ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2018/6/6

《本格的な梅雨到来!》梅雨入りしたら気をつけたい、食中毒と熱中症の対策あれこれ

あっという間に6月になりましたね。

地域によっても梅雨入りもして、気温や湿度も高くなって、じめじめした天気が続くと食中毒が多発する季節です。買い物の時に気をつけたり、自宅での食材の保存方法などを再確認しましょう。また、これからの季節は熱中症にも気をつけたいもの。蒸し蒸ししたこの季節、熱中症にかかる可能性はゼロではありません。

高温多湿の日本の梅雨。健康に過ごすために、食中毒や熱中症に注意しましょう
高温多湿の日本の梅雨。健康に過ごすために、食中毒や熱中症に注意しましょう

今からできる、食中毒予防方法は?

こまめな手洗いや食品をしっかり洗うなど、ちょっと注意することで予防ができるので、是非ご家庭でも以下のことに注意してみてください。我が家の子どもたちはビオレの「あわあわてあらい」動画をみて、歌いながら上手に手洗いをしています。

子どもには、手洗いの徹底を! 楽しくしっかり手洗いを習慣化したいですね♪
子どもには、手洗いの徹底を! 楽しくしっかり手洗いを習慣化したいですね♪

・買い物の時

◽︎鮮度チェックをしっかり

◽︎消費期限も必ずチェック

◽︎肉、魚はそれぞれ分けて包む

◽︎寄り道しないでまっすぐ帰る

・家庭では

◽︎冷蔵庫は10℃以下を維持する

◽︎冷蔵庫のつめすぎに注意!

◽︎冷凍庫は空気を抜いて冷凍用の袋に入れて、縦収納がオススメ

◽︎食材を長時間室温に放置しない

◽︎台所は常に清潔に(洗い物を溜め込まない)

◽︎調理器具の洗浄、消毒はこまめに

◽︎調理器具は食材に別に分けて使用する(野菜はキッチンペーパー+ラップで包むと長持ち)

◽︎加熱は充分に

◽︎残った食品は小分けにして、早く冷ます

◽︎時間がたちすぎたり、怪しいと思ったら捨てる

離乳食時期のベビーを持つママは、食材の管理や調理法、保存の仕方などに、再度気を配ってみて。食器洗いには、さとうきびと椰子から抽出した植物油由来のアミノ酸系洗浄剤・ベッタの「シュガーウォッシュ」がオススメ! 哺乳びんはもちろん、赤ちゃんの食器洗いにも安心して使える、やさしい洗剤です。

家族にも環境にもやさしい食器用洗剤なら、安心して使えます♪
家族にも環境にもやさしい食器用洗剤なら、安心して使えます♪

知っておきたい、食中毒を引き起こすさまざまな菌たち

腸管出血性大腸菌0157

感染力が強く、少量の菌で感染してしまいます。潜伏期間が長く、感染が周囲に広がる可能性があるので注意。主な原因となる食品は食肉や発芽野菜などです。

サルモネラ菌

自然界に広分布している菌で、身近なペットや家畜もこの菌を持っています。低温や乾燥に強く、熱には弱いのでよく火を通すことが大切です。中毒になると、急性胃腸炎を起こしてしまいます。主な原因となる食品は食肉、卵などです。

腸炎ビブリオ食中毒

海水や海中の泥に潜み、夏に集中発生します。熱に弱く高温、低温になると繁殖が鈍ります。真水には弱いので、よく洗ってしっかり火を通しましょう。主な原因となる食品は魚介類などです。

熱中症は、日々の予防が大切!

子どもは体温を調節する機能が大人に比べて未発達なので、上手く汗をかけなかったりします。また、全身に占める水分の割合は大人よりも高いため、外気温の影響を受けやすくなります。

特に乳幼児は熱中症にかかりやすいので注意が必要です。こまめに日陰で休憩し、水分補給をさせてあげてくださいね。小さな子はおしっこの量や回数にも気をつけてあげましょう。

強い日差しの影響は直射日光よりも、地表のアスファルト等の照り返しの方が強いので(夏のアスファルトは60℃近くにもなる場合が)、ベビーカーを日向に長時間置くのはNG! 数分の立ち話しでも気をつけて!!

ベビーカーは地表から近いので、照り返しの影響はあっという間に赤ちゃんに襲いかかっています。ガーゼケットなどをかけて日差しから守ってあげましょう。特にマンホールの上は要注意! 強い日差しで鉄板が危険なほど温度になっています。万が一赤ちゃんが落ちてしまったら…ヤケドだけでは済まない場合も。移動中もできるだけマンホールの上は避けて通りましょうね。

ベビーカーは熱がこもりやすいもの。メッシュ加工や座面の高いものがベストです
ベビーカーは熱がこもりやすいもの。メッシュ加工や座面の高いものがベストです

湿度の高い季節を快適に、そして健康に乗り切るために、食中毒と熱中症対策に気に配ってみてくださいね♪

参考:「 あわあわてあらい

この記事を書いた人

  • 石橋ナンシー
    男女男・3人子持ちのママ。美容部員&アクセサリーのhand maid shopも手がけていて、美容&オシャレが大好き♡

Products 紹介商品

Related Posts 関連記事