ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2016/12/7

《カラーゴムやビーズクッション…》こんなアイテムが授乳タイムをラクにする、ママたちの工夫あれこれ♪

出産してすぐに始まる授乳タイム!

授乳タイムは、愛する我が子を抱え、おっぱいを飲ませて幸せなひととき…♥

妊娠前は、そんな授乳タイムを想像していた私ですが、ずっと寝ていて起きない…うまく吸えない…腰が痛い…寝不足でおっぱいが出ない…等々、はじめからトラブル続きでてんてこまい!

今回は、一筋縄ではいかない授乳タイムをスムーズにするための、定番〜マル秘アイテムをお伝えします。

授乳タイムは、我が子との貴重な時間。ママもベビーもうれしい、授乳タイムをスムーズにする工夫を教えちゃいます!
授乳タイムは、我が子との貴重な時間。ママもベビーもうれしい、授乳タイムをスムーズにする工夫を教えちゃいます!

これは必須! 定番授乳アイテム

授乳クッションは、授乳タイムの相棒

ママたちの半数以上が「買ってよかった」というのは、授乳クッション。形やサイズなど様々で、買い換えるママも多いそう
ママたちの半数以上が「買ってよかった」というのは、授乳クッション。形やサイズなど様々で、買い換えるママも多いそう

授乳するのにまず思い浮かぶのが、授乳クッション。今では様々な種類、かわいいデザインのものがたくさんあります。出産前にわたしが購入したのは、BOBOの授乳クッション!

そのかわいさに一目惚れ。MOGUやエルゴベビーなどのブランドものはやはりしっかりとした作り。硬さや大きさなど、自分に合った授乳クッション選びは大切です!

知ってた? ママたちの知恵!

また、出産するまで知らなかったのが、カラーゴムが定番アイテムということ。

髪を結ぶカラーゴムを大きめに結び、長いネックレスのように首にかけます。授乳するときに、服を内側からまくりあげゴムにかけると、服がそこにまとまり、授乳中に洋服が落ちてくることがありません

授乳服などのアイテムは外出時には便利ですが、これで普通の服でもラクラク! 家での授乳中はカラーゴムが欠かせないアイテムでした。

季節に合わせた、外での授乳アイテム

授乳ケープも定番アイテムですが、忘れてしまった時などは、エイデンアンドアネイのモスリンコットンや大きめのブランケットなどで代用しているママも多いよう。私も結局ケープは買わず、モスリンコットンをくるっと首にかけてどこでも授乳していました。

しかし、ただケープをしていても隙間からおなかや背中が見えてしまうのが気になるママもいるよう。季節に合った授乳服や下着を身につけるのが一番ですが、私は寒い時期は腹巻きで代用していました。腹巻きをしていれば、服をめくりあげてもお腹が冷える〜なんてことはありませんでした!

夏は暑いので、授乳ブラやVネックの肌着、授乳服で対応しましょう。

母乳分泌に悩んだ時は…

なかなか母乳がでなくて悩んでいたとき助けられたのは、やはりハーブティー。フェンネルやフェヌグリークなど、母乳サポートハーブが入っているものや、母乳量を調整してくれるダンデライオンがおすすめです。

母乳過多の人はセージティーを飲むと、母乳分泌の抑制をしてくれるそう。こちらは卒乳の時に試してみようかな?と思っています。お茶を飲んでゆっくり、リラックスタイムを持つのも大事ですね♪

いつでも頼って、乳頭保護アイテム

噛み癖がある赤ちゃんや、授乳しすぎで乳頭亀裂してしまったりなどの乳頭トラブルは、早めの対処を!

乳頭保護器を使ったり、乳首のお手入れをしっかりして、授乳ストレスを解消しましょう。乳頭保護器はハードタイプ・ソフトタイプと形も様々なので、自分と赤ちゃんに合ったものを見つけましょう。

乳頭トラブルには、多くの口コミにもある通り、ピュアレーンやメデラがおすすめ。症状がひどい場合は、医師の判断を仰ぎましょう。

わたしが欠かせなかった授乳アイテムは…

それは、大型のビーズクッション!

生後3ヶ月頃に購入したのですが、もっと早くに、いや出産前に購入しておけばよかった…! と強く思ったのを覚えています。

授乳クッションでベストなポディションを見つけるまでにも時間がかかり、腰も肩もガチガチだったわたしですが、ビーズクッションに座って授乳すると、全てがしっくり

体も自由自在にクッションにはめることができ、体勢を直すことも容易。授乳中に眠りに入った娘とそのままクッションでお昼寝〜なんてこともしばしば。授乳タイム以外にもパパがクッションとして使ったり、今は娘の遊び道具にもなっています。

卒乳するその日まで、絶対必要になる授乳アイテム。振り返れば、授乳期間もあっというまに終わってしまいます。我が子と密着する貴重な時間、工夫を凝らして、幸せなひとときにしたいですね♥

この記事を書いた人

  • 北原絵里
    郊外で暮らす、自然派ママ。女の子持ち。

Products 紹介商品

Related Posts 関連記事