ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2018/2/5

《ママ友と小旅行へ行こう♪》初めての0歳児連れ一泊旅行、気をつけたい6つのポイントって?

中学生の時から大親友で、月齢近いベビーがいるママ友のAちゃん。妊娠中から赤ちゃんと一緒に旅行に行きたいよね〜と話していたのですが、機会に恵まれ、お互い初めての赤ちゃん連れ旅行にチャレンジしてみました。

場所は那須塩原。10月末の平日だったので、暑くも寒くもなく、施設も空いてるため初めての赤ちゃん連れ旅行には最適な時期でした。今回は、0歳児と行く温泉旅行のポイントをいくつかまとめてみました。これから春に向けて暖かくなってくる季節、ぜひママ友との小旅行の参考になればと思います♪

①移動はラッシュを避ける!

待ち合わせは、ラッシュを避けて、11時半に東京駅に集合することに。子連れ旅行なので、何より「時間に余裕を持って!」を心がけました。

お昼ご飯は、駅弁を買って新幹線のなかで♪
お昼ご飯は、駅弁を買って新幹線のなかで♪

お昼時だったので、車内で食べる用のお弁当やおやつなど買い物を済ませてから、新幹線に乗ること約1時間で那須塩原に到着。予約していたシャトルバスまでは、1時間ほどの時間があったので、駅構内にあったベビー休憩室で授乳とおむつ替えを済ませました。

大人だけだと乗り換えや移動に時間がかからなくても、赤ちゃん連れは何かとトラブルがつきもの。新幹線に乗る前・降りてから、1時間くらいずるの余裕があったことで、焦らず行動できました。

子どもたちのご機嫌を見ながらの移動です
子どもたちのご機嫌を見ながらの移動です

②赤ちゃんとの宿泊は、和洋室がベスト!

出発から4時間! 15時半頃ホテルに到着。

今回は、4ヶ月と半年の赤ちゃんだったので、和洋室を予約。ベビーカーでお部屋のなかに入れることと、洋室でベビーベッドを借りれるサービスもありましたが、やはり畳にゴロンとさせるのがママもベビーたちも楽ちんだろうなぁと思い、どちらのポイントも押さえられる和洋室を選びました。

お部屋では息子たちとゴロゴロしたり、交代で赤ちゃんの面倒を見つつ、整体を呼んだりとゆったりとした時間を過ごしました。

ベビーカーもなかに入れられて、ゴロンとできる和洋室
ベビーカーもなかに入れられて、ゴロンとできる和洋室
ママたちがゆったり過ごしている間、ベビーたちは遊びの時間♪
ママたちがゆったり過ごしている間、ベビーたちは遊びの時間♪

③夕食やお風呂は、交互に堪能♪

今回の夕飯は、お目当ての一つである豪華なビュッフェ!

ベビーカーでレストランまで行き、Aちゃんベビーはウトウトしてたので、一皿目は私が代表して抱っこ紐の息子と取りにいきました。息子をあやしつつ、時間制限ギリギリまで5回ほどおかわりして堪能♡ お互いの子を見ながら、交代でたくさんおかわりができました。

ビュッフェのあとは、ベビー達をお風呂に入れて寝かしつけた後、交代で大浴場へ

露天風呂の温泉が最高に気持ちよくて、湯上りも1時間くらいポカポカ♡ 大浴場の外にあった無料マッサージチェアで目を瞑り、完全なる1人の時間も堪能しました。

お風呂のあとは、ベビー達は熟睡。夜の授乳などしつつも、大人だけの時間! 売店で買っておいたノンアルコールビールと、お菓子で、ちょっとした贅沢タイム。育児の悩みや保活、今後の遊び方などなど眠くなるまでお喋りしました。

④レトルト離乳食を活用!

翌日は朝起きて、ベビー達の世話をしたら、朝食ビュッフェへ。息子はちょうど離乳食を始めたばかりの一回食だったので、レトルトの離乳食を温めてもらい、一緒に食べました。

Aちゃんベビーは、まだ離乳食を始めていない月齢。息子も1回食で簡単なレトルトを活用しましたが、子どもたちがご飯を食べるようになったら、ブッフェなどもどんなものがあるのか、何が食べられるのか、宿泊施設に事前リサーチしておくべきだなぁと思いました。

⑤チェックアウトまでは、お部屋でゆっくり

部屋に戻り、荷詰めやお化粧などの支度をして、チェックアウトのギリギリまで、4人ともすこしお昼寝。赤ちゃん連れの旅行は独身の時よりハードだし、帰りの移動のことも考えて、チェックアウトまではお部屋でゆったりと過ごすのがいいと思います。

朝食後、ゆっくり二度寝ができるのもママ友との気兼ねない旅行ならでは!
朝食後、ゆっくり二度寝ができるのもママ友との気兼ねない旅行ならでは!

ちなみにこの時期は紅葉シーズンなので、紅葉を見に行こうと思っていたのですが、中庭でのお散歩で大満足。ホテルの設備やお庭などの環境が充実してると、わざわざ名所に出かけなくても安心&楽しいですね♪

中庭はベビーカーでも通りやすいよう手入れされていて、途中足湯があったり、赤く色づいた木々があったり、写真映えスポットでした♪ 買ったばかりの一眼を持ってきていたので、撮影も楽しみました。ベビー連れには良いことづくしのお宿でした。

⑥お目当てのレストランは、予約が必須

実はこの旅の1番のお目当ては、那須牛のステーキ♡

荷物をホテルに預け、タクシーを呼んでもらい、ステーキハウスに到着したのですが、まさかの行列で40分待ち…。帰りの新幹線に間に合うかギリギリのところでしたが、ラッキーなことに20分で入れました。

Aちゃんは那須牛のサイコロステーキ、私はヒレとサーロインのハーフセットに、大好物のフォアグラがあったのでトッピング♡ 和牛とフォアグラなんて、超贅沢♡ とっても美味しくてしあわせ♪

グルメで腹ペコなママたちは、お目当てのステーキを食べられて大満足!
グルメで腹ペコなママたちは、お目当てのステーキを食べられて大満足!

しかし、この時点で15時半。17時の那須塩原始発の新幹線に乗るためにも、急いでステーキハウスをあとにし、ホテルからシャトルバスで駅に向かい那須を後に。新幹線の時間に間に合うかとってもヒヤヒヤしたので、次からは人気のレストランは必ず予約しようと心に決めました。

美食尽くしの、ママ友旅行で大満足♡

食べてばかりな旅行ですが、秋の那須の空気はとっても綺麗で、赤ちゃんたちにもいい刺激になったんではないかと思います♪

前もって赤ちゃんたちの行動を想定した対応策を考えておいたり、設備や周辺施設を予習&電話で問い合わせしておいたり、目当ての場所への交通手段や場所などチェックしていたので、満足度の高い旅になりました。

赤ちゃん連れだと、「あれがダメでもこれができる」など臨機応変に行動することが求められます。旅行前に、色々調べるのも楽しみのひとつ。どんな旅行でも、仲良しママ&ベビーと過ごした思い出は記憶に残りますね♪

欲を言えば、二泊にしてもっとゆっくりしてもよかったかも。またまた、春の旅行も計画中です!

皆さんもぜひ、仲良しの友達や、ご家族と赤ちゃん連れの旅行を楽しんでみてくださいね。

この記事を書いた人

  • 根岸江里
    2017年4月に息子を出産した、現在産休中のWEBデザイナーママ。食べることと旅行、ファッション、ハンドメイドが大好き!

Products 紹介商品

Related Posts 関連記事