ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2017/12/16

《我が家のお昼寝事情》先輩ママが教える、家&お出かけ時のお昼寝・寝かしつけの極意!

子どものお昼寝タイムは、ママがホッとできる貴重な時間。でも、「なかなかお昼寝してくれない!」、「お昼寝の時間が遅くて夜の寝かしつけに影響しちゃう!」と、悩んでいるママは多いのではないでしょうか?

我が家もつい最近まで、オッパイを飲まないとスムーズに寝ない、寝る時間がバラバラ…など、悩みは尽きませんでした。子どもの睡眠時間やパターンは月齢と共に変化していきます。1歳くらいになると睡眠パターンが徐々に規則的になってくるので、今、悩んでいるママたちも安心して下さいね。今回は、我が家の息子(1歳8ヶ月)の寝かしつけ方についてお伝えします。

子どものお昼寝時間は、ママにとってもホッと一息のブレイクタイム
子どものお昼寝時間は、ママにとってもホッと一息のブレイクタイム

家にいるときの、寝かしつけ方

①生活リズムを整える

1歳から平日は保育へ通っている息子。親としては土日くらいゆっくり寝かせてほしいところですが、せっかく整っている生活リズムを土日で崩さないよう、気をつけています。

起床時間が遅くなるとその後のスケジュールが乱れる原因に! 起床時間と就寝時間がある程度規則正しければ、食事やお昼寝、お風呂の時間も自ずとスケジュールが定まってきますよ。毎日同じリズムで生活していると、自然とお昼寝が習慣化してきます。

②からだを疲れさせる

午前中にからだをいっぱい動かすようにしています。我が家の午前中の生活パターンは…

・公園へ行く(遊具で遊ぶ、ハトを追いかける、落ち葉拾い)

・お散歩する(電車や働く車を見に行く、段差のある箇所をひたすら歩く)

・スーパーへ買い物に行く(スーパー内を探検!階段の上り下り)

・室内遊び(ジャングルジム、すべり台、コンビカー、歌に合わせてダンス)

その後、**お昼ごはんをお腹いっぱい食べると眠くなってくる**ので、このタイミングでお昼寝に突入できるようにしています。息子の場合、お昼ごはんの途中で力尽きたり、ソファの上で寝てしまうことも…。

午前中めいっぱいからだを動かして、たくさんお昼ご飯を食べること!
午前中めいっぱいからだを動かして、たくさんお昼ご飯を食べること!

③お昼寝するための準備

「さぁ、寝るよ!」といきなり言っても、子どもは「ヤダヤダ」と全力で拒否しますよね。子どもにも心の準備が必要です。興奮していたからだを落ち着かせるためにも、準備の時間は大切です。

どのご家庭でも定番なのが、絵本の読み聞かせですよね。息子も保育園での習慣なのか、お昼寝の前に絵本を2,3冊持って来るので、読み聞かせをしています。

あとは、お気に入りのオモチャを枕元に置いて寝ています。以前、布団の中にオモチャを持ち込んで遊ぼうとしたときに、「このオモチャはお昼寝から起きてから遊ぼうね」と言って聞かせ、起きたらすぐに遊べるよう、枕元に置いたことがありました。それ以来、息子はお昼寝の時間になったら、絵本とオモチャを布団に持ち込むことが習慣化しています。そばにあると安心して眠れるようです! 時折、欲張って、オモチャ箱ごと持って来ることもありますが(笑)、お昼寝するための準備が一連の流れになっていると、子どもも見通しを持って行動できるようです。

お気に入りの絵本やおもちゃと一緒に、寝る準備をしています
お気に入りの絵本やおもちゃと一緒に、寝る準備をしています

④環境を整える

我が家は、寝室でお昼寝をしています。「寝室」=「寝るところ」というのが息子も分かっているので、寝室に連れて来られたら観念しているところがあります。寝室に移動→絵本の読み聞かせ→電気を消す(薄暗い状態)→添い寝でトントンして寝かせています。絵本の読み聞かせが終わったらスムーズに寝られるよう、寝室で行うのがポイントです!!

時々、「今日は寝ないんだ!」と抵抗して来ることもありますが、そんなときは必殺ワザの出番! パパにも協力してもらい、みんなで寝たフリ作戦を決行します。何としてでも起こそうとして来る息子に対し、こちらも必死で抵抗!! 「もう寝るしかないんだ!」と諦めさせるようにしています。

お出かけのときの寝かしつけ方

お出かけのときは、家にいるときのように規則正しく行動することは難しいですが、基本の生活リズムを意識して行動するように心がけています。

息子への負担が少なく、親も効率良くお出かけするために、移動時間にお昼寝ができるよう調整しています。例えば、起床時間を早めたり、お昼寝の時間になったらベビーカーに乗せて散歩するなどの工夫をしています。目的地に着いても睡眠時間が少ないようであれば、無理に起こさず、ベビーカーのまま寝かせていることもあります。

お出かけのときは、ベビーカーなどでの移動時間に寝られるよう調整しています
お出かけのときは、ベビーカーなどでの移動時間に寝られるよう調整しています

長時間お昼寝をしてくれると、「家事ができる!」、「休息できる!」とママは大助かりですが、その分、夜の寝かしつけに影響する可能性があるので注意して下さいね。まずは、お子さんを朝早く起こし、午前中に太陽の光を浴びながら元気に遊んでみてください。お昼寝をしたくなる生活リズムを作ることが大切です!

お昼寝は、子どものからだを作る貴重な時間! ママもゆっくり過ごせるといいですね♡
お昼寝は、子どものからだを作る貴重な時間! ママもゆっくり過ごせるといいですね♡
この記事を書いた人

  • 渡邉如子
    現在1歳のわんぱく息子の子育てに奮闘中の臨床発達心理士、保育士の資格を持つママ。今年の4月から仕事に復帰しました。

Related Posts 関連記事