ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2016/6/18

ママも気がつかない、子どもの脱水症状って? 脱水症をふせぐには?

暑い日が続いてますが、ちゃんと水分補給できてますか? 子どもたちは遊ぶのに夢中で、ついつい水分をとること忘れちゃうから、ママが気をつけてあげなければなりません。

そもそも脱水症ってどんなものなのか、意外と知られていないもの。そこで、今回は脱水症の原因や症状を紹介。ママもしっかり知っておきましょう!

脱水症ってなぁに? 子どもはなりやすいの?

脱水症状とは体液が失われた状態をいいます。体内に入ってくる水分量の減少と、体外に出て行く水分量の増加が主な原因だそうです。 新生児や乳児は、喉が渇いていても自らの意志で水分補給できないので、ママが気づかないうちに脱水症になってしまってることが多いそう。

脱水症を起こすと、酸素や栄養素がうまく体内に行き渡らなかったり、老廃物を排出することができなくなったり、体温をうまく調整できなくなったりします。時には命にかかわることも。

特に体調不良などで、あまり食事をとれない時(水分は、飲料だけでなく食事からも体内に取り込まれています)はママが気をつけてあげなければなりません。

知ってた? 脱水症のピーク時期

梅雨が過ぎると、もう夏! 今年は猛暑のようなので得に注意が必要です
梅雨が過ぎると、もう夏! 今年は猛暑のようなので得に注意が必要です

脱水症は、梅雨のおわりにかけて増えてくるそうで、ピークは秋から冬にかけて。

寒く乾燥してくると風邪やインフルエンザ、ノロウイルスなどが流行し、これらの感染症から来る発熱、下痢、嘔吐などで体液が失われると脱水症になりやすいのです。

脱水症状を見分けるポイントは?

身体が熱かったり、顔色が赤かったり、ぐったりし始めたら、風通しの良い場所で赤ちゃんの様子を見て、その後の状態によっては病院へ行きましょう。

脱水症になるとおしっこが少なくなり、涙が出なくなったり、唇や口・舌が乾燥したりします。また、口などだけではなく、皮膚の乾燥も見られ、手足は冷たくなります。

重度になると…意識障害、けいれんなどを引き起こすほか、昏睡や錯覚、幻覚などの精神症状が起こることもあるそうです。

脱水症状防ぐには?

「汗をかいていないから」大丈夫ではなく、こまめに水分補給することで、脱水症を防ぐことができます。

特に就寝前や起きたて、入浴前後、遊んでる途中などには、必ず水分をとらせてあげてくださいね。汗や尿だけでなく、皮膚表面や呼吸など体内から水分が排出されているそうです。

また、暑いからと言って、冷たい飲み物もお腹を壊しやすいので気をつけましょう。

イオン飲料もいいのですが、糖分も含んでいるので、与え過ぎると下痢を起こしたり、ごはんを食べなくなってしまうそうですよ。我が家は兄妹でミネラルを多く含む、"麦茶"を飲ませています。

お出かけの暑さ対策アイテムで、脱水症を予防しよう!

夏場のベビーカーは地面に近いため、アスファルトの照り返しなどで、ベビーカー内は40度以上になることもあるそうです。汗かきの赤ちゃんは、脱水症状や熱中症になりやすいので、少しでも涼しく快適に過ごせるよう、しっかり暑さ対策をして、脱水症を予防しましょう。

背中汗取りパット

重宝しているのが汗取りパット。着替えも少なくて済みますね
重宝しているのが汗取りパット。着替えも少なくて済みますね

汗の多い背中部分は、専用の背中汗取りパットを肌着と赤ちゃんの背中の間に挟み込み、パットが汗を吸収してくれて、背中はいつもサラサラですよ。

保冷剤

真夏のおでかけのお供。ひんやり冷やして、体温を調節して!
真夏のおでかけのお供。ひんやり冷やして、体温を調節して!

抱っこ紐やベビーカー専用の保冷剤付きサポートクッションなどを使ったり、保冷剤をタオルで巻いて背中部分に当てたりします。柔らかいジェルタイプの保冷材(冷やしても硬くならないタイプ)がオススメです。

※冷えすぎないように気をつけてあげましょう。

レッグシェードやブランケット

ベビーカーでも暑さ・日除け対策は必須。おくるみなどを持ち歩くと◎
ベビーカーでも暑さ・日除け対策は必須。おくるみなどを持ち歩くと◎

大体のベビーカーの日除けは、足元までカバーができないため、足元専用シェードやブランケットで地面からの照り返しや、直射日光から守ってあげましょう。我が家はエイデンアンドアネイのブランケットを愛用♡ 赤ちゃんのお肌にも優しく、通気性にも優れているのでオススメです。

水筒やストロータイプのマグ

子どもが好きな水筒なら、水分補給も進んでしてくれます
子どもが好きな水筒なら、水分補給も進んでしてくれます

外出の際は、必ず水筒(2歳のお兄ちゃん用)やマグ(10カ月の妹用)を持って行きます。特にお兄ちゃんのは、好きなキャラクターの物をお兄ちゃんに選ばせて、購入しました。やっぱり好きなキャラクターだと興味を持ってくれて、自ら進んで水分補給してくれます。

お出かけを快適にするアイテムを持って、こまめに水分補給をして、子どもと楽しい夏を過ごしましょう♪

この記事を書いた人

  • 石橋ナンシー
    男女兄妹持ちのママ。美容部員&アクセサリーのhand maid shopも手がけていて、美容&オシャレが大好き♡

Products 紹介商品

Related Posts 関連記事