ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2017/11/6

《最新ベビーカー乗り比べ♪》コンパクトな多機能ベビーカー、あなた好みなのはどっち? 〜ベビージョガーシティツアー編〜

ベビーとの生活で大きな買い物となるベビーカー。どのような一台を「愛車」にするかは、ママたちの妊娠中からの悩みなのでは?

ベビーカーと一言で言っても、その歴史や流行は移り変わっていくもの。海外製ベビーカーブームがあり、三輪ベビーカーブームがあり…。今は、ママたちみんなが〝自分好み〟の一台を見つけているのか、街中でもいろいろなベビーカーを見かけます。

ベビーの街・代官山では、最近は「コンパクトな一台」を求めるママたちが多いよう。一台目の大きめベビーカーからの乗り換えや、成長につれて歩くようになったキッズのちょい乗り用帰省・旅行などに持っていくお手軽なもの…などなど、コンパクトベビーカーの需要はたくさん!

今回は、そんなコンパクトベビーカーのなかでも、プチプライスでお求めやすく、ママたちの声を反映したユニークな新作2台を乗り比べてみました!

アメリカ発、ベビージョガーの都会派シリーズ!

1984年にアメリカで生まれたベビージョガーは、創業者の「趣味のジョギングをあきらめることなく、息子と一緒に出かけたい!」とのアクティブな願いが詰まったブランド。「様々な路面を長距離にわたって走れるような、ジョギングに適した特別なベビーカー」の伝統を守り続けているので、その走行性や安定性は抜群です。

ラインナップは、定番シリーズのシティミニと、縦の2人乗りに拡張可能なシティセレクト、そして今回都会派に特化して誕生した「シティツアー」の3つ!

今回はコンパクトなシティツアーを、モデル親子・佐鳥優子さん・陽飛くん(はるとくん・8ヶ月)に試乗していただきました。

今回モデルとして試乗していただいた佐鳥さん親子。石畳や坂道の多い代官山の街をお散歩してもらいました
今回モデルとして試乗していただいた佐鳥さん親子。石畳や坂道の多い代官山の街をお散歩してもらいました

快適な乗り心地、コンパクトだけど広々シート!

コンパクトに折りたためるベビーカーというと、どうしても安定性に不安が残るもの。シティツアーは広々シートで、一般的なベビーカーと遜色ない乗り心地! 5点ハーネス付きで、しっかりとホールドされています。

安定性◎。広々シートで、6ヶ月〜20.5キロまで使用可能です
安定性◎。広々シートで、6ヶ月〜20.5キロまで使用可能です

まず、目を引くのが大きな帆。ベビーをすっぽり包むドーム型の帆(フード)は、UV+50で紫外線をしっかりガード。フードには窓も付いていて、広げていても押しているママからベビーの表情が見えるようになっている嬉しい機能付きなのです。

大きなフードは、見た目だけじゃなく紫外線もしっかりカバーできる優れもの素材
大きなフードは、見た目だけじゃなく紫外線もしっかりカバーできる優れもの素材
丸みのあるフードなので、成長して背が高くなっても窮屈ではなさそう
丸みのあるフードなので、成長して背が高くなっても窮屈ではなさそう

また、無段階リクライニング付きなので、まだまだベビーカーでお昼寝してしまう…というベビーにもぴったり。

リクライニングはベルトで無段階調節。ベルト調節のいいところは、寝てしまってからも静かに動かせる点!
リクライニングはベルトで無段階調節。ベルト調節のいいところは、寝てしまってからも静かに動かせる点!

足置き場のフットレストも2段階の調節が可能。まだまだ足がつかないベビー期にはフットレストを上げて、大きくなったら下げて使えば、足がブラブラしてしまうこともないですね。

背が低い時期には、足置き場として上に上げて。寝てしまった時も活躍
背が低い時期には、足置き場として上に上げて。寝てしまった時も活躍
成長したら、下げて使用しても。フットレスト付きだと、自分で乗り降りできる年齢になってからも足を置けて安心です
成長したら、下げて使用しても。フットレスト付きだと、自分で乗り降りできる年齢になってからも足を置けて安心です

コンパクトなものを求めると、どうしても簡易ストローラーなどはリクライニング機能などの細かな心遣いに欠けてしまうのが事実…。でも、シティツアーはコンパクトでありながら、ベビーカーに備えられていてほしい機能性は何も失っていないのです。

後輪にはもちろんブレーキ付き!
後輪にはもちろんブレーキ付き!

大きな荷物入れと、折りたたみ時のキャリーバッグ付き!

