ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2016/3/26

【orioriおやつ vol.7】春が来た♡ 子どもと作ろう、みんなだいすきいちご大福!

一斉に桜の花が咲き始めました!

やわらかい風が吹き、野原には小さくてもたくましい色とりどりの野の花。娘もかわいい花を見つけると小さな花束を作ってプレゼントしてくれます。生命力の強い野の花は一度は、家に帰って水に入れるとたちまち元気に!

お気に入りのコップやグラスに飾って、パパにお散歩を報告するのが家族の幸せ時間です。

子どもと外にでると、たくさんの発見や幸せが。外でおやつも楽しい時間です♪
子どもと外にでると、たくさんの発見や幸せが。外でおやつも楽しい時間です♪

あっという間に過ぎてしまう春。この、やわらかくて明るくてキラキラした季節をたっぷり楽しみたいですね!

春ならではのおやつを持って、お花見やピクニックにでかけましょう。

ちょうちょやてんとう虫、かわいい野鳥にもたくさん出会えるはず。わたしは春の虫や鳥のモチーフでお菓子を作ることが多いので、この時期の野原は仕事の参考資料がたくさん! 子供と一緒に花や虫を夢中で追いかけます。

虫や鳥など、春はお菓子の参考になるモチーフばかり!
虫や鳥など、春はお菓子の参考になるモチーフばかり!

今回は、子どもと一緒に楽しく作って、外でおいしく食べれるおやつの紹介です。

お花見にもぴったり! いちご大福♡

もちっとした生地に、甘いあんこと甘酸っぱいいちご。春だけの特別なおやつです
もちっとした生地に、甘いあんこと甘酸っぱいいちご。春だけの特別なおやつです

春になると必ず作ります。みんなだいすきな「いちご大福」です。

<材料>

・いちご 8~10粒

・白玉粉 100g

・あんこ 200g位

・砂糖(てん菜糖でも良いが、いちごの色を生かしたい場合はグラニュー糖がおすすめ)50g

・塩 少々

・水 120cc

<作り方>

あんこにいちごを包むのは、子どもの仕事!
あんこにいちごを包むのは、子どもの仕事!

1.いちごはヘタを取り洗って、よく水気を拭いておく

2.あんこでいちごを包む(子供のお仕事!) → 冷蔵庫で待機

3.耐熱ボールに白玉粉、砂糖、塩、水を入れホイッパーでよく混ぜる

4.レンジで2分 その後良く混ぜる これを3回程繰り返す

5.半透明になったらお餅の完成、片栗粉を敷いたバットに移す(ゴムベラで)

6.あら熱が取れたら、餅を8等分していちご入りのあんこを包んで完成!

→完全に冷めてしまうと包めないので、手で触れるほどの熱い状態で包みましょう!

白玉粉での皮つくりは、ママの仕事です!
白玉粉での皮つくりは、ママの仕事です!

この季節だけの特別なお菓子ですね。ぜひ、家族や友達と楽しく味わってください!

たのしくおいしく旅する毎日! 春をたっぷり味わおう!!

この記事を書いた人

  • 栗原麻里子
    お菓子とごはんのお仕事、chipuri chapura主宰。元気で食いしん坊な2歳の娘と日々おいしい時間を満喫中!

Related Posts 関連記事