幅を広げられる仕組み。あと、より自然な座り姿勢にするために、フロントストラップという新機能があって、これはおしり部分のスナップボタンで調整するみたい。細かく赤ちゃんのサイズに合わせられるね。

シートの幅の調整は、マジックテープで。ひとめでわかって親切!
シートの幅の調整は、マジックテープで。ひとめでわかって親切!

根岸さん:調整も簡単で、分かりやすそう!

石橋さん:おしり部分がまあるく立体裁断されていて、座りごこちもよさそうじゃない? 赤ちゃんのおしりをすっぽり支えて、包み込んでいる感じ

おしりの下には、ストラップでの調節機能も、こちらも微調整できるので、成長サイズに細かく適合する
おしりの下には、ストラップでの調節機能も、こちらも微調整できるので、成長サイズに細かく適合する

ーーーメッシュ加工はどうですか?

根岸さん:抱っこからおろすと背中が汗だく…なんてこと、よくあるよね。夏はとくに、汗やムレが気になるなぁ。背面が全面メッシュなのは、通気性が良さそう!

石橋さん:肩ベルトとか、足の部分もメッシュだよ。炎天下はきついかもしれないけど、普通の生地よりはずいぶんいいかも! 真冬以外は年中汗をかくから、夏だけじゃなくてもメッシュ加工は助かるよね。

根岸さん:わたし自身も汗かきだし、クールエアーは嬉しい機能!

背面はすべてメッシュ加工。どんな季節でも蒸れるので、通気性が良いのは一年を通して快適そう
背面はすべてメッシュ加工。どんな季節でも蒸れるので、通気性が良いのは一年を通して快適そう

ーーー対面抱っこのほか、おんぶや横抱きもスムーズにできるようです。

石橋さん:この企画のために実際数ヶ月アダプトを使ってみたんだけど、抱っこ⇄おんぶの切り替えはラクだった! 寝てしまったらおんぶにスライド、なんてこともよくあるし…。

根岸さん:落下防止のベルトがついているみたいだけど、それはどうだった?

石橋さん:あると嬉しいよね。でも正直わたしは、そんなに出番がなかったなぁ(笑)。赤ちゃんの腰回りにあらかじめ巻いて、抱っこひも本体に装着する安全ベルトなんだけど…、落下防止ベルトがなくても十分安定していたし、ヒヤリとすることはなかったよ!

赤ちゃんの腰に直接巻いて、抱っこひも本体に留める「ベビーウエストベルト」付き
赤ちゃんの腰に直接巻いて、抱っこひも本体に留める「ベビーウエストベルト」付き

ーーーパパさんが使用した感想はどうでしたか?

石橋さん:そうそう、パパに試しに抱っこも何度かしてもらったんだけど…、もともとエルゴユーザーだったから、装着は簡単だったと言っていたな。あと、肩ベルトの調整位置が変わって、調整がラクになったと言っていた。うちはよくパパにも抱っこしてもらうから、パパとママのサイズ調整がスムーズにできるかどうかは、重要なポイント!

根岸さん:なるほど〜。パパと兼用なら、アダプトがいいかもね!

どうしてもなめなめしてしまう時期には、肩ベルトにマルチカバーも必須アイテム!
どうしてもなめなめしてしまう時期には、肩ベルトにマルチカバーも必須アイテム!

次回は、エルゴの最上級モデルとされるOMNI360を試着! 前抱っこやクロス装着について、解説してもらいます♪

この記事を書いた人

  • 遠藤るりこ
    代官山スタイル編集長。6歳・4歳のわんぱく兄弟のママ。子どもと過ごす、楽しい毎日をたくさんお伝えできればと思います!

Products 紹介商品

Related Posts 関連記事