ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2016/1/2

【リルコミ日々ごはん vol.2】いろいろな食材に挑戦! 6ヶ月編

インスタグラムでのごはん写真が人気( Instagram )の、リトルコミーママ。食いしん坊な男子=リトルコミーのために作った、毎日のごはんを紹介します。今回は、離乳開始から1ヶ月、月齢6ヶ月時のレシピです♡

食いしん坊リトルコミー、離乳食開始から1ヶ月!

1ヶ月も経つと、いろいろな食材が食べられるようになってきます。これからが、ご飯をつくるママの腕の見せ所です!
1ヶ月も経つと、いろいろな食材が食べられるようになってきます。これからが、ご飯をつくるママの腕の見せ所です!

10倍粥を一さじから始めた離乳食も、1ヶ月で量が増え、野菜や果物も数種類食べられるようになってきました。アレルギーに気をつけながら、いろいろな食材に挑戦していきたい時期。大切な栄養素タンパク質の次のステップは、真鯛・カレイなどの白身魚やシラスが最適。真鯛・カレイはお刺身用が新鮮で使いやすくオススメです。シラスは塩分が多いので必ず湯通し塩抜きをしましょう。

魚臭さを消すために…トマトをプラスして◎

息子、初めてのお魚は真鯛。お刺身用をしっかり茹でてすり鉢でつぶし、食べやすいようにお湯を少し加えて口に運ぶと、モグモグしてすぐ妙な顔をし、べーっと吐き出してしまいました…。

どうやら魚臭さがダメだったよう。そこでトマトの酸味を活かして魚臭さを消してみることに。トマトなら離乳食初期でも食べられるし、栄養面も色味もGOOD! トマトは加熱することでさらに甘味と旨味がでるのでグッと美味しくなります。

レシピ1:トマトの甘みでパクパク「真鯛のトマト粥」

トマトをプラスすると、イタリア〜ンな見た目に。目で見て楽しい!というのも、食事の大切な要素ですね
トマトをプラスすると、イタリア〜ンな見た目に。目で見て楽しい!というのも、食事の大切な要素ですね

食材:

真鯛(お刺身用)1切

プチトマト 2〜3個

(もちろん普通のトマトでも◎)

ほうれん草ペースト 適量

10倍粥  大さじ2〜3程度(お子さんの食べる量に合わせてください)

①真鯛を茹で中までしっかり加熱する

②プチトマトは熱湯にくぐらせて皮を湯剥きし、種を取って裏ごししておく

③10倍粥に裏ごししたプチトマトを加えて弱火でじっくり加熱する。味をみてトマトの酸味が少しまろやかになっていたらOK! 甘味も増して美味しいトマト粥に◎ ※冷凍ストックのお粥を使う場合は少しお水を足して加熱すると良いです。

④お粥を器に盛りつけ茹でた真鯛とほうれん草ペーストをのせる

※ほうれん草ペーストは茹でてミキサーにかけたものを冷凍ストックしておくと便利。調理の始めに冷凍庫から出しておくと、自然解凍で使えますよ。

お粥に慣れたらうどん、いつでも便利なお助け食材!

6ヶ月頃から、乾麺もしくは茹麺のうどんを必ずストックするようになりました。

離乳完了した今でも手元にうどんがないと不安になるくらい(笑)。うっかりご飯やお粥を炊き忘れてしまったときや、時間もロクな食材もないときも何とかなるお助け食材ですよね!

乾麺ならパキパキ細かく折って茹で、塩分が気になる場合は一旦水洗いしてから。茹麺なら袋の上から包丁を押しつけるように刻んでいくと包丁がベタベタ汚れて麺がくっつかずに綺麗に切れますよ。どちらの場合もクタクタに柔らかくなるまでしっかり煮込みましょう。

レシピ2:昆布と鰹の出汁がやさしい「シラス豆腐根菜うどん」

うどんは離乳食初期〜完了までずっと使える食材。シンプルなお料理だからこそ、お出汁の味を味わってほしいですね!
うどんは離乳食初期〜完了までずっと使える食材。シンプルなお料理だからこそ、お出汁の味を味わってほしいですね!

食材:

うどん(刻んだもの)大さじ3〜4程度

蕪 小さいものなら1/4〜1/3

人参 3cmくらい

シラス 小さじ2

絹豆腐 1/4丁(25gくらい)

出汁用昆布と鰹節(ベビーフードの和風だしを使っても◎)

① 昆布と鰹節で出汁をとって、うどんを煮る

※乾麺の場合は別で煮て水洗いしたものを使いましょう

② 蕪は皮を剥いてつぶしやすい大きさに切り柔らかくなるまで加熱したら、すりおろした人参と豆腐を加えて火を通す

③ ②をお玉などですり鉢に移してつぶしておく。鍋に残ったお湯を使ってシラスを湯通しする

④ うどんがクタクタに煮込こめたら、③をのせて出来上がり◎

どんどん味覚が発達していく頃。素材の美味しさもとても大切だけど、味の好き嫌いが出てきたり食いつきが悪くなることも…そろそろお出汁や野菜スープの出番ですね。来月の7ヶ月編では離乳食に使うお出汁について、無添加で安心して使えるオススメのお出汁などをご紹介します!

この記事を書いた人

  • 小宮山仁美
    たべること・つくることが好きな1児の母。布小物・子どもグッズ作家、seloris(セロリス)としても活動中。Instagramにてリルコミごはん日々更新中!

Related Posts 関連記事