ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2016/11/2

【おねんね中の防寒って?】本格的な寒さがやってくる前に…赤ちゃんを寒さから守る、“スリーパー”の選び方♪

これから本格的な寒さがやって来ますね。

みなさん、スリーパーは活用していますか? 夜中でも動き回る赤ちゃんを、寝冷えから守ってくれるスリーパー。体温調節が未熟な赤ちゃんは、布団を蹴って何も掛けていない状態で寝ていると、すぐに体温が下がってしまいます。

かといって毎回起きて掛け直すのも、寝不足のママには辛いもの..。ママも赤ちゃんもぐっすり眠れるように、快適なスリーパーを活用しましょう!

我が家の購入したスリーパーは…

素材、形、サイズなど、様々な種類があるスリーパー。

我が家がまず購入したのが、ハンスパンプキンのスリーパー。普段はシンプルな服しか着せないので、派手でキュートなデザインのハンスパンプキンのスリーパーに一目惚れ

前開きチャックの足付きのものを購入しました。

しかし、購入時に娘は生後6ヶ月。まだまだ夜中におむつを替えることも多く、その都度足を脱ぎはぎするのは大変..。おむつ替えしやすいタイプのものを購入すればよかった〜と少し後悔。夜中のおむつ替えがあるベビーは、袋型のものなどが良さそうです。

でも着ている姿はとってもかわいい♥ こちらはスリーパー以外にも、真冬の部屋着にもしていました。

冬だけじゃない、夏になっても使える!

夏になって買い足したのが、ソレイアードの6重ガーゼスリーパー。こちらは足元が開いた状態のため、おむつ替えには最適でした。

ボタンもサイドに付いているので、寝てしまってからも簡単に着せられて便利

夏でも寝相で布団や洋服がまくれてしまって、足元が冷え冷えの時があるので、寒い季節以外でも活躍しています。

スリーパーの素材の種類や形は?

スリーパーを選ぶポイントは、素材と形状。

素材は、ガーゼ、コットンやタオル地の他に、マイクロファイバーやフリース、ダウンなどがあります。私としてはコットンなど洗いやすい素材が、一年を通して使えるのでおすすめ。本当に寒い冬用に、フリースやダウン素材のものもあると使い分けができていいですね。

形状では、ベストタイプ、ロングタイプ、袖ありなどが主なもの。夏はベストタイプ、冬は袖ありのロングタイプがあると、体温調節もうまくできそう。

また前開きチャックのものか、被せてスナップボタンで着せるのものかでも、着せやすさが変わってきます。

足元の形状も、両足が分かれているロンパース風なもの、袋型のもの、足元のチャックがないもの、など様々です。

これが大事! 着せるタイミングは?

夏でも冬でも、寝る前から着せてしまうと、授乳や室温などで汗をかいてしまう事が多いよう。

我が家でも、わたしが起きている間は布団で調整し、自分も寝る前に、そーっと着せるようにしています。深夜や朝方にかけてぐっと気温も冷えるので、スリーパー+布団で丁度いいように調節しています。

お気に入りは、もう一枚購入したい!

ハンスパンプキンのスリーパーは少しサイズが小さくなってきたので、冬用にもうひとつスリーパーを購入予定

候補に上がっているものが、アンナニコラのフリース素材のスリーパー。真冬は万歳して寝ている腕が寒そうで、袖ありのものがほしいと思っていました。甥っ子が愛用中で、厚手のパジャマとこのスリーパーで真冬もぐっすりと、高評価です。

もうひとつがナオミイトウのおくるみスリーパー。手足がすっぽり包まれることと、デザインがキュート! コットン素材なのもうれしいポイント。

また、こちらは袖無しですが、エイデン&アネイのクラシックスリーピングも候補のひとつ。ロングタイプで、これから大きくなっても長く使えそう。ママたちの出産祝いでもとっても喜ばれるアイテムなのだそう。

大きめでゆとりのあるものを選んで◎

一年中使える袖無しコットン素材のものを1枚、冬用に袖ありのすっぽり包まれる暖かい素材のものを1枚、最低でも計2枚を四季に合わせて活用するのがおすすめ。

ほかにも、こんなユニークなスリーピングバッグも♪ お昼寝用や、おうちでごろごろとする時用にもよさそうです。

赤ちゃんが食べられちゃう! 寝相アートにもよさそうです♡
赤ちゃんが食べられちゃう! 寝相アートにもよさそうです♡

何より、すっぽりくるまれていたり、大きなスリーパーに包まれる子どもの寝姿はとってもかわいいですよね。みなさんも、かわいいスリーパーに出会えますように♡

この記事を書いた人

  • 北原絵里
    郊外で暮らす、自然派ママ。女の子持ち。

Products 紹介商品

Related Posts 関連記事