コンパクトになるのはもちろんですが、驚きなのはその折りたたみのスムーズさ!

なんと、2アクションでひょいっと折りたためるのです。試しにはるとくんを抱っこしたまま片手でベビーカーをたたんでもらうことに…

①まず、上3分の1を内側にパタンと折りたたみ…
①まず、上3分の1を内側にパタンと折りたたみ…
②シート中央部にある〝取っ手〟を持ち上げると…
②シート中央部にある〝取っ手〟を持ち上げると…
③この通り! 力もかからず、誰にでも簡単に折りたためます
③この通り! 力もかからず、誰にでも簡単に折りたためます

ママの優子さんも、この折りたたみのスムーズさにびっくりしていました。

ひとつだけ難点を挙げるとすれば、シティツアーは自立しない…のです。なので、外食先などで畳んだ際には、どこかに立てかけておくか、横置きするしかなさそう。しかし、付属のキャリーバッグで折りたたんだベビーカーを背負うことができます。アクティブなおでかけ好きママや、帰省・旅行などの遠出に、このキャリーバッグは大活躍しそうですね。

後方の荷物入れ前にポケットが。こちらにキャリーバッグが収納されています
後方の荷物入れ前にポケットが。こちらにキャリーバッグが収納されています
背負うと、こんな感じ。移動時、背負えて両手が空けられるベビーカーは珍しい!
背負うと、こんな感じ。移動時、背負えて両手が空けられるベビーカーは珍しい!

また、大きな荷物入れ(バスケット)は、開口部も広く、ママたちが求める「たくさん荷物を積みたい!」という願いもかなえてくれます。ベビービョルンの抱っこ紐をひとつ入れてみましたが、荷物はまだまだ入りそう♪

すっぽり入るバスケット。布製バスケットなのでボリュームがあるものも入りそう
すっぽり入るバスケット。布製バスケットなのでボリュームがあるものも入りそう
開口部が広いのも、嬉しいポイント。スムーズな出し入れが可能です
開口部が広いのも、嬉しいポイント。スムーズな出し入れが可能です

駅の階段などでもスッと折りたたみ、軽々持ち歩き

まだまだ抱っこでのお出かけが多いという佐鳥さん親子。ベビーカーも持っているものの、電車でのお出かけにベビーカーを持っていくのは気がひけてしまう…とのこと。

公共機関で気になるのが、階段での移動。エレベーターを探してウロウロするのは大変です。

シティツアーの重量は6.4キロと、超軽量ではないものの、さっと2アクションでたたんだあとに、シート中央の持ち手を持って持ち運びができます。これなら、少しの階段などでは折りたたんでの移動も苦にならなさそう!

佐鳥さん親子にも階段の行き来をしていただきましたが、「思ったより重くないし、何より持ちやすい!」とのことでした。

しっかりと持ち手が付いているので、折りたたんだ状態でも安定して運ぶことができます
しっかりと持ち手が付いているので、折りたたんだ状態でも安定して運ぶことができます

新生児期を過ぎてのベビーカー探しなら、シティツアーに!

シティツアーは6ヶ月から使用可能。なので、新生児期から使えるものを探しているママにはちょっと早いですが、おすわりができるようになったくらいの月齢ならベスト! 20.5キロまでと、大きくなっても長く使えるので、1台目として「愛車」に選ぶママも多いんだそう。

また、日本でのサポートは、あのアップリカが行っているので、アフターサービスなども充実していて安心です。軽くて、コンパクトで、でも機能性はしっかりほしいというママ&ベビーに、最適な一台! ぜひお試ししてみてくださいね。

次回は、もっとコンパクトなベビーカーを探しているママ&ベビー向けに「世界最小クラス、超コンパクトベビーカー」の「ポキット」をご紹介します♪

今回ご協力してくれたのは、佐鳥優子さんと陽飛くん。代官山ブロッサムで行われたベビー撮影会に参加してもらった縁で、お声かけさせていただきました♪ はるとくん、優子さん、ありがとうございました!
今回ご協力してくれたのは、佐鳥優子さんと陽飛くん。代官山ブロッサムで行われたベビー撮影会に参加してもらった縁で、お声かけさせていただきました♪ はるとくん、優子さん、ありがとうございました!
この記事を書いた人

  • 遠藤るりこ
    代官山スタイル編集長。6歳・3歳のわんぱく兄弟のママ。子どもと過ごす、楽しい毎日をたくさんお伝えできればと思います!

Products 紹介商品

Related Posts 関連記事