ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2018/4/2

《0~2歳は予防接種ラッシュ!》もう一度おさらいしたい、予防接種の基礎知識とQ&A

生後2ヶ月から始まる、怒涛の予防接種ラッシュ。予防接種は、怖い病気から赤ちゃんを守ってくれる大切なイベントです。でも、初めてのママは「予防接種って全部受けなきゃいけないの?」「同時接種は何本までしても大丈夫?」「いくらかかるの?」など疑問だらけですよね。

今回は、予防接種についての基礎知識や持ち物など知っておきたいポイントをまとめました。

初めての予防接種は、子どもにとってはもちろん、ママにとってもドキドキ
初めての予防接種は、子どもにとってはもちろん、ママにとってもドキドキ

スムーズな予防接種は、万全な準備から

予防接種の日は、病院に着いてから慌てたり、困ったりすることがないように、しっかり準備をしておくのがカギ。

飲むタイプのワクチンだと1時間前に授乳し、接種後も1時間は授乳できないので、受診前にお家で済ませましょう。

持ち物は最小限に、でも◯◯◯◯は忘れずに!

☑︎母子手帳

予防接種のとき必ず必要になります。

※震災に備えて、予防接種のページはコピーをとって置き、防災グッズのなかにいれておくと良いでしょう。

☑︎健康保険証・子ども医療費助成受給券

常に母子手帳とセットで持ちましょう。

☑︎接種予診票

生後2ヶ月になる前に、ご住まいの市から接種予診票や予診票に記載する「接種者コード」など予防接種に関する書類が送付されます。

予約表の問診にあらかじめ記入しておきます。体温は、接種する直前に測ります
予約表の問診にあらかじめ記入しておきます。体温は、接種する直前に測ります

☑︎オムツ・おしりふきと、着替えセット

おしっこやうんちが漏れたりすることもあるので、予備の着替えやオムツは必須。オムツは少し多めにもっていきましょう。

☑︎おくるみ

病院によっては、オムツ一丁で待ち時間を過ごす場合もあります。また、BCG接種後は上半身ぬいだまま乾燥を待つので、赤ちゃんを包んであげるおくるみがあると便利! おくるみは本当に色々なシーンで活躍するので、赤ちゃんとのおでかけでは定番アイテム。忘れずに持って行きましょう!

備えあれば憂いなしですが、あれもこれもとママの荷物が増えてしまうと、身動きが取れず大変なことに。待合室や診察室間の移動も多々あります。必要なもの以外の荷物は少なくし、両手があくリュックタイプや斜めがけタイプのカバンがオススメです。

服は、接種しやすいタイプのものを

服装はノースリーブやスナップボタンタイプの、前が全開になるロンパースが◎

脱ぎ着させやすい、前開きタイプの服を。病院内は温度調節されているので、厚着のさせすぎはNG
脱ぎ着させやすい、前開きタイプの服を。病院内は温度調節されているので、厚着のさせすぎはNG

かぶるタイプのロンパースなどは接種時に脱がせるのに大変なので避けたほうがベター。冬場でも病院内は暖房が効いていて暖かったりするので、温度調節の難しい足付ロンパースも避けた方が良いでしょう。

前開きのロンパースなら、前ボタン全開すれば聴診器をあてるのも、腕も脱ぎやすいので接種も問題なくスムーズにできます。春秋ならノースリーブ+カーディガンとかもありです!

知っておこう! 予防接種の基礎知識

予防接種は生後2ヶ月から就学前までたくさん受けますが、その大半は1歳半ごろまでに集中しています。1歳半までに接種するワクチンは、なんと約9種類で22回以上だとか。だから、予防接種のスケジュールはしっかり立てて管理しましょう。

①予防接種の制度は2種類

【定期接種】

定期接種とは、国や自治体からできるだけ受けるようにするべきと法律で定められた予防接種です。基本、無料で受けることができますが、規定の年齢を過ぎると有料になってしまうので注意しましょう。

【任意接種】

勧められてるけれど、希望者が自己負担で受ける予防接種。国からの助成はないですが、自治体によっては補助金が出る場合や、医療機関によっても費用が異なりますので確認しましょう。

②ワクチンにも、色々な種類が

【生ワクチン】

生きた病原体の毒性を弱めて接種し、免疫をつけるワクチン。別のワクチン接種までの間隔が27日間(4週間)と長め。

【不活化ワクチン】

病原体から必要な成分を取り出して接種するワクチン。十分な免疫をつくるため、数回繰り返し接種する必要があります。ワクチンによって接種回数が決まっていますので要チェック。別のワクチン接種までは中6日(1週間)以上とされています。

予防接種のQ&A

初めての予防接種のとき、わたしが不安になったことにお答えします。

・Q1予防接種って全部受けなきゃいけないの?

定期接種は受けさせるように努める義務があります。「受け忘れた!」なんてことにならないように予防接種をいつ受けるのか、スケジュールを組みましょう。任意接種は副反応や感染した場合のリスクなどできる範囲で情報を収集し、気になることは信頼できるかかりつけのお医者さんや、保健センターの保健師さんに相談して、納得した上で受けるかを決めましょう。

予防接種は予約が思うように取れなかったり、その病気の流行りなどでワクチン不足になることもあるので、早めに予約をするのがおススメです。

・Q2同時接種は何本までしても大丈夫なの?

2種類以上のワクチンを同時に接種する「同時接種」。本数制限はなく、どの組み合わせでも大丈夫だそうです。「保育園に入園させるから、早めに免疫力をつけたい」と同時接種するママもいます。

同時接種すると受診回数を減らせるのがメリットですが、完了までにかかる期間は、単独接種とあんまり変わらないようです。ごく稀に、先天的な病気で赤ちゃんの体に負担をかけたくない場合など、医師の判断で本数を減らしたり、単独接種する場合もあるようです。

・Q3任意接種はいくらかかるの?

自己負担が原則の任意接種は、住んでる市区町村によって様々なようですが、だいたいの金額はこちら↓

ロタウィルス…約2万3千円

おたふくかぜ…約6千円

インフルエンザ…約5千円

予約する際にいくらかかるのか、医療機関に確認してみてください。医療機関によって金額が異なるので、地域のママ友たちからの情報も貴重です!

健やかに大きくなるために、ベビーの予防接種は大切です
健やかに大きくなるために、ベビーの予防接種は大切です

予防接種に関する助成や内容は、日々変化していきます。基礎知識やワクチンの種類などをしっかり理解し、納得した上でスケジュールをたて、病気から赤ちゃんを守ってあげましょう。

この記事を書いた人

  • 石橋ナンシー
    男女男・3人子持ちのママ。美容部員&アクセサリーのhand maid shopも手がけていて、美容&オシャレが大好き♡

Products 紹介商品

Related Posts 関連記事