ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2018/5/8

《お宮参りのすべて!》赤ちゃんの持ち物、ママのケアなど…やってよかったこと&やっておくとよかったこと

出産後初めての外での行事、お宮参り。

お宮参りを迎えられることに嬉しさを感じる反面、長時間外出して赤ちゃんの体調は大丈夫?赤ちゃんの授乳はどうするの?おっぱいが張らない?!などママにとってドキドキなこともたくさんですよね。今回は、わが家のお宮参りについてレポートしたいと思います。みなさんの参考にしていただけることがあればうれしいです!

赤ちゃんにとって初めての大切な行事、お宮参り。滞りなく、記念に残る1日になると良いですね♪
赤ちゃんにとって初めての大切な行事、お宮参り。滞りなく、記念に残る1日になると良いですね♪

①お宮参りってどんなもの?

お宮参りとは、その土地の守り神に赤ちゃんが無事に生まれたことを報告し、今後の成長を祈念するための行事です。

▶︎日どりは?

地方により、お宮参りの時期をいつ行うかは様々ですが、一般的には「男の子では生後31・32日目」「女の子では32・33日目」が良いとされています。目安は産後1ヶ月ですが、最近では参拝時期にこだわるよりも、赤ちゃんとママの体調や天気をみながら日取りを決めることが多いようです。

▶︎参加者は?

昔のお宮参りは、赤ちゃん・父親・父方の祖父母だけで行い、赤ちゃんを抱っこするのは父方の祖母というのが習わしでした。それは、お宮参りには出産の「けがれを祓う、忌明け」という意味があり、母親はまだ忌明けがすんでいないという考えに基づくもの。

しかし、お宮参りの儀式自体も簡略化されており、習わしにこだわる必要もなくなってきています。現代では、赤ちゃん、両親、父方と母方の両祖父母が参加して行うのが一般的なスタイル。母方祖母やママが抱っこしても問題ありません。

▶︎服装は?

お宮参りの赤ちゃんの衣装は、和装の場合、白羽二重の着物を着せた上から、紋付きの祝い着をかける形が正式な服装です。最近は、白いベビードレスの上に祝い着をかける着せ方が主流に。

付き添いの家族の服装は、赤ちゃんの服装に合わせるのが基本。赤ちゃんに祝い着をかけるのなら、紋付の礼装、無地の着物や訪問着といった略礼装、赤ちゃんがベビードレスなら、スーツやワンピースの洋装にします。

最近は、赤ちゃんが和装でも付き添いの家族は洋装で参加する人が多くみられます。実際、お宮参り当日に見かけたご家族は、スーツ姿の両親が和装の赤ちゃんを抱っこしていたり、ご祈祷中ママが祝い着をかけた赤ちゃんを抱っこしていたりと様々でした。

家族の服装も相談して揃えておくと、良い記念になります♪
家族の服装も相談して揃えておくと、良い記念になります♪

▶︎初穂料は?

お宮参りの祈祷料のことは、初穂料(はつほりょう)や玉串料(たまぐしりょう)と呼びます。もし値段の設定が無い場合は任意のお金を包みますが、5000円から1万円ぐらいが一般的な金額の目安です。

②当日までの準備は?

生後間もない時期の行事ではありますが、しっかりした下調べや準備も大事。ママも産後なので、パパをはじめ、家族などからの協力もお願いできればいいですね。

▶︎両家の両親に相談

お宮参りの場所だけでなく、赤ちゃんや家族の当日の服装はどうするか、会食や写真撮りはどうするか、を両親と義両親に相談しながら、夫婦で決めました。 事前に相談しておくと、当日イメージと違った、ということもなくスムーズにお参りができて良かったと思います。

我が家は、結婚式を挙げた明治神宮に決めました。両親、義両親が参加、赤ちゃんは和装で私の両親が用意、女性陣は和装、男性陣はスーツに。写真撮りや会食もすることにしました。

▶︎会場の下調べ

当日の流れをイメージするために、会場に問い合わせて以下の内容を確認しておきました。

・駐車場の確認

荷物を持ち、和装で長距離を歩くのはかなり大変。会場に一番近い駐車場や駐車場から会場までの所要時間を確認しておくと安心です。

・荷物を預けておく場所はあるか

当日は赤ちゃんの荷物や女性陣の着替えなど荷物がたくさん。コインロッカーやクロークなど、荷物を預けておける場所があるとかなり助かります。明治神宮はコインロッカーがあったので、預けることに。スーツケースが入る大きさのものも完備されていました。

