ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2016/1/3

ベビーキャリー選び! 私がboba wrapに決めたワケ

たくさんの抱っこひものなかから…

赤ちゃんとくっつく安心感は、何にも代えがたい気持ちです。おしゃれな柄もたくさんあり、洋服を選ぶ感覚です!
赤ちゃんとくっつく安心感は、何にも代えがたい気持ちです。おしゃれな柄もたくさんあり、洋服を選ぶ感覚です!

数ある抱っこ紐の中から私が選んだのは、1枚生地を身体に密着させて巻くだけのboba wrapです。 選んだ決め手は、新生児から使えることに加えて、人とは少し違ったおしゃれ感! 新生児から今まで、5ヶ月使用したレポートをお伝えします!

① 新生児から使えます!

新生児の頃は家からあまり出ないか、抱っこ紐は使わないかなーなんて思っていた私。ですが、 我が子は退院してからも黄疸が強く、眠り姫でおっぱいをなかなかのまなかったため、黄疸の数値の確認とおっぱい指導に4回ほど産院へ通いました。

そんな時に活躍したのが、boba wrap。私よりも、赤ちゃんが安心した様子で包まれていたのが印象的です。

② 夏は暑い?対策は?

結論から言うと、夏は暑い!ですが、どの抱っこ紐を使っても夏は暑い!笑

夏の時期は、我が子もまだ2〜3ヶ月だったので外出も多くなく、涼しい時間帯の朝と夕方のお散歩以外は、抱っこ紐はあまり使用しませんでした。

赤ちゃんも私も薄着をして、boba wrapを着用。涼しい時間帯であれば、そこまで暑さは気にならなかったです!

暑さ対策として、「赤ちゃん用の保冷剤を使用する」との口コミもありましたが、冷えすぎるのではないかと心配で使用しませんでした。

さすがに昼間の時間帯は、赤ちゃんと密着するため、汗だくに…。昼間の時間帯にどうしても出掛ける用事があるときは、抱っこ紐でなくベビーカーでの外出に。べビーカーは、こちらも新生児から使えるコンビ ディアクラッセ オート4キャス エッグショックのベビーカーを使用していました。

③ 冬は逆にあったかい!アウターは着られる?

本格的な冬がやって来た今、我が子はもうすぐ6ヶ月に。お出かけする機会も増えて、boba wrapは大活躍しています。

何よりも赤ちゃんと密着しているのであったか〜い! でも、気になるのは、アウターは着れるのかどうか。

夏同様、薄手の洋服にboba wrapを着用し、そのうえから厚手のものを重ね着しています。boba wraの生地は、しっかりとした厚めのものですが、体に巻きつけるとそこまでかさばらないので、なんなくアウターを着ることができます。

ただ、腰の部分に結び目ができるので、体のラインが出るようなタイトなコートなどのアウターは不向きかもしれません。

④ メリットデメリットをまとめました!

「装着が難しそう」という声もありますが、一度覚えたら、案外かんたんに装着できるようになります!
「装着が難しそう」という声もありますが、一度覚えたら、案外かんたんに装着できるようになります!

《メリット》

①赤ちゃんと密着できるため、フィット感、安心感がある。

②肩や腰に重さが分散されるため、重さを感じにくく疲れにくく、長時間でも楽に抱っこが出来る。

③一枚の布で高い位置に頭がくるので、子供の視野が広がる。

④持ち運びに便利でかさばらない。

⑤細身、ぽっちゃり、背丈男性女性どんな体型の人にもフィットする。

⑥ベビーウェアリングと言って、ママの胸の位置で抱っこする事で赤ちゃんの心が最も安心し、病気になりにくいとされている。

《デメリット》

①布を巻くのに、練習が必要。

②よだれパッドなどが装着できない。

③布が長いので外での装着が大変。

④夏は、ほかの抱っこ紐より暑く感じる。

大きくなって感じること。boba wrapは長時間での抱っこが本当に楽! ぐっすりと眠ってくれるし、ママも赤ちゃんの鼓動を感じられて、だっこの時間も愛おしく感じます◎

そして一際目立つ抱っこ紐で、ママ友からもおしゃれだね~!の一言! 是非一度試してみてください!

この記事を書いた人

  • 北原絵里
    郊外で暮らす、自然派ママ。女の子持ち。

Products 紹介商品

Related Posts 関連記事