ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2016/2/2

主役は子ども……でもやっぱり気になる! 入園式のママファッション♪

式直前に慌てないため、今から考えはじめよう♪

子どもの入園準備に追われて後回しになりがちなママのファッション。直前になって焦らないために、スタイルのバリエーションをご紹介します♪
子どもの入園準備に追われて後回しになりがちなママのファッション。直前になって焦らないために、スタイルのバリエーションをご紹介します♪

無事入園が決まったお子さんたちは、そろそろオリエンが始まっている頃でしょうか。これからの時期は、子どもの入園準備品の用意に追われてしまうため、ママの入園式スタイルを考えるのって後回しになりがちです。

かくいう私も長男の時は、式直前に慌てて用意した服で出席し、「なんか違うかも…」と感じた一人。もっと、園や式の雰囲気、自分のスタイルに合うものをじっくり考えれば良かった……

そこで、息子たちの幼稚園(のびのび系の私立幼稚園)で、2回の入園式を経験した私が観察(?)した、ママの入園式スタイルのバリエをご紹介。ぜひ、ご自身のスタイルを決める参考にしてみてください。

やっぱり定番は上下セットスーツ

やはり式典ということを意識してか、半数のママたちがカチっと決まるスーツを着用。ボトムは、スカートが多めで、パンツ派は少数でした。

色は、長男の時は、ホワイトやベージュ、薄ピンクなどの明るい色味が半分、グレーやネイビー、ブラックなどのダークな色味が半分という具合。2年後の次男の時は、明るい色味のママさんが若干増えたような印象でした。

もちろんダーク系のママたちも、上下真っ黒のお葬式スタイルではなく、インナーやアクセ、コサージュなどを明るい色合いにし、華やかなスタイルに。小物使いって重要なんだな~と思ったものです。

女性らしいワンピースに、ジャケットorボレロを羽織って

次に多かったのは、ワンピースの上に羽織もの、というスタイル。立ったり座ったりがラクなようで、産後すぐの方や、下の子を抱っこしつつ参加の方に多かったですね。

中でも多く見かけたのは、黒系ワンピース+白系ジャケットという組み合わせ。スーツでも言えますが、ジャケットの形は、テーラードだとビシッと、ノーカラーだと柔らかい印象を受けたので、自分のなりたいスタイルを考える上でキーポイントになりそうです。

ボレロやカーディガンなどの方も、アクセやコサージュで上品な着こなしになっていて、よほど厳格な式でない限りはOKなんじゃないかな~と思いました。

ここ一番のお着物!

長男の式の時は、お着物のママさんもいらっしゃいました。私は和装に明るくないので、入園式に着物を着て行くという発想がなかったのですが、実際にその姿を見ると、凛としていて、とても素敵! 印象に残ったので、後日それをネタに話しかけてしまうほど(笑)。

その方は、シックな色合いの訪問着+華やかな帯という組み合わせ。式に着て行くなら、やはりそういった落ち着いたものか、春らしい色合いの訪問着なのでしょうね。

下の子がいらっしゃらないorパパも出席するから余裕がある、という和装好きママさんには、ぜひお着物での出席も検討していただきたいです!

個性派スタイルいろいろ

その他、私が出席した式では、

・花柄ワンピース+同系色ジャケット(ネイビー)

・パンツスーツ+アクセントに大判スカーフ

・ツイードのセットアップ(ジャケットではなくプルオーバータイプのトップス)

など、さまざまなスタイルのママさんがいました。

ただ、どのママさんも悪目立ちする感じではなく、自分のオシャレを上手に楽しんでいる感じ。年齢やスタイルなどもいろいろ考えてしまいますが、要は本人に似合っていて、式の雰囲気を壊さない上品さがあれば、細かな決まりはないのがママのスタイルなのだと思いました。

もちろん言うまでもなく、入園式は子どもが主役! でも、お気に入りのファッションで出席できれば、ママは笑顔になれるし、それを見た子どもも嬉しいはず♪ ぜひ自分らしい入園式スタイルを見つけてくださいね。

この記事を書いた人

  • 横山香織
    フリーライター。パワフル三兄弟持ち。超絶イクメンの旦那さんのおかげで、趣味のライブや音楽イベント、お酒の場へ、少しずつ復帰しつつあります!

Related Posts 関連記事