ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2018/7/2

《夏がくる前に知っておきたい》子どもの健康トラブルを回避する、夏のマストアイテム!

油断大敵! 早速あせもトラブルが…

みなさん、こんにちは。ロシアンハーフ子育てに奮闘中の室伏真由子です。関東はあっという間に梅雨明け! 毎日夏のような暑い日が続きます。

しかし、朝方はまだ肌寒い日もあって、子どもに薄手の長袖シャツを着せて寝かせると、夜中になって汗ぐっしょり…。子どもの体温調節って本当に難しい! 6月はじめには、前髪をあげると息子のおでこにプツプツとあせもが…。子どもも痒そうにしていたので、ぬり薬を塗ったり、お風呂でも肌に優しい洗顔料でこまめに洗ったりしながらケアをしました。結果、2週間もかからずに症状が消えてホッとしましたが、まだまだ夏はこれから。うっかりとしているとまた発症してしまう可能性もありますよね。毎日のお肌ケアが大事だということを思い知りました。

「これから暑くなる季節で、どんなことに注意すれば良いの?」と不安になるパパとママもいらっしゃると思うので、今回は夏に向けて注意したい子どもの健康トラブルについてご紹介します!

熱中症には、最大限の注意を!

乳幼児は体温も高めで代謝も良いので、少し動くだけで大量の汗が。この時期から夏にかけては照りつける日差しも強いので、我が家では日が傾きかける夕方に外遊びするようにしています。それでもこまめに水分補給をするようにして、温度調節や熱中症に気を付けています。

また、室内でも熱中症になる可能性があるとか。冷房はうまく活用したいですね。ぼーっとしている、しゃがみこんでいる、体が火照っている、吐き気がある…などいつもと違う様子がないか子どもの変化に注意してください。

肌着、洋服、帽子、何を着せたらいいの?

まずは、薄手で通気性がよい服装を心掛けます。我が家では、メッシュ生地の肌着を数枚買って、汗をかいたら都度着替えさせるようにしていました。汗をたくさんかくからといって薄手のTシャツ一枚だけだと、汗が冷えたときに体温を奪うことも。汗を吸った肌着を着替えさせるのがベターです。

メッシュ素材の肌着は、ローテーションで毎日数回お着替え
メッシュ素材の肌着は、ローテーションで毎日数回お着替え

また、外出時は、帽子が必需品。ネックガードといって、首の後ろまでカバーできるものだとベスト! また大きなつばがついた麦わら帽子なども良いと思います。帽子を嫌がる子も多いと思いますが、我が家では室内でもたまに帽子をかぶせて慣れさせていたら、2歳になる頃には出かけるときには自分から帽子をかぶるようになりました。あご下で結べる紐やゴム付きの帽子だと、すぐ取れることがないので重宝します。

ショッピングで屋内に入るときは、冷房が強くきいている場合があるので、冷えないようにレッグウォーマーやはおれるものを携帯すると安心です。

軽くて通気性がよく、UV加工生地の帽子がベスト!
軽くて通気性がよく、UV加工生地の帽子がベスト!

虫刺されは、肌トラブルのもと

我が家の夏の天敵といえば、虫刺され。強い痒みを伴うことが多く、息子も我慢できずにかいてしまい、かさぶたをいくつも作ってしまうことも…。まずは蚊に刺されないように予防をなるべく万全にしています。我が家で外出時に使うおススメのアイテムは、下記の3つ。

①定番の虫除けスプレー

私が子どものころは、ツーンとした香りの強い虫除けスプレーも多く、玄関先でドアを開けずにシューっと噴射すると、咳込んでしまうほどでした。しかし、最近の虫除けスプレーは、スプレーというより化粧水のような液状のものもあり、手のひらでしっかりと肌に伸ばせます。匂いがありませんので首などの顔回りも含めて、親子で愛用しています。

②虫除けブレスレット

虫の嫌がる天然レモンユーカリオイルが配合されています。プーさんと仲間たちの顔の形をしていたり、雲やはちみつ壺のデザインがカラフルで可愛いアイテムです。手首や足首に通すだけなので簡単です。こちらは蚊に特化した商品ではないため、心配な方は蚊に効く他の製品と併用すると良いと思います。

③シールタイプの虫除け

天然ハーブの精油が配合されていて、洋服やベビーカーなどに貼れるステッカーです。はじめのうちは、ベビーが気になってはがしてしまう可能性もありますので、帽子に貼ったり、洋服の背中側に貼ったりすれば◎

スプレー、ブレスレット、シールの3つで、完全防備!
スプレー、ブレスレット、シールの3つで、完全防備!

万が一、蚊に刺されてしまった時に使っているケア用品は、レスタミンのパウダークリーム。パウダークリームは、ムヒのようにスーっとした感じが無くしみることが無いので、顔周りにも安心して塗布できます。

しみることがないので、子どもも嫌がらずにつけさせてくれます
しみることがないので、子どもも嫌がらずにつけさせてくれます

子どもにも使用できる日焼け止め!

夏といえば紫外線による日焼けにも注意が必要。過度な日焼けは、やけどや肌の乾燥を招き、夏が過ぎたあとに来る冬には肌ダメージを深刻化させる恐れがあります。外出時の日焼け対策として色々なUVアイテムを使用しているのでご紹介します。

①日焼け止めのUVジェル

こちらは乳液のように良く伸びて肌馴染みも良いので、塗った後のゴワゴワして乾燥する感じが全くありません。私も子どもと一緒にボディ用で使っています。ポンプ型なので玄関先に置いて、家を出る直前に何回かプッシュして気軽にサッと塗ることができます。

②アトピタのUVクリーム

アトピー持ちなどの敏感肌にも使用でき、顔に塗るときはこちらを使います。テクスチャーとしては少し固めですが、これを塗って帽子を被れば日焼け知らず! 息子のニコライも、手足はうっかりと日焼けしてしまうものの、顔の日焼けはこれで死守しています。

③UVガードスプレー

夏の日焼け防止&クールアイテムとして紹介されていて、気になって購入した本商品。スプレータイプの日焼けどめで、噴射するとひんやりしていてとっても気持ちが良い! 部活で突き指、捻挫した後に活躍していたアイシングスプレーのような感覚。上腕から手の甲まで、一気にシューっとスプレーして、あとは少し手のひらで伸ばしてあげれば、爽快感が全体に広がります。

我が家の日焼け止め3兄弟はこちら。テクスチャーを重視しています
我が家の日焼け止め3兄弟はこちら。テクスチャーを重視しています

これからどんどん熱くなるので、子どもの体調にはしっかりと注意を向けていきたいですね。薬局などの店頭にも、夏に向けたケアアイテムが沢山出ているので、ベビー・キッズのためにも色々とリサーチしてみてください!

この記事を書いた人

  • 室伏真由子
    ロシアンハーフ男児の子育てに奮闘中。ワーキングママ目線で、家事の便利グッズやパパが使いたくなるおもしろいアイテムを使っていきたいです!

Products 紹介商品

Related Posts 関連記事