ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2016/7/17

《野菜嫌いやアレルギーっ子に》先輩ママは使ってる!? こども用のサプリ、どれだけ知っていましたか?

好き嫌いやアレルギーに悩むなら…

毎日の食事にプラスして、こどもが摂りにくい栄養素を補助するサプリをご紹介します
毎日の食事にプラスして、こどもが摂りにくい栄養素を補助するサプリをご紹介します

食材にこだわり、栄養バランスを考えて…食育に力を注いでいるママは多いですよね。しかし、好き嫌いが激しかったり、病気が理由で食事制限があったり、理想的な食生活って難しい!

そこで紹介したいのが、子どもOKの栄養補助食品。原材料や味にこだわり、大人だって飲みたくなるようなものばかり。

実はたくさんの子どもOKの栄養補助食品があるなかで、実際に我が家や周囲に評判のいい商品をいくつか挙げてみました。

①野菜嫌いの子や、肌荒れに悩むママに

紗栄子さんや畑野ひろ子さんなどのブログにも登場したことで注目を集めたのが「 ひとてまい 」(健康コーポレーション)。

ホウレンソウ130株分のビタミンE、めざし約78匹分のビタミンB6など、こどもが摂取しづらい栄養素が豊富なうえ、食物繊維やコラーゲンも入っているためママの美容にもいいそう。

特に野菜嫌いの偏食っ子に悩むママは、ご飯を炊くときや、カレー、みそ汁などに混ぜて使っているそう。無味無臭の粉末状なので、こどもも抵抗なく食べているそうです。

②乳アレっこのカルシウム補給に!

乳アレルギーのためカルシウム不足に悩んでいたわが家の救世主が「 にこにこカルシウム 」(スクスクのっぽくん)。

農林水産省が定めている特定原材料27品目を使用していないので、ほとんどのアレルギーっ子でも大丈夫です。

カルシウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミン類など、幼児期の成長に必要な栄養素をバランスよく含んでいるだけでなく、安全性にも徹底的にこだわっているのもポイント。いちご味のラムネ(タブレットタイプ)なので娘はおやつ代わりに毎日食べており、始めてから半年で心なしか身長の伸びがよくなったような…。

③季節の変化に体調を崩しがちなら

アレルギー症状のある子をもつママたちに話題になっているサプリもあります
アレルギー症状のある子をもつママたちに話題になっているサプリもあります

最近増えてきた花粉症やアレルギー鼻炎のこどものママの間で話題になっているのが「 アレルケア こども用 」(カルピス)。

長年の研究でからだのバランスを整える働きがあることが分かった「L-92乳酸菌」を配合したタブレットタイプのサプリです。

ぶどう味とヨーグルト味があり、農林水産省が定めている特定原材料27品目も不使用です。食べやすいので続けやすく、こどもが季節のかわりめに風邪をひきにくくなった気がするという話や、乳酸菌というだけあって便の調子が安定したという話を聞きます。

④魚嫌いの子には、DHAを補給!

生臭いが苦手で青魚が嫌いという子には、魚や魚卵に豊富に含まれ、頭の働きをよくするといわれる成分「DHA」が豊富に入ったサプリ「 ハッピープラスこどもDHA 」(ハッピーベイビー)。

魚臭さが抑えてあるうえ、おみそ汁やスープが熱いうちに入れて溶かして飲むのでこどもでも飲みやすいのだそう。幼児期から飲むことで未来の天才が育つかも!?

あくまで食事の補助に使って

今回紹介した商品を含めて、栄養補助食品は、それだけ食べていればいいというものではありません。3食の食事プラスのアイテムです。

また、それぞれ推奨年齢があるので事前に確認をしてください。一番大切なのは、ママの愛情がたっぷりこめられた料理とママとの楽しい食事の時間

こどもの好き嫌いに一喜一憂するよりも、ママも笑顔でこどもと食事をするための補助食品として、興味があるママはトライしてみてください♪

この記事を書いた人

  • 浜田彩
    ライター。姉妹(4歳・1歳)のママ。長女が重度のアレルギー持ちのため、環境アレルギーアドバイザーの知識も交えつつ、子どももママも無理なく快適に過ごせるための情報を発信します。

Related Posts 関連記事