ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2017/1/22

第一回 赤ちゃんが落ち着く“神アイテム”のバウンサー、日本との意外な関係 ベビー・ビョルンにインタビューしてきました!

ここ数年で、日本でも浸透してきた海外のベビーブランド。blossom39が代官山にオープンしてから8年、たくさんの海外ブランドを紹介してきました。デザインが可愛い、雑誌のモデルや海外セレブが愛用している、などだけじゃない、ブランドの魅力をもっとお伝えしたい!

そこで、今回はバウンサーや抱っこ紐などで絶大な支持を受ける「ベビービョルン」さんに、ブランドのコンセプトや開発秘話などをおうかがいしてきました!

スウェーデン発祥のブランド・ベビービョルン。都内にあるベビービョルン株式会社へおうかがいし、インタビューをさせていただきました!
スウェーデン発祥のブランド・ベビービョルン。都内にあるベビービョルン株式会社へおうかがいし、インタビューをさせていただきました!

バウンサーや抱っこ紐、独自のアイテムを生み出すベビービョルン

1961年、ビョルン・ヤコブソンと、リリモア・ヤコブソン夫妻により、スウェーデンで創業された「ベビービョルン」。ビョルンはクマを指していて、ブランド名はその名のとおり「赤ちゃんクマ」という意味です。ブランドの顔になっているクマのキャラクター、ママなら一度は見たことがありますよね!

ヤコブソン夫妻により立ち上げられたベビービョルン。いまは全世界で愛されるベビーブランドとなった
ヤコブソン夫妻により立ち上げられたベビービョルン。いまは全世界で愛されるベビーブランドとなった

なかなか知ることのできないブランドの歴史や開発の裏話などを、ベビービョルン株式会社の代表である深井誠さんにおうかがいしてきました。

ベビービョルン株式会社の代表取締役であり、アジア・パシフィック営業統括責任者である深井誠さん。深井さんはベビービョルンに携わって今年で13年になる
ベビービョルン株式会社の代表取締役であり、アジア・パシフィック営業統括責任者である深井誠さん。深井さんはベビービョルンに携わって今年で13年になる

ベビービョルンの歴史は、バウンサーから

深井さん:ビョルン創業のきっかけは、「自分のこどもにより上質なベビー用品を使いたい」という夫妻の思いからです。旦那さんであるヤコブソン氏は、学生時代アメリカ留学をしており、そこで親戚の子のベビーシッターのアルバイトをします。そこで、アメリカのバウンサーと出会い、「これを本国で作ってみよう」と決意するんです。

今でもビョルンの物流センターになっている小さな町ラナでは、当時、鉄をつくる産業が盛んでした。バウンサーのワイヤーは、そこで作られています。

様々なシーンで活躍するバウンサー。子どもとの日常に欠かせないアイテムだというママも多いのでは?
様々なシーンで活躍するバウンサー。子どもとの日常に欠かせないアイテムだというママも多いのでは?

―――バウンサーがビョルンのはじめのアイテムなのですね。

深井さん:最初の2年くらいは、全く売れなかったんですよ。ユーザーの声を聞き続け、改善を続けて、生活にフィットさせていき、やっと売れるようになってきたそうです。

最初の製品から一番かわったのは、直接的なワイヤーではなく、ねじれを使って揺らす構造に変えたこと。実はこのワイヤーのねじれや支点の置き方も研究を重ね続けていて、1990年代までは改良に改良を重ねてきました。

こどもの荷重だけで揺れるバウンサーで、シンプルなものなんですが、小さな赤ちゃんにはやさしく、大きなこどもには大きく揺れるように設計されています。

赤ちゃんの荷重で揺れるバウンサー。自然な揺れが心地よく、どんな子どもでも落ち着くと定評がある
赤ちゃんの荷重で揺れるバウンサー。自然な揺れが心地よく、どんな子どもでも落ち着くと定評がある

日本のママの声から生まれた! 高さ調節ストッパーの改良

ベビービョルンの顔であるバウンサー。一見ワイヤーと布のシンプルな構造ですが、たくさんのこだわりと思いが詰まっています
ベビービョルンの顔であるバウンサー。一見ワイヤーと布のシンプルな構造ですが、たくさんのこだわりと思いが詰まっています

―――ビョルンのバウンサーにのせるとご機嫌になる、泣き止むなどの話をよく聞きます。我が子たちも使ってきたのですが、この独特な揺れが気持ち良いみたいで、すやすや寝てしまうんですよね。

