ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2015/12/10

ママに自由時間を! イクメンパパが教えるオススメおでかけスポット 〜関東近郊編〜

パパが子連れで出かけてくれる=ママのひとり時間♪

我が家のパパ(会社員・35歳)、休日にはもともとよく子どもと外に出る人でしたが、最近はなんと彼1人で3人の息子(6歳・4歳・もうすぐ2歳)を連れて出かけてくれるようになりました(驚!)。しかも私が、家での仕事や美容院などの時はほぼ1日中…(←ヒドイ)。そんな子連れおでかけスペシャリストのパパに、“パパ&キッズだけで行くなら”のおすすめスポットを聞いてみました。

ママのいないおでかけ…どういう場所がイイ?

パパとキッズだけでも楽しめて、しかもママ的には「近所の公園で遊んで1時間もしないうちに帰ってきた~」ではない、少々長めのおでかけに適した場所。どういうところがイイんでしょう? パパいわく、ポイントは、

●大人が一緒に遊ばなくても楽しめる(=パパが過度に疲れない)

●自由に動き回れる広さがある(=他人の迷惑にならない&体力を消耗してくれる)

●長時間いられる工夫がある(=飽きない、グズグズしない)

なんだとか。では、具体的にどんな場所がおすすめなのか、関東近郊のスポットを例に紹介していきます。

鉄板は「広い動物園」

子連れおでかけの定番とも言える動物園。ベビーカーの赤ちゃん~小学生くらいまで、幅広い年代のキッズが楽しめますよね。その中でも特に、敷地が広大で、展示されている動物も多い「 多摩動物公園 」がいちばんのオススメだそう。園内がとっても広いので混雑を感じることがなく、サファリパークのようにライオンを間近で見られるバスがあるなど展示方法にも工夫があり、子どもたちが飽きないのがその理由。それと、「道のアップダウンもけっこうあるから、子どもが疲れて帰りに寝てくれるっていうのもポイント高いんだよね(笑)」とのこと。また、井の頭公園の中にある「 井の頭自然文化園 」も、同様の理由でおすすめだそうです。

ライオンがこんなに間近に! こどもたちも大興奮です
ライオンがこんなに間近に! こどもたちも大興奮です

意外に穴場な「遊具+αな公園」

遊具だけだと一通り遊び終わったらおしまいだし、広い芝生だけだと一緒に遊ばなきゃいけないし……な公園も、それ以外にプラスαな要素があると、パパと子どもだけでも長く楽しめるようです。我が家のおすすめは、所沢にある「 航空記念公園 」。公園内にどどーんと実物の飛行機が展示してあったり、記念館の中にはフライトシュミレーターやミニシアターがあったりと、飽きることがありません。同じく青梅にある「 鉄道公園 」も、アクセスはなかなか大変ですがオススメです。また、ファミリーにはおなじみの「 昭和記念公園 」にもよく出かけるとのこと。こちらは、プールなどの水遊び施設、フワフワドームやハンモックなどの豊富な遊具、ディスクゴルフやクロッケーなどの変わったスポーツ体験エリアなどが揃うハイブリッドな公園。「1日じゃ足りない!」と思うほど充実した時間が過ごせるそうです。

乗り物だいすきな男子は大喜び!
乗り物だいすきな男子は大喜び!

大人も楽しい「知的な施設・テーマパーク」

雨の日や寒くなってからのおでかけには、インドア施設も欠かせません。でも、室内遊園地やゲームセンターじゃ費用がかかりすぎるし、子ども向け映画やショッピングスポットではすぐ飽きてしまう……。そこでおすすめなのが、博物館や科学館などの知的好奇心を満たしてくれる施設。安価で利用でき、子どもも飽きることなく次々と展示物を見学してくれるそう。特に、電車好きの聖地「 鉄道博物館 」と、生物・科学・宇宙と展示の幅が広い「 科学博物館 」は「間違いない」とのこと。共通しているのは、館内がとても広く、体験モノなど展示方法が工夫されていて、その内容も子ども~大人まで興味を引くものになっていること。我が家はパパも一緒になって楽しんでいるみたいです。

鉄道博物館では、車掌気分になれちゃいます♪
鉄道博物館では、車掌気分になれちゃいます♪

いかがでしたか? 我が家のパパは、子どもたちから「楽しい場所に連れて行ってくれた!」と喜ばれること、ママ(私)から「ひとり時間をありがとう!」感謝されること、そして適度な疲れで晩酌のビールが美味しいこと(笑)が、子連れおでかけのメリットだと言っていました。今週末はぜひこれらの場所へ、パパと子どもだけでのおでかけを提案してみてくださいね!

この記事を書いた人

  • 横山香織
    フリーライター。パワフル三兄弟持ち。超絶イクメンの旦那さんのおかげで、趣味のライブや音楽イベント、お酒の場へ、少しずつ復帰しつつあります!

Related Posts 関連記事