ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2015/12/10

赤ちゃんとの外食をより楽しく! 便利グッズで楽しく美味しい時間を♡

ベビーとの外食、何を持って行っていますか?

赤ちゃん連れの外食はママにとっても赤ちゃんにとっても何かと大変…でもやっぱりたまには気分転換に外食もしたい! そんな時にママを助けてくれるお役立ちグッズをご紹介します。

代官山にも、子ども向けランチができるレストランがたくさんあります
代官山にも、子ども向けランチができるレストランがたくさんあります

ベビーチェアベルトでしっかりおすわり

友人からお下がりでもらってとても重宝したのがベビーチェアベルトキャリフリー 」。

大人用のイスに取り付けると子どもが安定して座れるので、ベビーチェアのないお店でも安心です。また、ママの腰につけて膝の上に座らせれば両手が使えるので一緒に食事をするのがグッと楽になります。

子どもとの外食は「良い子で座っていられるか」が一番心配なところ。

私は子どもが机に乗り出そうとするのをいつも左手で止めていて腱鞘炎になりかけていましたが、このベルトがあったおかげで救われました。

オーガニック・ベビーフード

赤ちゃんにも取り分けられるものを…となると、お店もメニューも限られてしまいがち。でも、ベビーフードを持ち歩いていればどこに行っても安心です(もちろん、お店の人に了解を取ってくださいね)。

市販のベビーフードは種類も豊富で、温めずにそのまま食べれるものなども出ていますが、中には「本当にこの月齢で?」と思うほど塩分や味付けが濃いものも。

そんななかで良心的なのがOfukuro「 有機まるごとベビーフード 」。国産有機素材を原料に、添加物を加えずに作られているのでとにかく安心。このシリーズは味付けがほとんどされていないので、月齢に合わせて味付けができます。

容器がガラス瓶なので重たくてかさばるのが難点。しかし、それも素材を大切に考えてこそと思えば納得です。

ベビーフードがあれば、「子どもに取り分けるから…」とママのメニューが制限されず、すきなものを食べられますよ。

使い慣れた、子ども用カトラリー

ベビーフードやカトラリーを持ち歩いておくと、お店選びも幅が広がります
ベビーフードやカトラリーを持ち歩いておくと、お店選びも幅が広がります

お店で貸してもらえる場合もありますが、やはり使い慣れたものを持ち歩いていると便利。

我が家で愛用しているのは「 天然木・動物たちのカトラリー 」(特に「あひる」と「かば」)。可愛いだけでなく、木のぬくもりが気持ちよく、大きさやカーブもちょうど持ちやすく口当たりがよく食べやすいので、大人も重宝しています。

まだ小さいうちは何がなんだか分かっていなかったものの、1歳9ヶ月になる今では「かばー!」とか「きりんー!」と柄を見ながら喜んで使っています。

使い捨てエプロン、ヌードルカッター、その他…

その他にも、使い捨てエプロンや、麺類やおかずを手軽に小さく切れるヌードルカッター(100均にも!)など、便利なグッズがたくさん出ています。上手に活用して、ママも赤ちゃんもハッピーに、外食で気分転換できたらいいですね!

この記事を書いた人

  • 西谷奈央
    ライター・翻訳者。1歳男児のママ。都心に暮らしながらもできるだけ自然に触れて逞しく育って欲しい!と、山・海・川にでかけるアクティブ派。

Products 紹介商品

Related Posts 関連記事