ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2016/7/28

音楽好きなベビー&キッズに! 我が子の愛用しているおすすめミュージックトイはこれ♡

赤ちゃんの月齢にあったおもちゃ選びってなかなか難しい…!

音楽が好きな赤ちゃん。でも、自分で音を出すミュージックトイを使いこなせるようになるのはいつ頃? 我が子の場合を紹介します。

赤ちゃんでも楽しく使える、我が家のミュージックトイをご紹介します!
赤ちゃんでも楽しく使える、我が家のミュージックトイをご紹介します!

はじめてのミュージックトイはこれ!

我が子へはじめてプレゼントしたミュージックトイは、ラッパ! 5か月頃でまだ早いかなぁと思いつつ、お米シリーズのラッパがかわいくてついつい購入。

はじめはペロペロなめるだけでしたが、6ヶ月過ぎてからはなんとぷーぷー上手に吹けるように!

はじめは「偶然音が出ちゃった!なんだ今の音は!?」という反応でしたが、徐々に自分から息を吸って思いっきり吹くように!

それからの数ヵ月間、ラッパがブームで1日に何回も一心不乱に吹いていました。

口回りの筋肉も鍛えられるようで、発語を即すのにもよいそうです。そのおかげか?よくひとりであうあう喋っています! しかし、一歳になった今はブームが去ってしまいました…。

木琴は音のキレイなものを!

小さい頃から本物を!をモットーに子育てしている我が家では、離乳食の器なんかもはじめから陶器のもの。

おもちゃも安いものをたくさん与えるよりも、孫の代まで使えそうな本物のおもちゃを選ぶようにしています。

ものによっては音色が全く異なる木琴。我が家ではオークヴィレッジの森の合唱団を、クリスマスにプレゼント。

木琴は鍵盤の長さを変えて違う音を出していますが、これは樹種の違いで音階を奏でています。木の感触や香りなんかも楽しめて、購入してよかったと思えるおもちゃのひとつです。

はじめはわたしが叩いて音色を聴くだけでしたが、今はひとりでも叩いて遊ぶようになりました。

たいこは身近なもので!

カラフルなもの、光がでるものなど色々。できれば長く使えるものを選びたいですね♪
カラフルなもの、光がでるものなど色々。できれば長く使えるものを選びたいですね♪

叩けば音がなるたいこは、赤ちゃんでも簡単に遊べるおもちゃ。

我が家のたいこは、お菓子の缶を使って作りました。丸い缶に、厚めのビニールテープを張れば完成! 表と裏と二種類の音が楽しめます。

わたしが叩くと7ヶ月頃には我が子も叩く真似をして、トントンタンタン両手で叩いて遊んでいました。最近は「やっぱり本物がほしい!」と小さいサイズのジャンベを購入予定です!

甥っ子のたいこは音楽がなったり光ったり、転がしても音が鳴るもの。そういったおもちゃも、興味津々で遊んでいます!

次にゲットしようと思っているミュージックトイはピアノ♪ 指先も器用になってきたので、自分で鍵盤を押して、どんな反応をするのか楽しみです。

いろいろな音に触れて五感を刺激! 赤ちゃんは音楽が大好きです♡
いろいろな音に触れて五感を刺激! 赤ちゃんは音楽が大好きです♡

自分で音をかねでることができるミュージックトイ。赤ちゃんには早すぎるのでは?と躊躇せずに、小さい頃から様々な音色を聴かせてあげるのが良いと思います。こどもと一緒に奏でる音楽。幸せなひとときです!

この記事を書いた人

  • 北原絵里
    郊外で暮らす、自然派ママ。女の子持ち。

Products 紹介商品

Related Posts 関連記事