ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2016/1/1

《年末年始》多すぎ?少なすぎ? お年玉っていくらあげればいいの?

年齢や関係性で変わる金額の相場とは

あげる立場になって初めて直面するお年玉のギモン。“いつ”“いくら”渡せばいいの?と迷ったことはありませんか?

こどもの年齢やその子の親と自分の関係によって金額は変わっていきます。そこで小学生までの子の相場や渡すときのマナーを紹介します。

知っているようで知らない、お年玉のマナーを確認しておきましょう!
知っているようで知らない、お年玉のマナーを確認しておきましょう!

赤ちゃんにはお金じゃなくお菓子を

そもそもお年玉をあげるべきなのかを悩むのが赤ちゃん。しかし、わが子がもらっている場合は返さないわけにはいきません。紙よりも硬貨のお金のほうが喜ぶといわれていて、500円前後の金額を100円玉や500円玉をあげる人が多いよう。

ただし、硬貨をあげて間違えて飲みこんでしまうのも怖いですよね。そこで同額程度のお菓子をあげる人も多いよう。赤ちゃん自身もお金よりお菓子のほうがうれしいですよね。

小学校入学前の子にあげるなら

小学校入学前の子にあげる場合、相手が友達の子なら1000円程度、親類の子なら3000円程度が目安。ただし、まだまだお金よりもおもちゃのほうがうれしい年齢。代わりにプレゼントをあげるという場合も多いそうです。

お年玉は、社会常識を身に着けるためのイベントでもあるので、お金を渡す場合は、その場で中を見ないように「後であけてね」と声をかけてあげることも忘れずに。

小学生へは年齢×500円が相場

「この人はいくらくれるの?」とお金の金額に興味を持ち始める小学生。ほかの子との平等さにも敏感な年頃なので、自分の中で基準をつくって渡せばもめません。相場の目安になすのが「年齢×500円」という計算式

その子の親との関係性でもっとあげる必要を感じる場合は、プラスで図書カードなどをあげるのもいいですね。また、紙のお金は新札で渡すようにしましょう。

お年玉をあげてはいけない子もいる?

実はお年玉は、上のものから下のものに渡すもの。例えば、上司や先輩など目上の人の子にあげるなら、「お年賀」としてお金ではなくおもちゃや図書カード、商品券などをあげるほうがマナーとしては正解です。

また、お年玉やお年賀を渡すときは、親が後で気まずい思いをせずにすむよう、親がきちんとお礼を言える状況で渡すようにしたいですね。

かわいいぽち袋を用意しよう

好きなキャラクターもののぽち袋なら、中身以上に大事にしてくれるかもしれません!
好きなキャラクターもののぽち袋なら、中身以上に大事にしてくれるかもしれません!

アニメやヒーローなどに興味を持ちだす幼児期。うちの子の場合は、お金よりも好きなキャラクターのポチ袋に価値を感じているようです。小学生以上の場合も、かわいいぽち袋であげると、特に女の子はうれしさが増すかもしれません。最近は、無料ダウンロードできるぽち袋のテンプレートも多いんですよ。

手づくりファクトリー

和のだるま柄のほか干支であるサルのデザインも充実

エコリカ-プリント

ポップな和柄のほか男の子にもあげられるかわいいデザインがいっぱい

POLKA DROPS

富士山の形に折りたためてメッセージ入りのぽち袋

お年玉は大人にとってもこどもにとってもお金を扱う大切なイベント。大人としてのマナーを心がけて金額以上の思いを伝えられることができたらすてきですね。

この記事を書いた人

  • 浜田彩
    ライター。姉妹(4歳・1歳)のママ。長女が重度のアレルギー持ちのため、環境アレルギーアドバイザーの知識も交えつつ、子どももママも無理なく快適に過ごせるための情報を発信します。

Related Posts 関連記事