ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2017/8/18

何でも舐めたいお年頃♡ ねぇねぇ、こんなに舐めて大丈夫なの??

赤ちゃんは、身の回りの物を次から次へと口に入れてペロペロと舐めます。この何でも口に入れる行為は、赤ちゃんがしっかりと成長している証。でも、ちょっと目を離した隙にいろいろな物を口に入れてしまうので、ママは毎日ヒヤヒヤさせられますよね。

赤ちゃんの成長にもよりますが、生後5~7ヶ月くらいから舐め始める子が多いようです。

どうして、なんでも舐めちゃうの?

大人は目で見て物を認識しますが、赤ちゃんは口に入れて物の形や感触で理解していきます。赤ちゃんの口は「第二の手」。口に入れてどんな物であるか確認作業をしているのです。

また、乳歯が生え始める頃の赤ちゃんは、歯茎がむずがゆくなることがあるため、いろいろな物を舐めたり、噛んだりすることで歯茎のかゆさや違和感を解消しようとしています。

まずは自分の手をなめなめ
まずは自分の手をなめなめ
大人の手もなめるように…
大人の手もなめるように…

舐めることで…脳が活性化する

「舐める」「噛む」といった口を動かす行為は、脳の動きを活性化するとも言われています。息子もよだれをダラダラ垂らしながら、オモチャや自分の指や足…そして、ママやパパの手までよく舐めていました。

口周りをペロペロ舐めることも多く、拭いても拭いても濡れてしまい、口周りが赤くなってしまうことも…。

今振り返ってみると、ママから見ると悩ましい行為も赤ちゃんにとっては脳を刺激し、成長する上でとっても重要な行為だったのですね。

口のまわりは常によだれでダラダラです
口のまわりは常によだれでダラダラです

舐めることで…免疫力が付く

赤ちゃんはどんな物でも構わず舐めてしまうので、「清潔にしなくちゃ!」と思うママは多いのではないでしょうか。

息子の場合、オモチャでは事足りず、ママやパパが普段使っている物に興味を持ち、リモコンや鍵、携帯電話などをカバンから引っ張り出してペロペロ

決してキレイとは言えないので、適度に拭いたり、洗ったりしてある程度、清潔を心がけましたが…、息子の舐める行動範囲がどんどん広がっていくと、私の対応が追いつかなくなり、いつしか「まっ、これくらいならいいか!」と思うように。

最初は、「お腹が痛くならない?」「病気にならない?」なんて心配になると思いますが、普段の生活の中で付着する雑菌はそれほど神経質にならなくても良いと言われています。

赤ちゃんはこの時期に様々な雑菌を口に入れることで、身体の中で抗体が作られます。今後、生きていく上で必要な菌への抵抗力が身に付くので、いろんな物に触れることは赤ちゃんにとって必要なことなのです。

こんなところや、
こんなところや、
こんなものまで、何でも舐めます
こんなものまで、何でも舐めます

誤飲には、注意して!

ずり這いやハイハイが始まると、これまで以上にいろいろな物が目につくので誤飲の事故が起きやすくなります。大人より目線が低い子どもは、大人が普段あまり目をやらない低い位置がよく見えているので、そのあたりを徹底して整理整頓して下さい。

小さ過ぎたり、部品が簡単に取れてしまったり、食いちぎることができる物などは誤飲の危険性があるので、赤ちゃんから遠ざけて下さい。人体に有害な塗料を使った物も注意するようにした方が良いです。

我が家では、コルク性の積み木や食材の宅配で届く発砲スチロールの箱がノーマークだったのですが、息子が食いちぎって悲惨な有様に…。なめなめ期のベビーがいるおうちでは、十分気をつけて下さい。

なめなめ期の赤ちゃんにとって、紙も大好物のよう
なめなめ期の赤ちゃんにとって、紙も大好物のよう
買ってきた野菜ならまだしも…
買ってきた野菜ならまだしも…
お外でも舐めます。見守りながら、誤飲には気をつけましょう
お外でも舐めます。見守りながら、誤飲には気をつけましょう

息子のお気に入りのオモチャとは…

息子が一番お気に入りだったオモチャは、「キリンのソフィー」の人形でした。模様が色褪せるほどよく舐めていました。ソフィーは、天然ゴムと食用の塗料で色付けしているので、赤ちゃんのオモチャには最適!

赤ちゃんが安心して遊べる布・プラスチック製のオモチャや絵本、ぬいぐるみなど、なめなめ期の赤ちゃんの欲求を満たすオモチャを準備しておくことをオススメします。

ずっとお気に入りだったキリンの人形。安全な素材なので、これならいくら舐めてもOK!
ずっとお気に入りだったキリンの人形。安全な素材なので、これならいくら舐めてもOK!

いろいろなものを舐めてママの頭を悩ませていた赤ちゃんも、気がつけばもう舐めなくなってしまうもの。舐めるのは、成長に必要な行為だと捉えて神経質になりすぎずに過ごしたいですね♪

この記事を書いた人

  • 渡邉如子
    現在1歳のわんぱく息子の子育てに奮闘中の臨床発達心理士、保育士の資格を持つママ。今年の4月から仕事に復帰しました。

Products 紹介商品

Related Posts 関連記事