ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

代官山スタイル by blossom39

ママもベビーもパパも楽しく過ごせる街「代官山」から
「子供がいる生活って楽しい!」を発信するWebマガジン

代官山ってどんな街?

2016/2/25

産後の抜け毛に悩むママに! 美容部員ママが教える、毎日のヘアケア&スタイルアレンジ法♡

産後の抜け毛ケアってどうしてる?

抜けると言われていましたが、こんなに抜けるなんて! 産後の抜け毛問題は、けっこう深刻です
抜けると言われていましたが、こんなに抜けるなんて! 産後の抜け毛問題は、けっこう深刻です

産後の抜け毛は経産婦の7割が経験しているといわれており、産後に多い悩みの一つだそう。みなさんは産後の抜け毛ケアってどうしてますか?

私は、下の娘のお世話が落ち着いてきた、産後3ヶ月頃から、やはり抜け毛が気になりだしてきました。上のお兄ちゃんの時よりもひどく、洗髪のたびに排水溝に抜けた髪の毛が溜まって、詰まってしまうほど…。

特におでこまわりが薄くなり、地肌が痛くなったので、これは「マズイっ!」と思い、伸ばしてた前髪を仕方なくパッツンに切ることに。

そんな産後の抜け毛に、私が実践してたヘアケア&アレンジ法をご紹介します。

ママにおすすめ♪ 毎日の簡単なヘアケア方法

忙しいママでも毎日の髪の洗い方やシャンプーの仕方、乾かし方次第で簡単に美髪を作れます。

私が実践してる簡単4stepのヘアケア方法はこちら。

STEP1:シャンプー前にブラッシング

シャンプー前に髪の毛をとかしほぐすことで、切れ毛が減り、ほこりなどの汚れも落ちて洗浄効果があがります。

ブラッシングをするときは、根元から毛先へむけてとかすようにするのがポイント。大きいパドルブラシをひとつ持っておきましょう♡

髪や頭皮への負担を緩和し、ブラシ部分が頭皮に刺激を与えマッサージ効果を高めてくれます。

STEP2:しっかりお湯ですすぐ

髪の汚れを落とすのは、シャンプーの役目という印象はあるかもしれませんが、髪の毛についたほこりや汗のほとんどは、たっぷりのお湯ですすいで洗うだけで落ちるのです。

シャンプーで洗う前に、頭皮をお湯に浸すような感覚で、たっぷりのお湯を使い洗い流しす。十分にすすいでからシャンプーで洗うことで、シャンプーが髪の毛全体に行き渡りやすくなり、より一層汚れをきれいに落とせます。

STEP3:シャンプーは泡立てて、地肌を指の腹で洗う

シャンプーは一見、髪の毛を洗っているものと思いがちですが、実は頭皮を清潔に保つために行うものなんです。頭皮を洗うときは、手の上でシャンプーを泡立てることがポイント。シャンプーの泡は、汚れを落とすだけでなく、髪同士の摩擦を防ぐ大切な役目もあるそうです。(ちなみに私は、簡単にできる洗顔泡ネットで泡立てています)

十分に泡立ててから、指の腹で頭皮を洗います。指先で洗ってしまうと爪で頭皮を傷付ける可能性があるので、気を付けながら指の腹で洗うようにしましょう。そして、リンスやトリートメントは毛先につけ、頭皮は十分にすすぎます。

STEP4:髪の毛は優しく乾かす

時間がない、早く髪の毛を乾かしたいからと、タオルでゴシゴシと拭いたり、濡れたままの髪で寝ていたりしませんか??

濡れたまま寝てしまう、枕との摩擦でキューティクルがはがれ、ダメージにつながってしまうそうです。

それに、髪に水分が残っている状態なので頭皮が冷えてしまいます。頭皮が冷えると血行が悪くなってしまうので、これが抜け毛の原因に。

また、濡れたままの髪で寝るというのは、濡れた雑巾をそのまま放置しているのと同じこと! 枕と濡れた髪に密閉された頭皮には大量の雑菌が湧き、頭にカビ菌が……!

ママにおすすめ 時短で髪を乾かそう!