深井さん日本は床生活の方が多いので、バウンサーは生活に適しているベビー用品なんですね。今でも日本が一番売れていますし、日本のママの声もたくさん取り入れられています。

バウンサーは三段階で角度を変えられるようになっていますが、当初は安全性を保つため、しっかりと音がするまではめこまないと固定されない構造でした。しかしその「カチッ」という音で、赤ちゃんが起きてしまう…という声があった。

―――「やっと寝た〜」と思って角度を平らに変えようとしたら…ということですよね。わかる気がします。

深井さん:そこで開発チームは、音が鳴らず、絶対にはずれないストッパーを開発したんです。この赤い部分がそう。リスクを分散して、音がカチカチ鳴らなくても外れない仕組みを採用しています。

ベビービョルンは、日本、特にトヨタが大好きなんです。販売した商品を「改善」していくという概念が当たり前に使われているのは、日本の影響なんですね。新しいものができても、それに満足せずに常によりよく改善していっています。

高さ調節時、音がしないようにストッパーを改良。小さなところにもこだわりを続ける。これは日本からの声が参考になった
高さ調節時、音がしないようにストッパーを改良。小さなところにもこだわりを続ける。これは日本からの声が参考になった

安全基準、小児科医との話し合い…長い開発のプロセスの末に発売

―――商品の開発プロセスというのは、どのような段階を踏んでいるのでしょうか。

深井さん:ビョルンの開発プロセスは、途方もなく長く、しっかりしたもの。ぜひみなさんに知っていただきたいのが、ここです。

アイテムの開発が決まると徹底的にリサーチをし、小児科医との話し合いを重ねます。また、ビョルンは現在、ヨーロッパ、アメリカ、日本、韓国の安全基準をクリアするようにしており、ここで事故のリスクは徹底的になくしています。

これらの段階を経て試作品ができると、何組かのユーザーファミリーに使ってもらい、写真やビデオを撮影して、使い心地をリサーチします。ある程度決まったら、まずは工場で500個製造しますが、これに関しては売らずに捨ててしまうんです。

―――売らずに捨てる! どうしてですか?

深井さん:手作業の工程があり、500個くらい作らないと慣れないから。まず500個生産して、その製品でもう一度検査をします。作る人に手を慣らしてもらうのです。

その検査が通ると、次は5000個をテスト生産します。これを2カ国で販売する。本国スウェーデンと、日本、フランス、オーストラリアなどが多いですね。ここでアンケートをとって、悪い点がみつかると差し戻し、開発は最初の段階からリスタートとなります。

テスト販売を経て、5000個がすぐに完売、アンケート結果も良いもの、となったときに初めて本生産に入り、全世界で販売開始となるのです。

―――わたしたちの手元に新発売として商品が届くまでに、長い年月がかかっているのですね。

深井さん:そうなんです。そして販売したら、すぐに検証フェーズに入ります。発売後の商品についてもユーザーの方たちの声を吸い上げて、常に改善点がないか検証しているのです。

抱っこ紐でいうと、「ベビービョルンONE」は、日本の声を聞いて作られたアイテム。なかでも「ONE+」は、より日本人向けにローカライズされて作られたアイテムです。これは、開発開始から実に8年もの年月をかけて、発売することとなりました。メッシュの「Air」についても、日本からの意見や要望が形になったものです。

―――ベビービョルンは、スウェーデンのブランドでありながら日本と密接な関係を持っていることがわかりました。

スウェーデンのビョルン社が出しているスクラップブック。ビョルンの歴史、アイテムの変遷が詰まっていました
スウェーデンのビョルン社が出しているスクラップブック。ビョルンの歴史、アイテムの変遷が詰まっていました
マイナーチェンジを経てはいるものの、初期の製品から大幅なコンセプトは変わっていない。ビョルンの物作りへの信念を感じました
マイナーチェンジを経てはいるものの、初期の製品から大幅なコンセプトは変わっていない。ビョルンの物作りへの信念を感じました

次回は、新生児から使えるビョルンの定番抱っこ紐「オリジナル」の驚くべきこだわりや、日本人のために開発された「ONE+」の開発秘話など、抱っこ紐についてのお話をお伝えします!

この記事を書いた人

  • 遠藤るりこ
    代官山スタイル編集長。5歳・3歳のわんぱく兄弟のママ。子どもと過ごす、楽しい毎日をたくさんお伝えできればと思います!

Products 紹介商品

Related Posts 関連記事