ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2017/11/24

《免疫力をつけて、今年は風邪知らず!》秋冬に気を付けたいベビーの病気、どんなものがある?

秋冬に気を付けたい、ベビーの病気

すっかりと寒くなってきて、この季節に体調を崩す人は多いのではないでしょうか。

私には姪と甥が7人いますが、もうすでに全員がRSウイルスに感染しました。本人たちはもちろんのこと、お母さんも、仕事を休んで看病したりと、大変そう…。うちの2歳の長女はまだ保育園にも通ってないので、少し鼻水か出たくらいの症状だけですが、これからの季節、いつどんなウイルスに感染するのかと、身構えてしまいます。

しかし、免疫をつくって、体を強くするためにも、幼い頃の病気は必要とも言われます。必要以上に恐れることのないように、基礎知識を復習しておきたい、と思います。

風邪をひかずにこの冬を乗り切りたいものです!
風邪をひかずにこの冬を乗り切りたいものです!

秋冬に感染が流行る理由は…

・気温が下がり始め、湿度が低下することにより、低温低湿度を好むウイルスが活発になる。

・気温により体温が下がると、免疫機能より、体温を一定に保つよう体が働くため、免疫力が下がる

・年末にかけて、イベントや行事がいっぱい。人が集まるところでは、感染が増える。

この季節に流行る感染の主な種類

インフルエンザ

大人も子どもの間でも流行るのがインフルエンザ。A型B型など種類は様々で、予防接種をしても、一度感染したとしても、再度感染することがあります。38℃以上の高熱が出て、頭痛、関節痛、筋肉痛などの症状が特徴的です。

ノロウイルス

感染力が強く、集団感染することもあります。感染経路は便や嘔吐からで、牡蠣などの魚介類を通して感染することもあります。胃腸炎、嘔吐や下痢、腹痛などの症状が見られます。

RSウイルス

呼吸器系の感染症で、2歳までに一度は感染すると言われるほど、ポピュラーなものです。7割は数日のうちに回復するようですが、乳児期早期の赤ちゃんが感染すると、細気管支炎、肺炎に発展する可能性があるので、注意が必要です。発熱、鼻水、咳など風邪の症状が見られ、呼吸器時に、ヒューヒューゼーゼーと音のする喘鳴が特徴的です。一度感染しても免疫は付かず、何度もかかる子もいますが、症状は軽くなっていくようです。

マイコプラズマ肺炎

感染力か強く、発症し咳が止まってからも一週間は体からウイルスを排出すると言われています。はじめに高熱が見られ、続いて頭痛だるさ、咳が見られるのが特徴です。一度感染すると免役が作られますが、徐々に消えていくため、再び感染する可能性があります。

溶連菌

こどもの間での集団感染が多い感染症のひとつです。主に喉に感染するもので、発熱、イチゴ舌、発疹、喉の痛み、リンパの腫れなど、お母さんからも症状から見てわかることが多いようです。溶連菌も種類が多いため、一度感染しても、再び感染する可能性があります。

普段から免疫力UPの生活を!

病気は、免疫をつくって体を強くするために必要だ…と思っていても、親としてはやはり、病気にならず、毎日元気に過ごしてもらいたいもの。なるべく感染症にかからないために、普段から気を付けることをまとめてみました。

①食事編〜バランスよく、ウイルスに負けないからだ作りを

成長過程である子どもは、やはりバランスよく様々な食材を適度に食べることが重要!

たんぱく質はたっぷりと!

魚、肉、卵、大豆、大豆製品は体を作るたんぱく質がたくさん。ウイルスに負けない体をつくります。質のよい食材を選ぶようにしましょう!

喉や鼻の粘膜を強くする、ビタミンA

ビタミンAは喉や鼻の粘膜を強くし、抵抗力を高めます! 主に、豚肉、鶏肉、あんこう、うなぎ、のり、パセリ、にんじん、しそ、モロヘイヤ、わかめ、ほうれん草などに多く含まれます。子どもが食べられるにんじんやのり、わかめなどから摂取がいいですね♪

抗酸化作用があるビタミンCで風邪予防

ビタミンの代表と言えばビタミンC! こちらも、粘膜を強くしてくれる抗酸化作用があり、疲労回復に。クエン酸も多く含まれ、風邪予防には欠かせないものです。主にアセロラ、パセリ、のり、ピーマン、ゆず、キウイフルーツ、レモンに多く含まれています。ビタミンCを多く含む食材ランキング上位にみかんがなかったのが意外ですが、我が家では毎日みかんを食べています。(果物の取りすぎは冷えるので注意!)

体を温めるもの

体の体温が一度上がると、免疫力が5~6倍上がると言われています。子どもは風の子元気な子!と昔から言われていますが、近年では低体温の子どもが多いことが問題視されています。我が家でも、毎朝味噌汁を飲むこと、梅醤番茶を飲んだり、葛湯を飲んだり、足湯をしたりと、冷えないような努力をしています。この時期大人も子どもも、冷たいものは取らないように意識して過ごしています。

②睡眠編〜早寝早起きの習慣を

睡眠も免疫力維持には重要な存在です。ぐっすり眠ることで体力を回復し、免疫力も高まります。眠る時間帯も大切で、大人は22時、子どもは20時には眠りにつくのが理想です。この時間帯に眠ることで、リンパ球をたくさん作り、成長ホルモンもたくさん分泌することが可能になるそうですよ。大人はなかなか22時に眠ることは難しいかもしれませんが、子どもは早寝早起きの習慣をつけたいですね。

③運動編〜寒くっても外で思いっきり遊んで!

日中は、外でからだを動かしましょう!
日中は、外でからだを動かしましょう!

毎日適度な運動をすることで、免疫力や抵抗力も高まります。この時期寒くなってきて、公園で遊ぶのもお母さんが躊躇うことも多いとおもいますが、なるべく外でおもいっきり体を動かしましょう。雨などで外で遊べないときは、縄跳びがおすすめ◎狭い範囲で体をおもいっきり動かせます!

すべて基本的なことですが、一番大事なこと!

毎日の積み重ねで免疫力をUPさせて、この冬を乗りきりましょう◎

この記事を書いた人

  • 北原絵里
    郊外で暮らす、自然派ママ。女の子持ち。

Related Posts 関連記事