ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2017/9/17

《月齢・髪質別、ベビーのヘアアレンジ》帽子、ヘアバンド、クリップ、ゴム…女の子のヘアアレンジって、どうしてる?

ときには甘くキュートに、ときにはスポーティに、女の子のオシャレは選ぶ大人もウキウキしちゃいますよね。

お洋服だけでなく、ヘアもアレンジしてトータルでおしゃれを楽しんでみては? …とはいえ、乳幼児期の子どもの毛髪量は結わうにはちょっと大変。

そこで、髪の長さ別にどんな方法がベストだったか、我が家を例にご紹介します。

細くて短い、ポヤポヤ毛期

我が家の娘は生まれてから1歳を過ぎるまでずっと、1本1本が細くて短い、いわゆるポヤポヤ毛状態が続きました。あまりの短さに、ピンクのお洋服を着ていても、男の子と間違われるほど。

なんとかガーリーに仕上げたいけれど、ゴムやクリップでくくることすらままならない……。

そんなときは、帽子が一番手っ取り早く、メリットづくしでオススメ。夏場はコットン製のつばありのもの、冬場はウール等の毛糸でニットキャップをよく着用していました。

帽子をかぶることによって、丸見えな赤ちゃんの頭皮を守ることができるので、頭部へのケガの防止や、日焼け対策、寒さ除けにもなります。無理にヘアアクセに頼るより、帽子のカラーやデザインで女の子らしさをアピールできますよ。

また、パーティといった華やかな場所へは、ヘアバンドが一押し。バンド部分に使われている素材やコサージュのサイズによって、TPOに応じたおしゃれができます。ただ、頭蓋骨がまだ緩い赤ちゃんのこと、ゴムの強度できつく締めないように注意が必要です。

それと、そのかわいらしさからか、どうしても赤ちゃんはヘアバンドを引っ張ってしまいがち。そのため落とさないようにすることにも気を付けてください。

ベビーの時期は、帽子かヘアバンドがおすすめ♡ 公園でこんなかわいい花冠をつくってみたりもしました
ベビーの時期は、帽子かヘアバンドがおすすめ♡ 公園でこんなかわいい花冠をつくってみたりもしました

髪の色がうす〜いベビーには?

ちなみに、両親共にモンゴロイドなのにポヤポヤな赤ちゃんの髪色は金~茶色をしている……なんていうのを見たことがありませんか?

美容師の方に伺ったところ、それは毛髪がとっても細いからなんだそうです。成長したりカットを重ねて毛が太くなるにつれ黒さが増してくるので、毛髪でも成長過程が目に見えてわかるんだそうですよ。

そのため、明るい髪色のベビーのヘアコーディネートを考える際は、寒色系より暖色系をチョイスすると自然な色合いになります。

秋冬のお出かけ用に、手作りでニットキャップを作ったりも
秋冬のお出かけ用に、手作りでニットキャップを作ったりも
夏場はつばが広くてサイドをスナップできるタイプのハットが大活躍。汗や外遊びですぐ汚れるので、洗濯しやすいものが◎
夏場はつばが広くてサイドをスナップできるタイプのハットが大活躍。汗や外遊びですぐ汚れるので、洗濯しやすいものが◎

結いたいけれど、髪が足りない!

さて、成長とともに髪の毛も長くなってきますが、いざ結わこうとすると横からパラパラと落ちてしまってまとめられない食事のときに前髪がかかってしまう……といった場合には、ヘアクリップが便利

ただ、子ども用にと小さいものを選ぶと、毛束を確保できないため外れやすく、落としやすいので注意が必要です。

また、ギザギザがついていたり、金属が丸出しのタイプだと、赤ちゃんの頭皮を傷つけたり、自分から取ってしまった際に痛い思いをする恐れがあるので、毛を挟む部分の仕様に注目を

フェルトや布製リボンなどで保護されているものもありますが、取れなさ具合でいえば、シリコンやスポンジなど摩擦係数の高い素材がついているものがおすすめです。いずれにしても、ベビー用や子供用のアクセを選ぶことが重要です!

プチプラに吊られて安価なものを購入してみたら、金属が丸出しなうえ、ギザギザも。そもそもが細い赤ちゃんの毛だと、この隙間でもするする抜けてしまいます
プチプラに吊られて安価なものを購入してみたら、金属が丸出しなうえ、ギザギザも。そもそもが細い赤ちゃんの毛だと、この隙間でもするする抜けてしまいます
オススメなのが、こういったスポンジゴムで挟むタイプ。危なくないうえ、しっかり留まります
オススメなのが、こういったスポンジゴムで挟むタイプ。危なくないうえ、しっかり留まります
前髪が伸びちゃったときには、くるっとまとめてクリップで留めてポンパドールに。楽チンでカワイイ!
前髪が伸びちゃったときには、くるっとまとめてクリップで留めてポンパドールに。楽チンでカワイイ!

結える長さになったら…

ようやく言える長さに。女の子らしさも、ぐっとアップします
ようやく言える長さに。女の子らしさも、ぐっとアップします

サイドの髪が肩より長くなったら、ようやくゴムの出番。ヘアアレンジも楽しく、ちょっとした毛ハネも子どもらしくてチャーミングになります。

ただ、誤飲が心配なので、1歳前のよく舐める時期は特に、なるべくならチャームのついたものではなく、シリコンゴムだけで結わうとベター。その際は、100円ショップなどで取り扱われている主流なタイプよりさらに細いタイプのものが、絡まりにくく縛ったときもスッキリまとめられます。

左が100均でよくあるタイプ。右側がベビー用品店で購入したもの。シリコン製なので絡みづらく、繰り返し使えます
左が100均でよくあるタイプ。右側がベビー用品店で購入したもの。シリコン製なので絡みづらく、繰り返し使えます

長さがそろわない髪には…

このように編みながら結わえると、パラパラと崩れてくる心配もありません
このように編みながら結わえると、パラパラと崩れてくる心配もありません

ある程度髪の毛が伸びて、日常的に髪の毛を結うようになると、気になるのが、髪の長さのバラバラ具合

どうしても長さがそろわない、特に前髪の横の部分をまとめる場合は、ピンを使うより編み込みにするとGOOD。あるいはサイドを一度まとめてからアレンジすれば、ピンが落ちる心配がなく、かわいく仕上がります。

夏~秋にかけての気温が高いときには、なるべく汗で髪の毛がベッタリとしないように後れ毛対策として結ぶといいですよ。

プールのときはピンを使うと落としたときに危ないので、使用を避けたほうが無難。濡れないように、このときはツインテールを三つ編みにして根本に縛り付けました
プールのときはピンを使うと落としたときに危ないので、使用を避けたほうが無難。濡れないように、このときはツインテールを三つ編みにして根本に縛り付けました

毛髪量に合わせて、ヘアアレンジを楽しもう♪

赤ちゃん時代は「このまま毛が伸びなかったらどうしよう」と思うほど綿毛のような毛だった娘は、4歳を迎えて一丁前にヘアスタイルにこだわりを持つようにもなりました。

ちょっとじっとしていてもらうのは大変ですが、月齢・年齢にかかわらず、女の子はヘアアレンジをしてあげると、できあがりを見たときにパァァァと顔色が変わるのが愛らしく感じます。

ぜひとも、母娘でお気に入りのアレンジを便利グッズで見つけてみてくださいね♡

この記事を書いた人

  • 山本順子
    2歳の娘持ちのママライター。美味しいもの、お料理、ジャズやブルースのライブを聴きに出かけるのが大好き。ワーキングマザーとして、仕事と生活の両立を日々模索しています。

Products 紹介商品

Related Posts 関連記事