そこで、忙しいママにおすすめの短時間で髪の負担がない乾かし方をお教えします♪

1・まずタオルで根本の水分をしっかり押さえるようにふく

2・次にタオルで髪をはさむようにして水分をとる

3・くしをいれて残った水分を毛先に移動させ、またタオルで挟むように水分をとる

4・最後にドライヤーで前髪から乾かし、両サイドと後ろの髪は、指を使ってくしでとかすように乾かしてあげる

これで、ドライヤーの使用時間がグンと短くなります。

さらに、髪の毛の傷みやドライヤーの熱がどうしても気になる人は、洗い流さないトリートメントをつけてからケアしてみて。すぐに実践できるので、まずは髪の洗い方から変えてみましょう!

最終兵器は、抜け毛隠しのヘアスタイル!

出産前にバッサリ切る方も多いようですが、実は肩にかかるぐらいの長さが最も扱いやすくて、産後のママにはおすすめなんです。

ショートカットは、美容院に小まめに行かないとすぐスタイルが崩れてしまいます。

短めのボブは、1つに結ぶことが難しく、授乳中などに髪が顔にかかって意外と扱いにくいんです。長すぎるロングヘアは、毎日のドライヤーに時間がかかり、毛先が傷みがち。

お手入れが楽で、アレンジしやすい長めボブかミディアムヘアがgood!

また、明るいヘアカラーだと、毛先の傷みや退色、髪の根本の“プリン”が目立ってしまいます。なかなか美容院にも行けないというママには、深みのある落ち着いたカラーの方が手間がかからず、上品なママに見えますよ。

前髪が気になるママには…ふんわり前髪

おでこを出した前髪のない髪型だと、薄毛や抜け毛後に新しく生えてくるツンツン前髪(通称・あほ毛)が特に目立ってしまいます。ふんわりとした少し重めの前髪を作ると、この前髪に悩まされません。

前髪はちょっと…という方は、ヘアターバンなどでオールバックにすれば、前髪の薄毛やツンツンするあほ毛を一発で目立たなくできます。ターバンは太めのものを選び、耳にかかるようにつけると、今年っぽくみえます♪

ターバン&アップスタイルで、ルーズだけどおしゃれに。アップスタイルは、動き回るママたちには楽ちんです
ターバン&アップスタイルで、ルーズだけどおしゃれに。アップスタイルは、動き回るママたちには楽ちんです

おすすめは顔周りを出した、アップスタイル! ヘアターバンをした後に、髪を後ろで一つに束ね、ルーズなお団子を作れば完璧。

ボリュームが気になるママには…ハーフアップ

頭頂部の抜け毛やボリュームのなさが気になる時は、ハーフアップがおすすめ。

まず耳の上の毛を取って、後ろで1つにゴムで結び、毛束を『くるりんぱ』をします。トップの毛を2、3カ所引っ張ってボリュームを出し、ゴムを隠すようにヘアアクセをつければ完成。これはとても簡単ですよ!

⚠️まとめる際は、薄毛部分の地肌が見えたり、テール部分の毛束の少なさが目立ってしまう事もあるので、アップにする時はゆるくふんわりまとめるのがポイントです。

最終兵器はやっぱり…

前髪のあほ毛や進行した抜け毛のカバーには、かぶりものが一番!

安くて手軽なニットキャップはカジュアル感が出ますし、抜け毛問題を一瞬で隠すことができます。

キャップやハットなど帽子をかぶってアップスタイルにする場合は、帽子の下の部分でゆるいお団子を作りましょう。お団子やサイドの毛は、留めた後にバランスを見ながら無造作に毛束を引き出すと、抜け感が出てサマになります。

この抜け毛問題、時間が経てば解決するもの。楽しく育児をするためにもあまり考えすぎず、自然に改善されるまで待つことが大切です。

子育てしながらだと、なかなか自分のことに手をかけられない! だけど、髪は女性の宝物。自分に合った簡単なお手入れ方法で、綺麗なヘアスタイルをキープしていきましょう♡

この記事を書いた人

  • 石橋ナンシー
    男女兄妹持ちのママ。美容部員&アクセサリーのhand maid shopも手がけていて、美容&オシャレが大好き♡

Products 紹介商品

Related Posts 関連記事