ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2017/11/17

《秋冬の寝冷え対策、コレ使ってます》気づいたらお布団を蹴っている! そんな赤ちゃんには…

朝晩の気温がグッと冷え込み、季節はすっかり秋。

みなさんは子どものおやすみ中の冷え対策、どのようにしていますか? 夜中に気付くと布団を蹴ってしまって冷えが心配、というママも多いのではないでしょうか?

夏生まれの娘は、暑い間はしばらくおくるみをタオルケット代わりに、冷え込んできてからはおくるみより少し分厚めのブランケットを使用していました。しかし、やはり寝ている間にブランケットを足で蹴ってしまい、夜中にはほとんど布団がかかっていない状態に…。

布団を蹴る→掛け直すの繰り返しで、わたしも子どもが冷えていないか心配だったので、前々から気になっていたスリーパーを使用してみることにしました!

スリーパーって、どんなもの?

パジャマと掛け布団の2つの機能をあわせ持って作られた寝具(睡眠サポートグッズ)のこと。

掛け布団のように掛けるものではなく、赤ちゃんが身につけるものです。寝袋状になっているものや、ベスト状になっているものなど、さまざまな形状のものがあります。

スリーパーの目的は、なんといっても寝冷え防止!

体が少し大きくなってくれば、足をバタバタ動かして布団が体にかかってない状態になったり、寝返りがうてるようになれば布団からでてしまうことも。

スリーパーを着用していれば、布団をはいでしまってもお腹周りはぽかぽか、汗っかきの赤ちゃんも手足から熱を逃せるので快適です。どんなに動いても赤ちゃんをきちんと包んでいてくれるので、寝冷えをさせることなく朝まで安心して眠らせることができます。

また、SIDS(乳幼児突然死症候群)の予防にも有効といわれています。

生後4ヶ月、随分と足が動くように。寝ているときはブランケットなどを蹴ってはいでいることも…
生後4ヶ月、随分と足が動くように。寝ているときはブランケットなどを蹴ってはいでいることも…

ママにも嬉しい、寝かしつけ&夜間の授乳がラク!

抱っこでスヤスヤ寝ていたのに、布団に置くと背中スイッチで起きてしまう赤ちゃんが多いですよね。

スリーパーを着ていれば、温もりをキープしてくれるのでビックリして起きてしまうことも少なくなるはず。また、寒い時期の夜間に授乳する際も赤ちゃんの体を冷やすことなく授乳ができるのでとても便利です。

足元が大きく開くタイプなら、おむつ替えもスリーパーを付けた状態ですることができます。

スリーパーを着せれば、中は多少薄着で◎。赤ちゃんも動きやすそう
スリーパーを着せれば、中は多少薄着で◎。赤ちゃんも動きやすそう

コンパクトに持ち運べるのでお泊まりの時にも大活躍

大人でも慣れた匂いと手触りに包まれると安心してよく眠れますよね。それは赤ちゃんも同じ。

お気に入りのぬいぐるみや毛布でももちろんOKですが、スリーパーだったらコンパクトにまとまるので旅行バッグにポンといれるだけ。「親戚のお家に子供用のお布団ってあるかな?」と心配する必要もありません。我が家も実家へお泊まりの時には必需品ですし、年末の義実家への帰省時にも持って行く予定です。

かわいいバースディパーティーのスリーパーを愛用中♡

柔らかいガーゼ素材で、手触りも気持ち良い!
柔らかいガーゼ素材で、手触りも気持ち良い!

我が娘は、通気性と吸水性に優れたコットン100%のガーゼ素材を使用しているバースディパーティーのスリーパーを愛用中。赤ちゃんのデリケートなお肌にも安心して使用できます。

ボタンの付いていない方の肩だけが縫い付けられており、左右はスナップボタン式になっているので着脱も簡単♪

肩にボタンがついています。赤ちゃんの睡眠を邪魔せず、ママも着脱しやすい位置
肩にボタンがついています。赤ちゃんの睡眠を邪魔せず、ママも着脱しやすい位置

また、後ろ側にもプリントがあるのでとってもかわいいです♡

秋冬は、娘が過ごすはじめての季節。

風邪をひかないように、これからもいろいろと冷え対策のできるアイテムを探していきたいと思います! 親子で快適に冬を越したいと思っています♡

ニコニコな娘。スリーパーは秋冬のおねんねに必需品です!
ニコニコな娘。スリーパーは秋冬のおねんねに必需品です!
この記事を書いた人

  • 溝上あい里
    2017年6月に出産した新米ママ。日々の生活のなかで使えるメディカルアロマで、家族の健康を管理していきたいなと思います♡

Products 紹介商品

Related Posts 関連記事