ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2017/3/1

《我が家のひなまつり♪》美味しく楽しく過ごそう♡ おひなさまを彩る、春色ムースの作り方

春一番が吹きました。公園の梅の木は今が見頃。これから暖かい日寒い日を繰り返しながら本格的な春に向っていきますね。

いつもの原っぱでも、オオイヌノフグリやホトケノザなど小さな春を発見! 子供たちは小さな花を見つける度、嬉しそうに摘んでプレゼントしてくれたり、お友達と交換したり…。にぎやかに春を楽しんでいます。

だんだんと春らしい陽気に! 原っぱでは、小さな春をたくさん見つけます
だんだんと春らしい陽気に! 原っぱでは、小さな春をたくさん見つけます

節分が終わると、おひなさまが登場!

我が家のおひなさまは、着物職人である義理の母のお手製。とても小さくてかわいいお気に入りのお人形です。

ひな祭りは、本来は「邪気を払って春を迎える」行事だったそう。節分同様ですね。それが江戸時代頃に3月3日に変更され「女の子のための行事」と変化していったとのこと。

いずれにしても、元気に春を迎え、これからも健康ですくすく大きくなーれ!という親心がたっぷり詰まった伝統行事。男女問わず、おいしくたのしく過ごして春を満喫しましょう♪

ひなまつり、パーティーしませんか?

家族でお祝いする他にもお友達で集まって小さなパーティーを開いたりすることも多いのでは!?

ひな祭りは「ちらし寿司」「蛤のお吸い物」「三色菱餅」「ひなあられ」など想いのこもった行事食がたくさん! 持ち寄りパーティーなどにするとお母さんの負担も少なく、いろいろ楽しめて一石二鳥♡

今回は簡単に作れて、いつもよりもスペシャルなムースゼリーを作ります! ベースになっているのは「三色菱餅」です。

こちらが「三色菱餅」カラーの、春色ムース♪ アイスクリームでできちゃいます!
こちらが「三色菱餅」カラーの、春色ムース♪ アイスクリームでできちゃいます!

三食に込められた思いとは

●赤は「桃の花」。魔除けー生命のエネルギーがあります。

●白は「雪」。浄化、清浄ー大地のエネルギーがあります。

●緑は「草、木々、大地」。長寿、健康ー木々のエネルギーがあります。

「雪が溶け、緑の草萌える春の大地に桃の花」という美しい情景を表しているそう。素敵な意味合いに、うっとり♡春のお祝いにはぴったりですね。

アイスを溶かして、『春色三色ムース』を作っちゃおう♪

アイスクリームを使って、リッチテイストなムースゼリーを作ります。アイスクリームの材料は「卵」「牛乳」「砂糖」。アイスクリームを溶かして使うとムースの材料になっちゃうんです♪

<材料>

・アイスクリーム 1cup(約120ml)

・苺シロップorいちご 適量

・牛乳      200ml

・粉ゼラチン   5g

・アイスクリーム 1cup

・白桃      サイコロ状にカット(※やわらかな缶の桃は包丁の練習にはぴったり!)

・牛乳      200ml

・粉ゼラチン   5g

・アイスクリーム 1cup

・抹茶      小さじ2(お湯で溶かす)

・牛乳      200ml

・粉ゼラチン   5g

トッピング

・桃缶、いちご、キウイなどお好みで

用意するのは、こんなもの
用意するのは、こんなもの

<作り方>

1,型はサッと濡らしておく(抜きやすくなる)

2,小鍋にアイスクリームと牛乳を入れ、アイスクリームが溶けた頃<抹茶、苺シロップ>を入れ混ぜる

3,粉ゼラチンを加える

4,ゼラチンが溶けて、あら熱が取れたら型に流し入れる

5、1色ずつ冷やして(冷蔵庫で約2時間)、次の1色をつくりまた冷やし、同じように3回繰り返す

6、お好みで苺や桃をトッピングして完成!

型に流しこむのは、子どもの仕事。カラフルで楽しいね!
型に流しこむのは、子どもの仕事。カラフルで楽しいね!

小さな型にいれても、大きな型でケーキのようにしても! 大事なのは色彩♡ 形は自由にまいりましょう~!

おひなさま、思い出に残る日になりますように!
おひなさま、思い出に残る日になりますように!

楽しくおいしく旅する毎日! 作って食べて元気に遊んで! おいしい春を味わおう!

この記事を書いた人

  • 栗原麻里子
    お菓子とごはんのお仕事、chipuri chapura主宰。元気で食いしん坊な2歳の娘と日々おいしい時間を満喫中!

Related Posts 関連記事