大きなロッカー完備でとても助かりました
大きなロッカー完備でとても助かりました

・授乳室、オムツ替えスペース、更衣室があるか

明治神宮では、授乳室、オムツ替えスペース、更衣室すべて完備されていました。授乳室がない場合は、車内での授乳やミルクで代用もいいかもしれません。

明治神宮には、きちんとした授乳スペースも
明治神宮には、きちんとした授乳スペースも

・祈祷予約の必要の有無やタイムスケジュール

明治神宮は祈祷予約の必要はなく、当日現地で申し込みでした。

・写真やレストランの予約有無

写真は当日申し込みでOK。会食は神宮内のレストランでアラカルト予約しました。

▶︎ヘアセットや着付けの予約

神宮近くの美容室も考えましたが、予約時間が読みづらいこと、駐車スペースが空いてるか心配だったことから、実家近くの美容院を予約しました。

▶︎母乳外来予約

和装だとおっぱいをかなり圧迫することに。もともと産後1ヶ月くらいはおっぱいの出が不安定で母乳外来を利用していたので、ケアのためにお宮参り後も予約しておきました。

③赤ちゃんの荷物準備は、こんなもの

初めての大掛かりな行事なので、備えあれば憂いなし。いろいろ想定して、多めに持参しました。

・ミルク、哺乳瓶、お湯

私は混合なので持参しました。外出時は粉ではなくキューブタイプのミルクだと便利♪ 哺乳瓶は、写真撮りの際、スタッフの方の提案で赤ちゃんをあやすアイテムとしても使いました。お湯は神社によっては用意されていることもあるので神社に確認してみてもいいかもしれません。明治神宮は用意がありました。

授乳スペース内に、ミルク用のお湯が出るサーバーも!
授乳スペース内に、ミルク用のお湯が出るサーバーも!

・赤ちゃんの着替え

・オムツ、おしりふき、使用済みオムツ袋

・おくるみやバスタオル

赤ちゃんを寝かすときに敷いたりかけたり何かと便利です。

私は持って行きませんでしたが、授乳室がない場合は授乳ケープも必要だと思います。

④当日はこんな流れでした

朝からドキドキの1日。実際の流れはこんな感じでした。

・8:00授乳後、実家の近所でヘアセット&着付け

産後1ヶ月半は実家に滞在していたので、赤ちゃんは私の父親に見てもらっていました。

・10:00実家から車で出発

・11:00明治神宮到着 主人、義両親と待ち合わせ、ロッカーに荷物を預ける

・11:30お宮参り ご祈祷

・12:15写真撮り

・13:00更衣室で女性陣着替え

男性陣には赤ちゃんを抱っこして座って待っていてもらいました

・13:30授乳

・14:00会食

ベビーベッドがあり寝かせておけてよかったです。

・16:00解散

赤ちゃんにとっても、長い1日に。ある程度のスケジュールは決めておいた方が◎
赤ちゃんにとっても、長い1日に。ある程度のスケジュールは決めておいた方が◎

⑤やってよかったこと、やっておくとよかったこと

ママの服装は、記念になる和装でよかった!

授乳やおっぱいの張りが心配で和装を迷ったのですが、終わってみると記念になってよかったかなと思います。途中で洋服に着替えられたのはかなり楽でした!

タイムスケジュールは余裕をもって

赤ちゃんの様子や会場の混み具合によってなかなか時間通りにはいかないもの。時間の余裕を持ったタイムスケジュールで予約をしたり、「だいたいこの位の時間」と予定を考えておくことで、当日焦りすぎずにすみました。

記念になる写真は、撮り忘れのないように!

実は写真撮り時、赤ちゃんはお腹が空いているところに無理矢理起こされて、ギャン泣きに! そんなこともあったと今では良い思い出ですが、写真撮りの前にミルクをあげてご機嫌にしてあげられるとよかったなぁと思いました。また、当日予定をこなすことに気持ちがいってしまい、祝い着をかけた状態の赤ちゃんと夫婦で携帯写真を撮ることをうっかり忘れてしまいました。撮っておくと記念になったかなと思いますが、そんなトラブルも今はいい思い出です。

赤ちゃんの成長はあっという間。今しか残せない、とっておきの写真をたくさんおさえておいてくださいね♡
赤ちゃんの成長はあっという間。今しか残せない、とっておきの写真をたくさんおさえておいてくださいね♡

赤ちゃんの一生に一度の行事、お宮参り。

事前に準備することで、当日少しでも気持ちの余裕を持って、安心して赤ちゃんの健やかな成長をお参りしましょう♡ くれぐれも赤ちゃんとママの体調を第一優先に考えてくださいね!

この記事を書いた人

  • 権藤恵実子
    2017年末に女の子を出産。趣味はダンスとランニング。娘との今の時間を大切にしながら、自分の好きなことも大切にしていきたいと思っています♡

Related Posts 関連記事