ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2016/1/13

ちょっとお持たせにもGOOD! 親子&友達とバスボムづくりをしてみませんか♪

バスボムって案外簡単にできちゃうんです!

毎日のバスタイムが楽しくなるバスボム、親子で作ってみませんか?
毎日のバスタイムが楽しくなるバスボム、親子で作ってみませんか?

お風呂に入れるとシュワシュワ~っとなって、子どもも大喜びするバスボム。実はコレ、めっちゃくちゃ簡単に作れてしまうのです。泥遊びでおだんごが作れる子なら制作可能

しかも、ドラッグストアや100圴で簡単に揃えられ、肌の弱い子どもにも安心して使える成分です。ウチのアトピー息子も、このシュワシュワバスボムが大好き♪

また、子どものお友達が家に遊びに来た時にレクリエーションとして行うと、帰りがけのお土産にもなります♪ その後、ママ友などから「どうしたの~? 子どもが作ったって言ってたけど!」みたいな話題のきっかけにもなるので、本当オススメ♪

【基本のバスボムの作り方】

=材料=

重曹…………………100g

クエン酸……………50g

コーンスターチ……50g

キャリアオイル……小さじ1

<型>

丸く固まる製氷器、プリンの型、カップケーキなどのシリコン型など

※キャリアオイルはホホバオイルやオリーブオイルなど何でもOK! なくても作れます。キャリアオイルを入れるとしっとりします。

※コーンスターチは片栗粉でもOK

※重曹:クエン酸:コーンスターチ=2:1:1の分量が作りやすいです。

=作り方=

①材料を全てボールの中に入れて混ぜます。混ぜているとしっとりした感じになってきます。

②しっとりしてきたら型に入れます。1~3日くらいおくとカチカチになります。

材料をすべて入れたらまぜまぜ。お料理しているみたいな感覚です
材料をすべて入れたらまぜまぜ。お料理しているみたいな感覚です
型に入れて成形します。家の中で粘土遊びしているみたいで楽しい!
型に入れて成形します。家の中で粘土遊びしているみたいで楽しい!

子どもが喜ぶアレンジ① ~色をつけてみよう~

基本のバスボムだと、見た目は真っ白。お風呂に入れたら無色透明。香りもないので、つまんなーい! …というコトで、まずは、色をつけてみましょう。

アマゾンやスーパーなどでも売っている「食用色素」が簡単です。ベニコウジやビート、紫芋など天然由来の食用色素がありますので、こちらを使うと安心です。

また、抹茶パウダーやココアなどを入れても楽しいです。例えば、ココアで色をつけるなら、キャリアオイルをココナッツオイルにしたり、バニラエッセンスをいれたりすると、甘くて美味しそうな香りが楽しめます。

このように組み合わせ次第で、色々楽しめるのがバスボムづくりの楽しいところ!

※精油を使う際は、1歳以上の子どもが使う場合にしましょう。

※精油を混ぜる際は、必ず、一度、キャリアオイルに混ぜてから重曹などに加えます。

※色をつけた場合、お風呂の残り湯を洗濯物に使うのは避けたほうが良いです!

子どもが喜ぶアレンジ② ~色付き岩塩などを入れてみよう~

岩塩に食用色素などをまぶすと、簡単に着色できます。これをパラパラと入れると、見た目がかなりかわいくなります!

他にも、アラザンやコンペイ糖、小さなハート型の砂糖を入れたりしても楽しいです。製菓店に行くと、ついつい「あ、これ、バズボムに使えそう!」などと、別の見方をしてしまうようになります(笑)。

また、ハーブを入れることをオススメしている作り方もありますが、私の経験上、掃除が大変ですし、肌にハーブがくっつくのを嫌がる子どももいます。このあたりは、ママや子どもの性格などで判断すると良いかもしれません!

子どもが喜ぶアレンジ③ ~香りをつけてみよう~

出来上がりがこちら。小さなアラザンなどをトッピング。使うのがもったいないくらい可愛い♡
出来上がりがこちら。小さなアラザンなどをトッピング。使うのがもったいないくらい可愛い♡

そしてなんといってもお楽しみなのは香り!

精油が最も簡単ですが、実は1歳以下の赤ちゃんにはあまり使わない方が良かったり、7歳未満の子どもには使えない精油があったりします。また、使う量も制限されているため、計算も面倒です。

そのため、案外便利なのが「製菓用のエッセンス」。しかも、子どもウケがバツグンです。バニラエッセンス、ストロベリーエッセンス、バナナエッセンスあたりが子ども心をくすぐります。

ぜひ、製菓店の棚をチェックしてみてください♪ バスボムづくりにもピッタリな、香りやアレンジ素材が見つかります(笑)!

おかし作りのようで楽しいバスボム作り。毎日のバスタイムが一層楽しくなるはずです♡

この記事を書いた人

  • 中山美里
    大人の女性のラブメディア「JESSIE」編集長。16歳&3歳(♂)、1歳(♀)の子持ち。男の子2人の後の娘の誕生で、キュートな女の子な洋服やグッズに胸をときめかせる日々。

Related Posts 関連記事